情報教材のアフィリエイトで稼ぎたいあなたへ。

【実は一番難しいと言われている】

フィリエイトには様々な商品がありますよね。
ダイエットサプリ、家電製品、保険サービス・・・まさに多種多様です。
既にアフィリエイトで売れないものは無くなりつつあります
そのうち不動産すらアフィリエイトできようになるでしょう。
まぁ情報が売れてしまう時点で、商品の限界を取っ払ったようなものですからね。
さてそんなアフィリエイト業界ですが、「売りにくい」「高難易度」といわれているジャンルがあります。
それが情報教材アフィリエイトです
稼ぐ系、ダイエット方法、英語勉強法、ゴルフ上達法、恋愛テクニック・・・
このように情報教材アフィリエイトには様々な種類があります。
これらの情報を売ることが、難しいとされているのです。
何故でしょうか?

【人は情報を買うという習慣が無い】

な理由としてはこれです↑
何かのノウハウ・情報を買うことって、中々ありませよね。
馴染みが無いものなので、いざそれを買うとなった時に人は抵抗を示すのです。
もちろん、目に見えるものを買うことには抵抗がありません。
しかし目に見えない「情報」に対しては、一歩踏み込む勇気が持てないのです。まして世間では、「情報商材」という言葉がかなり悪いイメージで広まっているせいで、余計に抵抗を感じる人は多いです。
「アフィリエイト、ネットビジネス=怪しい」という図式が成立してしまっているんですよね。まぁ世間がアングラ認定すればするほどライバルがいないので私は稼ぎやすいのですが(笑)

【情報を買うことは良いこと】

ちろん、情報を買うことは良いことです。
自分を成長させるために買うのですから。
正直な話、情報にお金を払える人が人生を豊かにできます。
これからの時代では情報持ちがお金持ちになるのです。インターネットの登場で情報の価値はゼロになったと言う人がいますが、それはあくまで誰でも手に入るゴミ情報のことであって、やはり表には出回らない情報には相変わらず億単位のお金が動きます。
「情報の価値なんてゼロ!タダで手に入れて当たり前!」と考える人はどんどん貧しくなり、真の情報の価値に敬意を払って身銭を切れる人はますます富んでいきます。
人が知らない良質な情報をお金を出して買うことで、当然その他大勢の人よりも優位に立つことができるのです。
その結果、人生自体も有利に進めることができるのです。
ネットビジネスだってそうですよ。
普通の人はネットビジネスなんて知りません。
しかし、あなたは今こうして学んでいます。
このことによってネットビジネスを知らない人よりも、
(つまり「時給の世界」で働くことしかできない人たちよりも)
自由な時間とお金を手にすることができ、その結果誰にも縛られない人生を実現できるのです。

【でも実は、人は情報を沢山買っている】

ほど「人は情報を買うことに抵抗がある」と言いましたが、実は多くの人が情報を頻繁に買っています
本やCD、Blu-rayがそれに当たります。
あれらは言ってしまえば単なる紙の塊と規格の違う記憶媒体に過ぎません。
しかしモノによっては数万円単位の値が付くものだってあるわけですよ。
プレミアというものですね。これが何故だか分かるでしょうか?
無論「その内容物に価値がある」と、欲しい人が認めたからですよね。
つまり目に見えない情報であってもその内容に価値を持たせることができれば実は値段の上限なく売ることができるのです。
「値段の上限なく?何言ってんの?」と思われたかもしれませんが、例は沢山ありますよ。
身近なものでいえば塾や予備校がそれに当たりますし、後はコンサルタントがいい例ですね。
塾や予備校では勉強の仕方や受験テクニックなどを、コンサルタントは経営戦略や売上げ向上の方法などをそれぞれアドバイスするわけです。
大手資格予備校になれば授業料は100万円を超えますし、コンサルタントにしても大手になればコンサルフィーが200万円を超えることも珍しくありません。
このように馴染みが無いと思われた情報を買うという概念も、実は周りで頻繁に行われているということです。
もちろんそれぞれのやり取りは、「お客さんに価値を感じさせられているからこそ成立している」という点は忘れてはなりませんが。

【転じて情報教材アフィリ】

回のポイントとしては、価値を感じさせることさえできれば情報であっても売れるということです。
そしてそのためにはやはり、価値を感じさせる方法やら売り方やらを学んでいく必要があります。
でも実は、一番即効性のある勉強法は別にあるのです。
それが「実際に自分で情報を買ってみる」という方法です。
あなたが取り組みたいジャンルの情報教材を実際に買ってみるのです。
もちろん、ただ買うだけでは意味がありません。
その情報教材がどのように売られているかを研究しましょう
・販売者のサイト構成
アフィリエイタ―はどのように紹介しているか
・教材紹介までのメルマガの流れはどんな感じか
とにかく買う側になってとことん研究してみましょう。一番の勉強は買う側になること、そしてその後に売る側の視点を持つことです。
そうしてリアルなセールスの流れを目の当たりにし、集客→教育→販売というビジネスの原理原則を肌で感じるのです。
そんなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA