何も無いなら地元に居よう。

若者
※合格者の首都圏集中とは、
合格者の出身が首都圏だということ。
 
つまり、地方からの合格者が少ない。
 
 
 

【まぁ良いんじゃない?】

 
者の○○離れはその大抵が
 
企業のステマだったりします。
 
 
が。
 
 
 
今回の「東京離れ」は
 
各家庭の経済状況が原因のようです。
 
 
 
 
東京に送り出せるほどの資力に乏しいため、
 
地元近くの大学に進学する。
 
 
 
何だか哀しい話にも見えますが、
 
私はそうは思いません。
 
 
 
 
 
確かに、
 
 
都内の大学の方が設備が充実しているとか
 
様々な利点があるかもしれませんが
 
 
最近は地方の大学でも有力どころであれば
 
そういったハンデも無いでしょうから
 
 
堂々とその大学に進学できるでしょう。
 
 
 
 
それに、そのまま東京に就職されるより、
 
 
地方の大学に進学して
 
そのまま故郷近くで就職した方が
 
 
地域活性化を促進しますから
 
良いことずくめですね。
 
 
 
 
 
 
 

【地元志向はそこそこいる】

 
来は東京に出て働きたい!」
 
という若者はもちろん多数います。
 
 
 
「地元では就職が無いから」
 
というのが理由でしょう。
 
 
 
(ほんとかな?とは思いますが)
 
 
 
 
しかし一方で、
 
地元に残って暮らしたいという子もいます。
 
 
 
 
これも一定数います。
 
 
 
 
私の勝手な想像では、
 
 
「若者=東京で生活したい」
 
 
というものがありましたが、
 
案外そうでもないですね。
 
 
 
 
これだけ物流や娯楽が発達した現代では、
 
 
よほどのことが無い限りわざわざ
 
都心に出向く必要はないのかもしれませんね。
 
 
 
 
 

【地方はチャンス】

 
者が都会に出ていってしまう・・・」
 
という悲鳴を時折耳にしますが
 
 
昨今先に挙げたような流れがあるなら、
 
地方はチャンスですよね。
 
 
 
 
何のって、若者流出を防ぐチャンスですよ。
 
 
 
 
「地元でもきちんと勉強できて、
 
 きちんと就職できて
 
 一生涯過ごすことができるんだ!」
 
 
 
ということを直接的にも間接的にも
 
子供世代に価値観教育をすることができれば
 
 
今後さらに、
 
都会に奪われる子の数は減るでしょう。
 
 
 
 
そのためには
 
雇用の改善ですかね。
 
 
 
あ、その前に教育ですね。
 
 
 
 
まぁ課題はいろいろあるでしょうが、
 
頑張ってもらいたいところです。
 
 
 
 
理想的な話をすれば、
 
 
皆が生まれた場所で一生懸命生きれば
 
「東京一極集中」なんて起きないわけですよ。
 
 
 
待機児童問題だって速攻で解決です。
 
 
 
でも現実はそれができないから、
 
結局は一極集中状態なのです。
 
 
 
ま、「地方ガンバ!」って感じですね。
 
 
 
 
 

【地元に仕事が無くても仕事はできる】

 
の話はある意味で上級者向けですが、
 
 
今の時代東京だろうが田舎だろうが
 
 
ネット環境さえあれば
 
いくらでも仕事ができますし
 
 
なんなら都内で満員電車に揺られている人たちの
 
年収を一月で稼ぐこともできます。
 
 
 
 
 
もちろんそのためには勉強も投資も必要なので
 
万人にできるとは言いませんが。
 
 
 
その可能性もある時代になったということです。
 
 
 
 
ということは、
 
ますます東京にこだわる必要は無いですよね。
 
 
 
 
「東京タワーの見える
 
 タワーマンションで暮らしたい!」
 
とならない限りは。
 
 
 
 
それでは!
 
 
 
 
 
【追伸】
 
 
東京にいるメリット。
 
 
掴めるチャンスが、地方と30倍違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA