アフィリエイト(ネットビジネス)は稼げない?んなもん嘘だ。

2fkY6A

【稼げないんじゃなくて稼ぎ方を知らないだけでしょ】

 
ットビジネスはもう稼げない!」
 
 
「アフィリエイトはもう稼げない!」
 
 
「アフィリエイトの時代はもう終わり!」
 
 
「アフィカスwww」
 
 
ネット上ではそういった声を度々目にします。
 
 
結論から言えば勉強不足な奴らの戯言に過ぎません
 
 
「人に商品を売る」
 
 
この行為ができればリアルだろうとネットだろうと関係なしに稼げるわけですよ。
 
 
問題は「売り方」を知らない場合です。
 
 
売り方を知らなければ、当然ながら人に商品を買ってもらえません。
 
 
「欲しい!(需要)」という状態を生み出す方法を知らなけば、
 
潜在客を顕在客に変えて利益の最大化を図れません。
 
 
全ては「方法」を知らない、ただそれだけのことに起因します。
 
 
そういった原則的な部分を学んでいないような人間に
 
したり顔で「稼げない」なんて言われても、「死ね」としか思わないわけですよ。
 
 
あ、言葉が悪かったですね(笑)
 
 
ある程度需要が見込める商品であれば、
 
後は「集客して商品提案して販売」というビジネスの原則的な流れを学び
 
その方法を実践し続ければ、
 
売れない・稼げない」という状況にはまずなりえません。
 
 
その境地に到達できない人は先に挙げた通り単純に勉強不足か、
 
勉強をしていても実践が足りないか
 
実践していても継続していないかのいずれかです。
 
 
繰返しになりますが、
 
原則をおさえて学びと実践を継続すれば必ず成果は出ます。
 
 
ビジネスは狙って成果を出すものだからです。
 
 
狙っても望みの結果が出るとは限らないギャンブルとは違います。
 
 
 

【楽して稼ぎたい?ならば死ねぇ!!!】

 
ットビジネスやアフィリエイトに対する悪しき誤解として
 
「楽して稼げる」というものがあります。
 
 
「参入初月で月収100万円稼ぎました(ドヤァ)♪」
 
というクソみたいな情報発信をしている人が多いせいです。
 
 
そんな本当かどうかも分からない情報を最初に浴びてしまったせいなのか、
 
そのままのテンション(初月で100万円!)で参入してくる人は本当に多く、
 
間も無く想像と現実とのギャップに絶望し消えるでしょう。
 
 
でもその「勘違い組」の一部の人間たちは、
 
それでも「楽して稼げる」という幻想を捨て切れず
 
定期的に「楽して稼げる」ことを喧伝する塾やら教材に引っかかっては
 
お金をドブに捨てていきます。
 
 
やがてお金も底を尽き、本当にどうしようもない状態になるわけです。
 
 
いや~闇が深いですね(笑)
 
 
ちゃんとやれば成功し、ちゃんとしなければ地獄を見る
 
 
まるで東京のような世界ですよ。ネットビジネスは。
 
 
この手の話を何度してきたか分かりません。
 
 
でも大切なことほど何度でも主張します。
 
 
ネットビジネスは楽して稼げません。
 
 
アフィリエイトも楽して稼げません。
 
 
正しいノウハウをきちんと勉強して実践と検証を重ねていかないと
 
絶対に稼げるようにはならないのです。
 
 
これだけ言っても納得でいないなら
 
ネットに限らず自分でビジネスをすることは諦めた方がいいですね。
 
 
 

【頑張った人には天国が待っている】

 
ジネスの原則に則った正しい手法を学び、
 
さらに愚直な実践を続け「仕組み化(自動化・システム化)」まで果たせば
 
晴れてネットで「楽して」稼ぐ状態が手に入ります。
 
 
パソコンを点けなくても勝手に売り上げが発生しています。
 
 
映画を観終わってふとメールをチェックすると、
 
ゲームをプレイする合間にふとメールをチェックすると、
 
「売上げ速報」がどこかしらから届いています。
 
 
お客さんからどんどん感謝の声が届きます。
 
 
その声を「お客様の声」として商品紹介の際に提示することで、
 
さらに見込み客の購買意欲をかき立てることができます。
 
 
以下、無限ループです。
 
 
そう、最初から楽して稼ぐことは100%不可能ですが、
 
実戦の結果として楽になることは可能です
 
 
ただし、
 
その状態を手にできるかはあなたが取り組む手法に左右されます。
 
 
例えばアフィリエイトにしてもブログアフィリやら
 
SNSアフィリやらトレンドアフィリやら本当にいろいろありますよね。
 
 
どれもこれも人気手法ですが、
 
「仕組み化」できるかという条件にぶつかると途端に雲行きが怪しくなります。
 
 
ブログやサイト系は検索エンジンのアルゴリズムに左右され、
 
SNSは運営の規約やサービスの動静(サービス終了など)に左右されます。
 
 
つまり皆が取り組むこれらの手法は
 
とにかく外部的要因に左右され易いということです。
 
 
では、外部的要因に左右されずかつ仕組み化まで果たせるモデルとは何なのか?
 
 
それはこのサイトでも繰返し勧めている通り、
 
メールマーケティングが最適な手法です→
 
 
メールマーケティング(リストマーケティング)であれば、
 
必要なものはお客さんのメールアドレスと配信するメールだけ
 
 
(ちなみに、集客して得たメールアドレスのことを「リスト」といいます)
 
 
サイトもSNSアカウントも要りません。
 
 
集客したリストに対して価値観の擦合わせを行うメールを流し、
 
然るべきタイミングで商品提案をする。
 
 
こうすることで、サイト系アフィリのように出合い頭で商品を売るよりも
 
高い確率で成約させることができます。
 
 
そして、仮に商品を買わなかった人がいたとしても、
 
再び価値観共有をするメールを一定期間送り
 
然るべきタイミングで再セールスをして「取りこぼし」を最小限に防ぐのです。
 
 
いかがでしょう。
 
 
メールマーケティングの可能性をご理解いただけたでしょうか?
 
 
メールマーケティングノウハウを無料で学ぶ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA