アフィリエイト失敗法則:小さな嘘をつけば信頼は光の速さで失墜する。

 
 
 

【アフィリやコンテンツ販売の成約率を上げる特典】

 
報教材には、特典が付くことが多いです。
 
 
特典を付けることで、
 
それが無い場合よりも成約率がかなり上がるからです。
 
 
販売者が用意したもの。
 
 
アフィリエイターが用意したもの。
 
 
どちらも良質なものが多いので購入者は助かります。
 
 
どのアフィリエイターから買うかで迷うこともあるでしょう。
 
 
それだけ特典というものは重要です。
 
 
そんな特典に”やられた話”を話します
 
 
 

【極秘ツールの正体】

 
る教材の特典が、「極秘ツールの提供」というものでした。
 
 
「秘匿性の高い2つのツールをプレゼントします!」
 
とのことだったので、私は興奮しました。
 
 
「極秘ツールを2つも!?」
 
 
「これはずごいぞ!!」
 
 
そう思って、私はその人から買いました。
 
(本当はもう一人と迷っていたのですが)
 
 
そして教材を購入し、
 
本編を見終わった後いよいよツールの確認です。
 
 
そのツールの正体とは、なんと!!
 
 
「ネイバーまとめ」と「ブログランキング」でした
 
 
え?嘘ではありませんよ。
 
 
本当にこの2つでした。
 
 
「いやいやいや(笑)」、と言いたいのは私の方です。
 
 
流石に笑いました。
 
 
ツールといえば、
 
PC にセットするなりサーバーにアップするなり
 
何か操作をして起動させるものですよね。
 
 
これとか、これとか。
 
 
それがまさかの無料サービス媒体・・・
 
 
 
 
こういうアフィリエイターや
 
コンテンツ販売者にだけはなりたくないですね。
 
 
もう一人から買えばよかったです。
 
 
本当に。
 
 
 
 

【平気で嘘をつくなら間も無く稼げなくなる】

 
ってもらわなければビジネスが成り立たない以上、
 
お客さんの興味を引くために
 
多少はインパクトのある言葉を使うことはもちろんあるでしょう。
 
 
しかしだからと言って嘘をついていいはずがありません。
 
 
お客さんを勘違いさせて買わせたなら、
 
たとえ法律的に問題が無かったのだとしても倫理上アウトです。
 
 
確かに先の「ネイバーまとめ」や「ブログランキング」も
 
捉えようによってはツールなのかもしれません。
 
 
でもネットビジネスに取り組む人が「ツール」という言葉で想像するものは
 
起動して何らかの作業を自動処理してくれるものです。
 
 
一般に出回っている無料媒体などは夢にも思わないでしょう。
 
 
(しかも「一般的」になっている時点で極秘でもなんでもないですよね)
 
 
こういうことを平気でするようになると本当に稼げなくなります。
 
 
 

【最強の特典戦略】

 
なたが商品を売るために特典を付けようとしているなら、
 
その作成・選定はよくよく気を付けた方がいいです。
 
 
一歩間違えるとお客さんを騙すことになり、
 
ネット上に悪評が広まります。
 
 
特典戦略で一番成約率が高まるものは、
 
あなたが売ろうとする商品の弱点を補うものです
 
 
例えばネットビジネスの情報教材をアフィリエイトしようと思った時に、
 
その教材に「初心者向け」のコンテンツが足りないと感じたなら
 
それをあなたが PDF や動画作って特典にしましょう。
 
 
 
例えばあなたが
 
ネットビジネスを学ぶための独自商品を販売しようと思った時に、
 
ライティング面のノウハウが足りないと感じたなら、
 
それを特典として作成しましょう。
 
 
 
こうすると下手にツール系の特典
 
(業界で結構出回っている再配布可の6ツール)をベタベタ付けたり、
 
再配布可の教材を100個も200個も付けるよりも成約率が段違いになります。
 
 
 
売れる特典戦略のポイントは
 
その教材を手にしたお客さんの学習効果を最大化する特典にするということです。
 
 
 
 

【その特典、単体で売れるか?】

 
の特典を特典としてメインの商品に付けても
 
良いものなのかを決定付ける究極の質問がこれです。
 
 
その特典をあなたの独自コンテンツとして販売できるか否か、
 
これが特典を送りだす際の条件になります。
 
 
もちろん、完璧な商品などこの世にありませんから
 
完全無欠のものを作る必要はありません。
 
 
 
しかし、あなたが示した内容をきちんとお客さんが手にできること、
 
これはぜひ死守してください(まぁ当たり前ですけどね)。
 
 
その特典を単体で売れる自信が無いのなら、
 
厳しいようですがそれを付けても本丸の商品が売れる可能性は低くなります。
 
 
 

【特典を販売すると特典戦争から1抜けができる】

 
アフィリの世界では特典戦争が勃発しています。
 
それこそ100個も200個も大量の特典を付ける人も未だにいます。
 
 
確かに量をドカンと見せられれば「おぉ!!」となりそうですが、
 
これって売る側は思考停止なんですよね。
 
 
「とりあえずオマケを付けておけば売れるだろう」という
 
一昔前の考え方でネットビジネスを展開しているのです。
 
 
でも先述の通り、本当の特典戦略は
 
きちんと商品を補うものでそれ自体販売できるものであることです。
 
 
そして、実際に販売してしまいましょう。
 
 
こうすると何が起きるか分かりますか?
 
 
仮にあなたがアフィリしてる商品を、
 
そのお客さんが既に他人から買っていた場合でも
 
特典が魅力的ならそれだけでも買いたいという人は必ずいます。
 
 
例えば先日もこんなやり取りがありました↓
 
 
tanyousuke-mma
 
 
 
MMA とは私が唯一推奨してるネットビジネスの教材ですが、
 
これを販売者の丹洋介氏から買うか、私から特典付きで買うかで迷われた方が
 
問い合わせをしてくださったのです。
 
 
 
もしこの時、私が特典を単体販売していなければ
 
私からの購入を強く促したことでしょう。
 
 
 
しかし私は特典の単体販売をしていたので
 
それとなくその旨をお知らせした結果、上記のような返事をいただきました。
 
 
 
決して
 
「特典を単体販売しています!!ぜひ特典だけでも買ってください!!」
 
なんて暑苦しい営業はかましていません。
 
 
 
このように特典を単体販売しておくことで
 
ビジネスのチャンスを最大化できるということです。
 
 
 
あなたが特典戦略でライバルを一網打尽にしたければ、
 
ぜひ今回のことを参考にしてください。
 
 
 
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA