変わりゆく日本国内の「超富裕層」 ニューリッチはクルマや家に興味ナシ?

netbusiness-sagi

ネット・インフラの普及によって
 
初期投資ゼロでも事業をスタートできるようになり、
 
起業のハードルは大幅に下がった
 
引用元

 
 
ネット起業家が「今の時代、ビジネスのハードルは下がりました!」
 
と発信したところで
 
「怪しい!」
 
「詐欺師!」
 
という根拠薄弱な批判しか飛んできません。
 
 
でも21世紀は間違いないく、
 
起業へのハードルが最低レベルにまで下がった時代です。
 
 
それこそ本格的な起業とまでは行かなくても、
 
自分で簡単なビジネスを始めるくらいは誰にでもできるようになりました。
 
 
かつてのように
 
「ヒト・モノ・カネ」が無くてもビジネスができるようになったのです。
 
 
むしろこれからはいかに人を雇わず、いかに在庫を持たず、
 
いかに小資金でビジネスを回すかということが重要になってきます。
 
 
トップダウンの大組織よりも
 
完全個人 or 100人以下の小数人数で小回りを利かせた方が
 
ビジネスの回転が圧倒的に早くなります。
 
 
そしてこれが次世代型起業の姿です。
 
 
その辺の話はこちらの記事でも詳しく話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA