アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐことは時代遅れ?

【ネットビジネスやアフィリエイトはオワコン?】

々目にするこの手の言葉・・・
「ネットビジネスはもう稼げない!」
「アフィリエイトの時代はもう終わり!」
こういった言葉を発する人種は大きく分けて2種類です。
ひとつはネットビジネスに取り組んだことがなく、とりあえずネット上の評判を鵜呑みにして無知な人たちと一緒になってとりあえず批判している馬鹿
もうひとつは自分たちの商品を情報教材を売りたいがために、アフィリエイトやメールマーケティングなどの従来の手法をこき下ろしているクソッタレ販売者。
いずれにしてもロクな奴らじゃぁないですね(笑)

【むしろこれからが本番だといえる理由①】

然ですが質問です。ビジネスで集客するための人々(見込み客)はどこにいますか?
集客するための目線で考えてくださいね。
さて、人々はどこにいるでしょうか?答えはネット空間です。
一度街に出て電車にでも乗ってみてください。
多くの人がスマホ片手に何かをしています。
彼れが行っていることとして予想されるのは
・スマホアプリに興じている
・You Tube を観ている
・友だちとLINEをしている
・Twitterを見ている
・ネットサーフィンをしている
・Amazonを巡回している
・まとめサイト(2chまとめ・NAVERなど)を見ている
大体こんな感じでしょう。
いずれにしても今、人々はネットにいます。
もちろん現実世界に存在していますが、ほぼほぼネットにマインドシェアを奪われているといっていいです。
かつてはテレビを見ていた時間をネットに費やしているのです。そりゃテレビ業界も傾きますよね。
その証拠に企業はこれまでのテレビではなくネット上に広告を出すようになりました。
芸能人はこぞっYouTubeチャンネルを開設しました。
これも当たり前の流れです。
ネットであれば
・どの検索ワードでお客さんが来たか
・そのお客さんはどんなアクションを起こしたか
・何回表示されたか
・何回クリックされたか
・別バージョンの広告と比べてどうか
などといった効果測定を事細かにできるからです。
つまり突き詰めていくことで、最終的には完璧な広告ができ上がるということですね。
であれば、いまいち効果があったのか分からないテレビ広告よりも、安く済むネット広告を利用しようという話になります。
このように集客の最適手段はネットで決まりになったのです。
これからはこのネット集客をいかに上手くできるかで勝負が決まります。
そういう意味でも、ネットビジネスが終わる云々の話がいかに無知な発言かが分かるでしょう。

【むしろこれからが本番だといえる理由②】

れからの時代は、かつてのようなニーズの時代ではなくなります。
大衆向けの商品を作っておけばとりあえず売れる時代が終わる・・・
というより終わったということです。
今後は細分化されたウォンツの時代になります。
この「細分化」が大きなポイントです。
企業などの組織は常に統率化された動きを求められます。
そのためには商品もある程度統一しておく必要があり、次から次へと商品を作ったりバージョンアップを図るなどというのは相当なストレスになるのです。
でも先述の通り、21世紀は細分化されたウォンツの時代です。
その企業が嫌がる状態が常態になる時代ということです。
ではこの細分化されたウォンツの時代を駆け巡れるビジネス形態は何かといえば、それが個人によるネットを使ったビジネスです。
個人対個人であれば事細かくお客さんの要望を聞いて商品を作ることができます。
また細分化とは言いましたが、似たようなウォンツを持った人は必ず数千万人規模で存在するのでそういった人々をネット集客で大量に集めれば・・・
まぁ動きの遅っい企業を一瞬で吹き飛ばすことができますね。

【むしろこれからが本番だといえる理由③】

く出る話ですが、やはり先行き不透明な経済状況では何が起きるか分かりません。
今ある企業が10年後どうなっているかなんて誰にも予測不可能です。
それまで自分自身がその会社に留まっているのかも疑問です。
もし悪い方向に進み、明日から収入の柱が消えるとなった時、もし自分でネットビジネスをしていて会社の10倍の収入を確保していたなら、そのまま独立して本格的にネット起業家として踏み出せばいいでしょう。
もし不測の事態に備えて何の準備もしておらず、ただ年を取った状態で「その時」を迎えてしまった場合は・・・推して知るべしですね。
特に再就職の厳しくなる40~50代で何の準備も無いままその憂き目に遭った場合は、もう目も当てられません。

【時代から考えればやらない理由の方が無い】

人で稼げる時代になったのは間違いありません。
しかもその稼げる額が、はっきり言って「頭がおかしい」のです。
ネットに築いた仕組みを使い、完全自動で月収数百万円~数千万円と稼ぐ人がゴロゴロいる世界です。
普通に聞けば「怪しい」の一言で片づけられそうですが、先に話したようにネットで集客をして1万円の商品を月100人に売れば月収は100万円です。
100人が厳しければ、2万円の商品を50人に売りましょう。
またはもっと集客の間口を増やしましょう。執れる戦略はいくらでもあります。
いずれにしても、ネットを使えば個人で稼げる時代になった。
これはもう間違いないのでご安心ください。すごくないですか?
すごいというのは自分で稼げるという点だけではありません。むしろそれは些細なことです。
自分で稼げるようになれば、好きなように人生をデザインできるようになります。
住む場所、関わる人、寝る時間、起きる時間、全てが自由です。
個人で稼げる時代の最大の恩恵は、この圧倒的な自由を獲得できる点にあると私は考えます。
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA