アフィリエイトなどのネットビジネスはつらい状況から飛び出すための手段。

 

【つらいそのワケ】

ぜ、つらいと感じるのでしょうか?
なぜ、苦しいと感じるのでしょうか?
あなたが甘えているからですか?
あなたが努力不足だからですか?
いずれも違います。
今いる環境があなたに合っていないからです。
すごくシンプルな問題なのに、なぜか多くの人が複雑にしています。
「本当は簡単な話ですよ・・・」なんて言おうものなら、無言の空気に圧殺されてしまいそうです。
日本人は我慢を美徳とする性質があります私はこの価値観を否定する気はありません。
圧倒的成功のためにはやはり相当な我慢と忍耐が物を言うからです。
こういった我慢と忍耐の精神が無ければ、戦後の奇跡に等しい復興などあり得なかったでしょう。
かくいう私も我慢の経験はあります。そこから学ぶこともありました。
でもこれには注意が必要で、その苦しかった状況から脱した今だからこそ、そのように語れるわけで当時はやはり「つらい・苦しい・逃げ出したい」という思いはありました。
同時に、「早くこの状況を終わらせよう」とも思っていました
ここである種の「惰性」に流されてしまって、つらいという感情を忘れてしまったらもうアウトです
事実上の死を迎えることになります。

【我慢に慣れることが良いこと?】

慢に慣れることを、世間では「成長した」というそうです。
私にいわせれば、それはただ麻痺して思考停止になっただけです。
もっといえば、息をしながら死んでいるのです。
人間はそれ以上抵抗しようがない、苛烈な環境に置かれると、思考を停止します。
それは、自分の身を守るために本能的に脳が実行する最後の抵抗です。
しかしこうなってしまった人間の脳は、本来の状態よりも数%委縮します。
つまり、自分で自分の脳にダメージを与えているということです。

【苦しい状況から逃げるな】

あなたが苦しい状況にいるなら、大いに苦しがってください。
その状況下でもがいてください。反抗し続けてください
中途半端な環境改善策など、講じるだけ無駄です。
そんなことはせず、ただ静かに「絶対抜け出してやる」と誓うのです。
これだけで道は開けます
いつだって道を開くのは耳に心地よい言葉ではなく、ドロドロとした強烈な怒りです
それがあなたのエンジンに火を点けます。
あとはそれを内に秘めて沸々と滾らせながら、日々を過ごしましょう。
今いる環境から抜け出すまではその火を決して絶やしてはいけません
絶やしたが最後、その環境から抜け出すことは不可能になります。
人生の面白いところは、仮にこうなってもゲームオーバーにはならないところです。
ただ、選択した人生のストーリーが始まるだけです。
どんなに心身が崩れ去ろうが、命の灯が消えるその瞬間までプレイヤーであるあなたはその人生を全うしなければならないのです。
すべての鍵は「自分の選択」が握ります。

【つらい状況から抜け出す方法】

直これは「お金」次第ですよね。
もう認めてください。お金です
思考方法とか成功習慣とか1流の○○みたいなそんなものは要りません。
それで状況が改善するなら苦労はしません。
確かに読書は大切なことですが、ある時点できちんと実践に比重をおいていかないとダメですよ。
閑話休題。
例えば自由に使っていい2億円が目の前にあったとしたら、100人中98人は今の仕事を辞めるでしょう。
それだけ多くの人はお金のための(生活のための)仕事、ライスワークに勤しんでいるということです。
でも、どこにも属さずに自分でお金を生み出すことができれば、別に無理して嫌いな仕事をしなくてもいいわけです。
明日にでも辞表を提出して退職手続きを始めてもいいわけです。
そして退職完了後は好きな土地にでも引っ越して時間もお金も自由な空間で過ごせば最高にノンストレスな状態が手に入りますよね。
というわけで、ぜひ自分で「お金を生み出す力」を手に入れてください。
これさえあれば、本当にあらゆる制限から解放された人生が手に入ります。
あらゆるネット環境が整備された現代では、名も無き個人がお金を稼ぐことなど本当に容易になりました。
ある小学生は、YouTube だけで年間1億円以上の自動収入を実現しています。
ここまでくると親の年収すら軽く超えているはずです。
ある高校生の子は、メルカリを利用して月収30万円以上を荒稼ぎしています。
高校生といえばコンビニやファミレスでバイトでもして小銭を稼ぐのが関の山でしたが、知恵のある子はこうしてきちんとネットを利用して稼いでしまうのです。
同級生が月に何十時間もバイトをして稼ぐ何倍ものお金を、彼はたった数時間の作業で稼ぎ上げてしまうのです。
私は物販が嫌いなので(めんどくさい)本当に凄いと思います。
もうネットで稼ぐことが当たり前になりつつあります。
いつまでも「怪しい」だの「胡散臭い」だのと講釈を垂れていると、自分の子供くらいの人間に年収を追い越される時代です。
それでは!

【追伸:ネットビジネスは今からでも間に合う?】

更ネットビジネスを始めても遅いのではないか?」
「後発組は稼げないと聞いた・・・」
「アフィリエイトはもう飽和状態なのでは?」
こういった質問をしょっちゅう受けますが、あなたももしかするとこのような疑問をお持ちかもしれません。
特別に講座参加者限定で配布している「回答教材」をプレゼントします
ちなみに講座はこれです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA