アフィリエイトで稼げないなら、残念だけど自分で稼ぐことは諦めよう。

【ほんっと成長しないネ】

ットビジネスではもう稼げない論」は相変わらずされていますね。
「ネットビジネスは時代遅れ」「ネットビジネスでは稼げなくなる時代」「ネットビジネス終了のお知らせ」これらの意見の発信源はろくに実践したこともない無知な人間たちです。
集団になって騒ぐ力はあっても個々には何の力も無い弱い人たちです。
だからこの層が何と言おうと知ったことではありません。
私がウザいと思うのは、悪質なオファーを流すある程度知恵の回る奴らです。
ネット掲示板の人たちが「ネットビジネスは稼げない」と言っても、それは数ある発言の中のひとつに過ぎません。
しかし先に挙げたような輩の放つそれはある程度パッケージ化されているため、知識が無い人が見ると妙な信ぴょう性を持っているように感じられるのです。
こういうオファーは決まって詐欺的なものが多く、ネットビジネスが広まり出した頃から存在する負の存在です。
相変わらず息絶えないところを見ると、まだまだ成長が足りない業界だと哀しくなります。
しかし、残念ながらそうした詐欺的輩が消えることもないでしょう。
なぜならそういう奴らが発する甘い言葉に惹かれる頭の弱い人間の方が、きちんと勉強して自分で稼げるようになろうとする人よりも圧倒的多数だからです。
要するにバカの方が多い。
できるだけ楽して。できるだけ少ない資金で。できるだけ頭を使わずに。
だからこそ、宝くじ売り場には人々が殺到するのです。

【詐欺系オファーあるある】

%e5%a5%a5%e8%a5%bf%e5%ad%9d%e5%a4%a7
 
これはこの記事を書いたまさにその日にFacebook広告で流れてきたものです。
(Facebook広告は最近審査が厳しくなったと聞きましたが、全然緩いみたいですね・・・)
まぁご覧のとおりって感じですね。
大々的にネットビジネスを否定し、それよりも楽して稼げると豪語する。
特に即金性の強さを謳っている時点で「お察し」です。
そのオファーが詐欺的なものか否かを判断するポイントはシンプルです。
これらのオファーには常套句が存在します。
転売やアフィリエイトなどの昔からあるネットビジネスの王道的な手法を悉くこき下ろして否定していたら黒です。
その他のよくある常套句は、
%e5%a5%a5%e8%a5%bf%e5%ad%9d%e5%a4%a7-%e6%9c%80%e7%9f%ad%e5%8f%8e%e7%9b%8a%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc
↑こんな感じで、
・初月から何百万円も稼げる
・ノーリスク
・スキルや知識が要らない
この辺りの文句が見られたならページを閉じて構いません。
まず初月から100万円も稼げるわけがありませんし、リスクが存在しないビジネスなど存在しません
そもそも、勉強をする必要が無ければ知識も要らない?
そんな誰にでもできるようなモデル、すぐに飽和しますよね?
そもそも誰にでもできることは、概して世の中に提供する価値が低く稼げる金額が少なくなります。

【はい。怪しいです】

%e5%a5%a5%e8%a5%bf%e5%ad%9d%e5%a4%a7-%e8%a9%90%e6%ac%ba%e5%b8%ab
いてもいないのに「私は怪しくありません!」とか「これは合法です!」とか「詐欺師とは一緒にされたくないので~」とか・・・
もう典型的過ぎて笑えます(´・ω・`)
あえてそのように言うことで相手の不信を取り払うテクニックです。
「本当に詐欺師ならこんなことわざわざ言わないだろう」と相手に思わせるためのね。

【リスクを覚悟できないならビジネスなんてするもんじゃない】

%e5%a5%a5%e8%a5%bf%e5%ad%9d%e5%a4%a7-%e8%a9%90%e6%ac%ba%e5%b8%ab-%e6%9c%80%e7%9f%ad%e5%8f%8e%e7%9b%8a%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc
 
たらノーリスクを推す詐欺系オファーって多いのですが、そもそもビジネスにノーリスクなんてありません。
「いかにしてリスクを減らすか」という策はあり得るにしろ、最初からリスク0で何でもとんとん拍子に上手く運ぶなんてことはあり得ないと思ってください。
ちなみにこういう時に使われる「リスク」って金銭的リスクを指すことが多いです。
つまり金銭的リスク0で自分でビジネスをしてお金を稼ぎたいってことですよね?
そしてそういった情報に釣られる人間がいるということです。
はっきり言って終わってます
金銭的リスク0でビジネスが成功するというその思考が。
ちょっと脳に問題がありますね・・・
どんなビジネスモデルを選んでも大なり小なり金銭的リスクは付きまといます。
他のモデルに比べて少資金で稼げるといわれるネットビジネスでさえ、物販なら仕入れコストが掛かり、全てネットで完結するものでもサーバー代やその他サービスの利用料が掛かります。
もちろん、それらを使って生まれる売り上げからすれば、ほとんどコストが無いに等しい状態になるので美味しいわけですが。
ま、それでも先に挙げた「支出」があるわけなので、それすら惜しむならもうビジネスなんてできませんよ。

【金銭的リスク0主義だとビジネス最後の壁は突破できない】

ットにしろリアルにしろ、自分でビジネスをする人が最後にぶつかる壁は集客です。
ビジネスで稼ぐために使う知識的な投資もありますが、集客に使うお金が存在することを忘れてはいけません。
確かにネットビジネスならサイトやSNSを使って無料で集客ができますが、無料でできるものは時間が掛かります
それでも根気よく続ければ長期的に集客ができるようになりますが、時間を短縮したいなら有料の集客サービスを使うべきです。
もちろん、お金使って広告を出しても満足な集客効果を得られないこともあるでしょう。
それでもテストを重ねて自分にとって最良の広告手段を模索していくしかないのです。
これが「自分でビジネスをする」者の宿命です。
結局金銭的リスクと向き合わなければならないわけですよ。
それができないなら、マジでビジネスなんて手を出してはいけません。
おとなしく雇われの身でいた方がケガをしなくて済みます。

【常套句オマケ】

て、本題はこれにて終了ですが、最後に常套句の補足をして終わります。
この手のオファーにある常套句として「ネットビジネス実践者の95%は稼げない!!」ということを声高に主張します。
確かに、この業界は実践者の実に95%が付に5000円も稼げないといわれています。
(※主にアフィリエイトでよく言われます)
これだけ聞くとハードルの高い世界だと思ってしまいますが、それは早合点というものです。
ネットビジネスはそもそも、参入障壁が他のモデルに比べて限りなく低いものです。
本文ではいくらかコストが掛かる旨を話しましたが、「体裁」と整えるだけなら実は無料でもできます。
そういったハードルの低さのためか、この世界を知った人はとりあえずのぞき見程度にやってみるのです。
つまり100人中何人が真剣にやっているのかという話です。
テキトーに取り組んでいる層を省いて、真剣な実践者でもう一度割合を出せばパーセンテージはかなり上昇するはずです。
なぜなら、ネットビジネスは自分に合ったモデルを選択し正しいノウハウを愚直に続けるだけで必ず結果が出る世界だからです。
つまりネットビジネスで稼げない人というのは、そもそも真剣に取り組んでいないか取り組んでいてもモデルの選択が間違っているかのどちらかということです。
そんなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA