残業地獄が「脳と人生」に与える深刻な影響 長時間労働と決別する新しい考え方(東洋経済)

wakamono-hinkon

 
「長い時間働くことは良いこと」
 
そんな腐った価値観ではこの先の時代を生き残ることはできない。
 
 
今の若い世代は古い価値観と新しい時代(新しい現実)の中の、
 
ある意味大変な時代を生きることになる。
 
 
でも嘆いていても始まらない。
 

 
これから100年時代を生きる若い方には、20代のころから、
 
仕事だけで終わらない時間配分を心掛けてください。
 
 
私たち40代以降の人間は
 
まだAIが来る前に逃げ切れるかもしれませんが(笑)、
 
20代は逃げ切れませんので、AIが来ても太刀打ちできるだけの
 
自分の専門性を磨いておくことが重要になります。
 
http://toyokeizai.net/articles/-/145677?page=4

 
 
AIの発達で人間の仕事が無くなるという話を最近よく聞くようになった。
 
 
もちろん全ての仕事が一気に無くなるわけではないかもしれない。
 
 
でも、全体的に観れば徐々にそうなっていくのは確実。
 
 
だからこそ、逃げきれない20代の人間は、
 
この先をどう生きるかを真剣に考えなければならない。
 
 
100年時代で生き残ることは、
 
年をとっても働けるように工夫することではない。
 
 
いかに長く働くかを考えてしまう時点で、
 
旧世代の価値観から抜け出せていない証拠。
 
 
だからそれじゃダメなんだって。
 
 
100年時代を生き残る鍵は、
 
人生の早い段階で自分以外の仕組みに働かせる環境を早く構築すること。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA