アフィリエイトで稼ぐのにセンスが必要なら、身に付ければいいだけの話。

20140403115145_533cccc19d2bd

【アフィリエイトで稼にはセンスが必要?】

 
フィリエイトで稼ぐにはセンス(才能)が必要ですか?」
 
 
「ネットビジネスで稼ぐにはセンス(センス)が必要ですか?」
 
 
こういった質問を受けることがあります。
 
 
センスや才能・・・あるならあった方が良いですよね。
 
 
その分成功までの道のりも最短に近づくので。
 
 
でも仮にビジネスのセンスが0だったからといって
 
すぐに諦めるのはちょっと、いやかなり違います。
 
 
アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐのにセンスは要りません。
 
 
少なくも月収30~50万円くらいなら
 
正しいノウハウの習得と愚直な実践で何とかなります。
 
 
月収100万円までは根性です。
 
 
ただし、
 
月収で1000万円とか1億円を狙うとなると流石にセンスの世界になってきます。
 
 
センスセンス言っていますが、これって別に先天的なものではありません
 
 
よほどその分野に適性が無い場合を除いて、勉強すれば大抵のことは分かってきます。
 
 
本にして2冊分といったところですかね(´・ω・`)
 
 
あとは「ほんの少し工夫する姿勢」を持つことができれば、
 
あなたにとっては大したことではなくても
 
初心者から見れば天才レベルに感じられる小技だってできてしまうのです。
 
 
 

【努力だ、勉強だ、それが天才だ】

 
By 野口 英世 (1876~1928) : 細菌学者
 
 
彼の言葉を借りれば、
 
努力する意気込みに溢れた人が、天才になることを許可されるということです。
 
 
どうしても「センス」や「才能」という言葉にコンプレックスを感じるなら、
 
勉強でも何でもしてその分野に関して
 
3時間くらいセミナーを開けるくらいにまでなればいいのです。
 
 
野口英世の言葉から気づかされるのは
 
天才という境地は先天的素質だけではなく、
 
後天的努力によって実現可能ということです。
 
 
ただし、後天的な方はそれ相応のものが要求されます。
 
 
何かを犠牲にすることもあるでしょう。
 
 
周りとは違う時間の過ごし方を選ばなければならない時もあるでしょう。
 
 
例えばネットビジネスで自動化を実現するためには、
 
最初の頃はどうしてもある程度の作業を要します。
 
 
それなのに飲み会や遊びに興じていてはいけませよね。
 
 
要はそういう話です。
 
 
芽が出る時が一体いつになるのか、そんな不安に苛まれる時もあるでしょう。
 
 
例えばネットビジネスで稼げるようになるには早くても1.5~3か月は掛かります。
 
 
これでも十分に早い方ですが、
 
多くの人は「初月で月収○○万円」という文句に毒され過ぎてちょっとやってダメなら
 
すぐに投げ出してしまうのです。
 
 
でも、それでも続けるしかないのです。
 
 
没頭するしかないのです。
 
 
無論、並大抵の精神では継続など不可能です。
 
 
「それでも実現してやる」という意志を持ち、静かに淡々と日々を過ごせる人間が、
 
気が付けば世間的には天才という領域に突入するわけです。
 
 
 

【だから、99%の人間は挫折する】

 
間は強い生き物ですが、
 
その強さを発揮できる人間はあまりにも少ないのが哀しい現実です。
 
 
その理由は、この社会が弱者にやさしいからです。
 
 
救済措置の名の下、あらゆるセーフティーネットが用意されています。
 
 
生活レベルにこだわらなければ、
 
本当はそんなに頑張らなくても何となく生きていけるのが日本という国だからです。
 
 
時代や生まれた国が違えば野垂れ死んでいたような人間が、
 
何事もなかったかのように生きていける時代です。
 
 
時代や生まれた国が違えば
 
本当に殺されていたような人間が、堂々と権利主張できる時代です。
 
 
要するに、狂っているのです
 
 
もちろん、人間である以上は人権があります。
 
 
どういう状況にせよ生きる権利があるのです。
 
(犯罪者にさえ人権は保証されています)
 
 
そういった救済措置の賜物か、
 
人という生き物はここ数十年で本質的に弱くなってしまいました。
 
 
だからこそ、後天的な天才という選択肢さえも
 
先天的天才と同等ハードルの高さになったのです。
 
 
 

【天才は技術。でもだからとって簡単な話ではない】

 
んな人でも覚悟さえあれば、天才に近づくことは可能です。
 
 
これは間違い在りません。
 
 
しかしこれまで話してきたように、
 
半端な覚悟なら手を出さないほうが賢明です。
 
 
「周囲の人間がどう言おうと関係ない。必ず成し遂げる」
 
という人だけ挑戦しましょう。
 
 
しかしそう意気込んでも、そこからまたさらに挫折する人が90%です。
 
 
最終決戦まで残るのは、ほんの一握りです。
 
 
例えばアフィリエイトで稼ぐために教材を買った人が100人いたとしましょう。
 
 
その中で実際に教材をダウンロードして学び始める人は30人くらいです。
 
 
そこから教材の内容を100%吸収して
 
教材費を回収する人は30人のうち数人程度です。
 
 
何故だか分かりますか?
 
 
みんな勝手に諦めるからです。
 
 
ちょっと躓いただけで、
 
 
「あっ、やっぱむり」
 
 
「ネットビジネスなんて自分には向いていないんだ」
 
 
「アフィリエイトで稼ぎたくても現実は厳しいんだ」
 
 
などと勝手に納得して去っていくのです。
 
 
もちろん、
 
どうしようもないくらいにセンスが無いならそれも賢い選択です。
 
 
しかし、何が何でも成し遂げたいというものなら、
 
ちょっとやそっとのことで投げ出さないで欲しいですね。
 
 
諦めることと投げ出すことは違います。
 
 
継続は革新へのチケットなのです。
 
 
それでは!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA