アフィリエイトで稼ぐ方法はリスクマネジメントを徹底すること。

【アフィリエイトで稼ぐ方法はリスク管理にある】

フィリエイトに取り組む際、多くの人はブログやSNSを主体としたアフィリエイトに取り組みます。
ネット上に出回っている「アフィリエイト」の姿は大抵がブログアフィリエイトやツイッターアフィリエイトだったりするので、この現象も仕方がないのかもしれません。
しかし、これらの媒体(メディア)を中心に取り組むのはかなり危険であると述べておきます。
ブログアフィリエイトであれば、サイト自体の検索順位が下がったり検索結果から飛ばされたりと不測の事態に見舞われることがあります。
TwitterやFacebookなどのSNS系のアフィリエイトでは、アフィリエイトリンクばかり垂れ流しているクソみたいなアカウントが消されるなんてよくあることです(^_^)

【何にも依存しないで稼ぐ方法とは?】

のように、何かしらに依存した媒体(検索エンジンや運営会社)を使ったビジネスはかなり不安定であることが分かるでしょう。
もちろん、これらの媒体を集客の助けとして使うのは全く問題ありません。
でも前述のように、メインの媒体で使うのが問題なのです。
先に挙げてきた媒体のリスクを考慮せず、「自分が大丈夫」といわんばかりの思考停止状態でアフィリエイトに取り組み後で泣くことになるのもよくある話です。
ちなみにアフィリエイトではありませんが、転売などでは転売用に使っていたAmazonアカウントが消されたり、メルカリで使っていたアカウントが消されたりという事件もあるようです。
プラットホーム依存型のネットビジネスは結構もろい部分があるということですね。
やはり長期的にアフィリエイトなどのネットビジネスで稼いでいきたいのであれば、長年主張しているようにメルマガを中心としたビジネスを展開すべきです。
メルマガであれば、一度許可を得て取得したメールアドレスが1件でもあれば配信解除されない限り半永久的にビジネスをすることができます。
たとえ、今使っている配信スタンドがダメになっても(滅多にありませんが笑)今あるリストと共に別の配信スタンドに移ればいいだけです。
あなたにお金を支払う人が10人でもいれば、それでもうお金には困りません。
さらに力を極めていけば10人未満でも安定したビジネスを実現できます。
ならば極端な話、アドレスが2~3件でもあれば任務達成ということですよ。
これがどれほど凄いことか分かるでしょうか?
少なくともアクセス頼りのビジネスモデルとは次元が違うことは分かると思います。

【アフィリエイトで稼ぐならとにかくリスクを減らしていくこと】

スクマネジメントと聞くと、たいていは国や企業が取り組むべき問題と考えがちです。
個人がリスクマネジメント、なんて聞くと大袈裟に聞こえるかもしれませんね(;^_^A
もちろん、上記の組織において危機管理はマストです。ここで語るまでもありません。
近年は特に、個人情報漏えいなどで国や企業の危機管理・情報管理の甘さがた度々露呈されます。
ただこれは、「甘い」では済まされない問題です。
危機管理ができないことは、極端な話でいえば死に直結するレベルのことだと思ってください。
アフィリエイトなどのネットビジネスでいえばキャッシュポイントブログやSNSの単体でしか作らず、
ある日それがサービスを終了したため※に収益化できなくなったという場合です。
(※ブログの場合は検索結果・順位が悪くなった場合)
前述のように、実際こういう人は結構います。
厳しいようですが、これは早めの段階でメルマガを構築しなかった本人の責任です。
収益の柱をひとつに絞ることは本当に危険なのです。
(メルマガに絞るのは問題ないとしても)
ましてやそれを、他社の運営する媒体に委ねるなど狂気の沙汰です(笑)
って、話がそれました。ごめんなさい。

【個人レベルであらゆるリスクを管理】

ころで、危機管理をしなければならないのは、国や企業といった組織だけでしょうか?
私たち個人レベルでは、危機管理など必要ないのでしょうか?
賢明なあなたなら気づいているはずです。個人こそ、あらゆる場面で危機管理をしなければなりません。
・住む場所
・食べるもの
・付き合う人間
・交通手段
・ビジネスのジャンル
・扱う機器
あなたの命を守るのはあなた自身なのです。
実は国家や企業も、トラブルの原因を紐解けば個人レベルの話に行きつきます。
つまり小さいところから意識を変えていくことで、結果として大きなことでさえも変えていくことができるのです。
「とはいっても、何を管理すればいいんだ?」私の抽象的な話にもしかするとあなたは困惑交じりにこう思ったかもしれません。
わかりました。それでは次の項で、リスクマネジメントの対象モデルを紹介します。

【結論:○○第一】

たちが取り組むべき最重要の危機管理対象は、私たち自身の健康です。
多くの人間が妥協しやすいこのポイントにどれだけ愚直に取り組んでいけるかで、それ以外のことへの取り組みにもマインドが影響します。
大切なものは失ってから気づくとはいいますが、健康に関しては失う前に気づきましょう。
そこで妥協して命まで失うことになったら、本当にシャレになりません。
だからこそ、日々の生活に気をつけましょう。明らかな不摂生はやめましょう。
ストレスを溜めないようにしましょう。飼いならしたからといって、飼い猫を執拗になで回すのはやめましょう(笑)
【追伸:リスクを飼いならせ】
自動車教習の学科で習ったことが危機管理の最高の教科書だと思う。
「きっと~だろう」(都合のいい解釈)ではなく、「~かもしれない」(都合の悪い解釈)。
これをしなければならない。
例。
「大吉は引っかかないだろう」ではなく、「大吉は引っかくかもしれない」
今日からこれで生きてきます。
ちなみに、今日の記事はうちの猫(大吉)に撫でまわしすぎて
盛大に引っかかれたことから着想を得ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA