アフィリエイトで稼いで自由になると、あらゆることが気にならなくなる。

【アフィリエイトこそ自由な人生への近道】

フィリエイトこそ経済的弱者が経済的強者になりこの資本主義社会で自由を手にする唯一の近道だと私は考えています。
小資金から始められて徐々に成長することができ、なおかつ最新のビジネスの知識も得られてしまうという特典付きです。
(もちろんビジネスの原理原則もマスターします)
アフィリエイトをキッカケに自分でビジネスをする力が付けば、もはやネットなんて無くてもリアルの世界で活躍できるようになります。
街中の風景から潜在的ウォンツを見つけ出し、ビジネスのヒントを掴めるようになります。
集客に困っている個人・企業のコンサルティングができるようになります。
ホームページ作成業者に高いお金を払って作ったダサいサイトでいろいろ損をしている飲食店オーナーに、1万円程度で作れる超オシャレなサイトテンプレートを紹介して(何なら一番売れる型でのカスタマイズも請け負ってあげて)お店の売り上げに貢献できるようになります。
何だか意識の高い話になってしまいましたが(笑)、究めていくとここまでは行けちゃいますよ」という話です。
別に自由を手にした後は仕組みに延々と稼ぎ続けてもらって自分が本当にしたかったこと(趣味に没頭・旅行に明け暮れるなど)に時間を割きまくっていいわけですから。
私はどちらかというとゆっくり過ごしたいタイプです。本を読んだり映画を観たり。
You Tube のゲーム実況やスタイリング動画を観たり。
参加しているスクールの講義動画を観たり。
で、コンサル生やその他ビジネスの用事がある時はちょっと動いてみる感じ。
(※動くといっても10歩程度。基本外には出ないので)
あー超インドアですね(笑)でも、動きたくなればいつでも好きな場所へ行く自由があります。
自由になった身をどのように使うかは人それぞれですが、やはり共通して得るものはストレスからの解放でしょう。
今回の記事タイトルとも重なりますが、ストレスから解放されるのは本当に良いことです。
自分にはどうしようもないことには最初から関わらなくていいという強気のスタンスが取れるようになるので、自分にとっての不都合を排除しながら生きられるようになります。
・「あ、この人は自分に合わない人だ」という人には2度と関わらなくていい
・「あ、この場所は自分に合わない場所だ」という所には2度と行かなくていい
この2点が何の迷いも無くできるだけでかなり人生が楽になります。
たとえバサバサ切っていったとしても特にお金に困るわけではないので問題が無いのです。
むしろ好きなことで人生を埋め尽くせる分、ますます充実していくのは間違い在りません。

【その他の特典。自然現象からの解放】

近は異常気象ということで、一昔前とは明らかに異質な気候になってきています。
四季が豊かであるはずの日本でさえ、東南アジア並みの暑さになっている始末です。
また、最近は台風も多いですね。
あ、火山活動も活発化しています。
あとは地震ですか・・・。
正直これらのことは、起きてしまったらそれまでです。
地震や台風にクレームを申し立ててやめさせることはできないからです。
ただ過ぎ去るのを耐えるしかありません。
下手にイライラすると、無駄な体力を使うことになりますから気をつけましょうね。
(天候に左右されない人生を歩みたいでものです)
そう。まさに今「かっこ」で示したことが、自由になることで実現可能なのです。
天変地異起きればPCを持って移動すれば良いですし田舎に住む場所を確保しておくのもアリでしょう。
普段の生活でいえば雨風強い日に無理して外に出る必要は無いでしょう。
なぜなら外に出なくても普通の人より圧倒的に稼げる仕組みを持っているからです。

【その他の特典。政治からの解放】

間にはどうにもできないものがもうひとつ。
それが政治です。
「そんなことはない。しっかりと選挙権を行使しているぞ!」
私の突然の主張にあなたはこう返したかもしれません。
確かに、選挙権の行使は政治参加の重要な手段です。
しかし・・・・・。
それであなたの生活は本当に改善されましたか?
株価は上昇中のようですが、一番大切な市民の生活は疲弊しています。
ウハウハなのは国と大企業だけです。
私はここで「だから国(政府・国会)はダメなんだ」といった居酒屋トークを繰り広げたいのではありません。
そもそも、政治家が良かった試しがないのです。あなたは、政治家の仕事を知っていますか?
「今度は大丈夫かも・・・」そんな淡い期待を毎度毎度市民に抱かせて選挙に当選するのが彼らの仕事です。
「今度は大丈夫かも・・・」そう思わせることで見込み客を得る。
まるで怪しい無料オファーのレターみたいですね(笑)
彼らは忙しいのです。そっとしておいてあげましょう。
怒りをぶつけてはいけません。天気と同じなのですから。

【早く自由になって世間とサヨナラしましょう】

トレス社会が当たり前みたいな風潮が嫌いです。
いやいやいや、だったらノンストレス社会を目指そうよとなぜ思わない(笑)
結局優秀なサラリーマンの量産がミッションの義務教育で育てられれば、「我慢こそ美徳!逃げてはダメ!何でもかんでも我慢しなきゃ」と考える人間で溢れ返るのでしょう。
で、最悪の結果自殺ですか。自分で稼げる時代になったのは間違いありません。
これまでは一部の特権であった自由も、21世紀では個人の選択の範疇になったのです。
これを知ってもなお自由なんて要らないと考えるなら、まぁそれも人の人生なので止めませんが。
でもこの話を聞いて自由になることに関心をちょっとでも関心を抱いたなら、早めに準備を始めましょう。
そんなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA