アフィリエイトで稼ぐコツは本を読んで説得力を付けること。

woman-reading-a-green-book

【アフィリエイトで稼ぐといっても結局は人に物を売ること】

 
フィリエイトで稼ぐ方法はネット上にたくさん散乱しています。
 
 
初心者がこの現状を見ればおそらく(いやほぼ100%)、
 
「どれを活用すればいいのかよく分からない!」という状況になりますよね(;^_^A
 
 
まぁ仕方ありません。アフィリエイトもビジネスです。
 
 
それを成功させるためにこれまで多くの人が知恵を絞ってきましたからね。
 
 
そのためいろんな考えやノウハウが出てきてしまうのですよ。
 
 
そうはいっても、原理原則的な話を押さえておけば大丈夫です。
 
 
ビジネスの原理原則を押さえれば稼いでいくにあたっては何の問題もありません。
 
 
逆にこれをすっとばしてノウハウに走っても
 
ビジネスの根本を理解しないまま作業を進めることになるので
 
結局自分は何をやっているのか分からないまま挫折することになります。
 
 
原理原則とはビジネスの闇を照らす光なのです。
 
 
その無限に見えるノウハウたちも結局元を辿れば
 
原理原則にちょっと色を付けただけのものが多いですから。
 
 
たまーに「原理原則はもう通用しない!」といったことを言い出す人がいますが、
 
私はこの意見には反対の立場です。
 
 
なぜかって?
 
 
だって人間の理性的限界って原始時代から変わっていないんですよ。
 
 
私がいう原理原則とはもちろんビジネスの原理原則でもありますが、
 
もっと根源的な「人間とは何か?」「人はどうやって社会を構成してきたか」
 
「これまでどのように文明を築き、そしてこれからどこへ向かうのか」
 
といったところまでえぐっていきます。
 
 
ここまでくるともはや、ビジネスの原理原則(集客とか教育とか)すら
 
テクニックのひとつにしか見えなくなります。
 
 
人間の脳さえ理解してしまえばもう何も怖くないからです。
 
 
だから時代が変わっても稼げるわけですね。
 
 
 

【売るために必要な力は説得力】

 
るために必要な力をひとつ挙げるなら、それは説得力です。
 
 
ただ説得というと相手を説き伏せて従わせる
 
といった解釈をする人がいますがこれは違います。
 
 
仮にこの方向性で説得を行い商品を成約させることができたとしても、
 
お客さんの中でなんとも言えない違和感が残り長期的な関係は望めません。
 
 
説得とは自分の言葉で相手を説き伏せることではなく、
 
自分の言葉で相手に納得してもらうことです。
 
 
納得は自分からするものです。
 
 
つまり「お客さん自らが納得して商品を買う」という状況を常に作ることができれば、
 
言葉巧みに言いくるめられて買わされたという感じにはならないのです。
 
 
 

【納得してもらう力を付けるためには?】

 
手に自分のことばを受け入れてもらうには、やはり言葉の力が必要です。
 
 
この言葉の力とはコピーライティングといったテクニック的な話ではなく、
 
もっと総合的な力を指します。
 
 
簡単にいえば、
 
日常会話レベルでも説得力を持たせて話ができる力ということです。
 
 
「なるほど」「へぇ」と話し相手に思ってもらえるのが理想ですね。
 
 
理想とは言いましたが、難しいはなりではありません。
 
 
「自分の言いたいことをちゃんと説明し、伝えよう」
 
という意識があればとりあえずOKです。
 
 
逆にこれが無い人はとりあえず自分の言いたいことだけを
 
わーっとしゃべって終わるパターンが多いので相手に煙たがられます。
 
 
ちなみにこのパターンの人の特徴としては
 
何を言っているのかよく分からないことです(笑)
 
 
さて、自分の話に説得力を持たせるには意識することが大事と言いました。
 
 
さらに効果と質を高めるものとしては読書がおススメです。
 
 
本は売り出されるまでに何回も修正を掛けられ、完璧な日本語で仕上げられてきます。
 
 
実は本というものは「説得力のある文章」の良質なサンプルなのです。
 
 
まぁ中には「あれ?」というものもありますが、
 
ベストセラーのビジネス書を中心に読んでいけば地雷を踏まずに済むでしょう。
 
 
なので、ぜひ本を読んで説得力のある言葉のシャワーを浴びてください。
 
 
 

【読書の副産物】

a21d0b70-496f-44fc-920f-2056e3ce4565
 
を読んで良かったことは、
 
自分の身に起きることの原因がすべて分かるようになったことです。
 
 
・なぜ、気分が良くないのか?
 
・なぜ、イライラしているのか?
 
・なぜ、タイミングが合ったのか?
 
・なぜ、必要な情報を手に入れられたのか?
 
・なぜ、このタイミングでこの情報が届いたのか?
 
 
などなど、もちろんこの他にもありますが、
 
いずれにしても人生で困ることはなさそうです。
 
 
 

【読書=人生の予習】

 
ぜここまでいえるかといえば、
 
そもそも読書をするという行為自体が人生の予習になるからです。
 
 
意外でしたか?
 
 
「人生で何が起きるかなんて、誰にも予想なんてできやしない」
 
 
普通はこう考えます。
 
 
もちろん予期せぬアクシデントや災害が起こってしまえば、
 
これまでとは全く違う対応をとらなければなりません。
 
 
しかしそんなことが起きるのは稀であり、
 
いつもいつも発生するわけではありません。
 
 
起きてしまったら対処するしかないというだけです。
 
 
私が述べているのは、あくまでひとりの人間が歩む人生の予習です。
 
 
これは予習ができます。
 
 
あなたがどんな人生を歩むにせよ、です。
 
 
・会社員として
 
 
・個人事業主として
 
 
・研究者として
 
 
・芸術家として
 
 
・ミュージシャンとして
 
 
どんな人生を歩むにせよ、
 
その分野ごとの作法というものはとうの昔に確立されているのです。
 
 
私たちはその中のどれか好きな道を選び、
 
あとは予習を重ねていけばいいだけの話です。
 
 
すごく恵まれているとは思いませんか?
 
 
決して手探りになる必要はないということですからね。
 
 
 

【情報という地図を手にしよう】

can-stock-photo_csp2255399
 
の世界を渡り歩く条件を情報と考えるなら、
 
あらかじめ手にしておいて損はありません。
 
 
というより、最初から手にしておくべきです。
 
 
それなのに、なぜか多くの人は地図も持たずに森の中へ入っていきます。
 
 
これでは迷って当然です・・・というより自業自得です(^^;
 
 
賢い人はちゃんと予習しています。
 
 
その結果、
 
 
・どのタイミングで何が起きるか
 
 
・どういう行動がいかなる結果を生むか
 
 
ということが全て分かっているので、
 
そういった意味で人生をコントロールできるのです。
 
 
極めて論理的な話です。
 
 
読書で得た
 
「説得力のある言葉への理解」と「人間の行動特性(人生の壁)への理解」があれば、
 
情報発信にも厚みが増し意識しなくても他者との差別化を実現できます。
 
 
それでは!
 
 
【追伸】
 
女性がイライラするのは愛情不足
 
 
男性がイライラするのは、筋トレ不足

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA