アフィリエイト活動で行き詰まりを感じたら、外に出よう。

【アフィリエイト作業で行き詰ったら】

 
フィリエイトは基本的に情報発信で稼ぐモデルになります。
 
 
ブログ記事を書いたりメルマガを書いたり、
 
人によっては動画を撮ったりもするでしょう。
 
 
つまり、割とクリエイティブな仕事なんですよね~(ドヤ)
 
 
確かに稼ぐための文章術やテンプレートといったものは存在しますが、
 
そればかりに頼ると結局どの媒体も売り込みの匂いがするものになってしまい
 
お客さんが離れていきます。
 
 
コピーライティングばかりに意識が奪われ過ぎて
 
売り込みの文章しか書けなくなってしまう感じですかね(´・ω・`)
 
 
もうこうなったら終わりですよ。
 
 
自分の言葉を失くした、
 
どこかで聞いたような煽り文章しか書けなくなりますからね。
 
 
最強なのは、
 
「普段の何気ない発信」に見えて実は教育※をしている情報発信です。
 
 
(※ここでいう教育とは、「集客→教育→販売」の教育。
 
  つまり思いっきりビジネスの情報発信ということ)
 
 
たださすがにこれは高度な技術なので、
 
まずは日常の発信・教育の発信・販売の発信と分けた方がいいですね。
 
 
さて、基本的にアフィリエイトで稼ぐためのノウハウや
 
情報発信で稼ぐためのノウハウって無限にあるわけではなく
 
多くても10個くらいの基本的なものから成り立っています。
 
 
つまり、ノウハウの数なんてたかが知れてるという話で
 
ノウハウを覚えてマスターしてもライバルに圧倒的な差を付けられないのです。
 
 
いってしまえば数学の公式みたいなものですからね。ノウハウなんてものは。
 
 
完璧にインストールすれば誰でもテストで100点は取れます。
 
 
ノウハウを勉強して実践しているのに上手く行かない・・・
 
 
これって結構悲しい状態ですが、
 
そんな時は一旦作業を止めてPCから離れましょう。
 
 
そうです。表へ出ろと言ってるんです(# ゚Д゚)
 
 
 

【アフィリエイトは情報発信ビジネス】

 
フィリエイトは「他者の商品を紹介して紹介料を得るビジネスモデル」。
 
 
私がアフィリエイトを知らない人に説明するならやはりこんな感じの説明になります。
 
 
でも実際問題、ただ紹介して稼ぐだけでは先が短いのも事実です。
 
 
「商品のメリットや魅力を伝えて欲しがらせる」なんてことは
 
アフィリエイターがやる前に販売者がセールスレターで散々行っていますから。
 
 
商品のジャンルを問わず、アフィリエイトで長らく稼いでいる人たちは
 
自分の情報発信がきちんとできています。
 
 
これは何も「キャラ設定をして活動しろ!」とかそんな話ではなく、
 
自分の言葉で情報発信しているということです。
 
 
自分の考えや思想をちゃんと表明しているといえば分かりやすいでしょうか?
 
 
たとえそれがノウハウ解説の記事だったとしても、
 
やはり自分の理念を織り交ぜて発信している感じです。
 
 
ただの教科書やマニュアルみたいには終わらないということです。
 
 
そんな言葉に共感した人がやっぱりお客さんになっていきます。
 
 
今私は「理念」という言葉を使いましたが、これって実は
 
ネットビジネスをする際に最初に決めることなんですよね。
 
 
理念とは「自分が目指す理想の世界やゴール」のことです。
 
 
そこへ向かって一緒に走ってくれる人があなたのお客さんになります。
 
 
稼げる人はこれをちょいちょい見せているのです。情報発信の中で。
 
 
 

【自分の言葉を探す。磨く】

 
て、この記事のタイトルでは「外に出よう」とありますが、
 
これは文字通り「少し外に出てこい」という意味もありますし
 
単純にPCから離れろという意味もあります。
 
 
誰かが言っていました。
 
 
「アフィリエイトは遊びがそのままビジネスになる」
 
 
これの解釈は分かれそうですが、
 
私は「いろんな遊び体験がビジネス(情報発信)に繋がる」と考えました。
 
 
いろんな本を読む。
 
いろんな映画を観る。
 
いろんな人の話を聴く。
 
行ったことのない場所へ赴いて新しい発見をする。
 
 
これだけでかなり内面を鍛えられます。
 
 
遊びながら自分を磨けるって最高じゃないですか?
 
 
「忙しくてそんな時間ないよ~」という場合でも本なら読めるはずです。
 
 
1日1行でも読んでくださいな。
 
 
本を読むだけでも、人が人生で遭遇する悩みや困難を予習できますし
 
その対処法まで知れます。
 
 
アフィリエイトやコンテンツ販売も結局は「人の悩み解決業」なので
 
これに活かせないわけがないのですよ。
 
 
だからせめて本は読んでください。
 
 
小説でもビジネス書でも学術書でも何でもOKです(^_^)
 
 
 

【悩みは悪魔。だからそれを退治してあげるとお金が殺到する】

 
間なら誰しも、それぞれの悩みを抱えています。
 
 
人間である以上、これは宿命なのかもしれません。
 
 
悩みとは上手に付き合う必要がありますが、
 
できることならあまり気にかけたくないものです。
 
 
いや・・・気にかけてはならないのです。
 
 
悩みとはいわば、人の心に巣食う悪魔です。
 
 
最初はどうってことないと思っていても、静かにあなたを蝕んでいきます。
 
 
気が付けば小さかったはずの悩みが強大な障壁となっています。
 
 
こうなってしまったら、最後です。
 
 
そこから覆すのは至難の業でしょう。
 
 
だからこそ「その悩みの解決方法を教えてあげます」とあなたが宣言することで、
 
そして実勢に悩みを解決することで人とお金が集まるのです。
 
 
さて、次項では悩みの対処法(総論)をお伝えします。
 
 
あなたの情報発信にお役立てください。
 
 
 

【大きく考えよう、宇宙レベルで】

thinking-woman
 
が抱える悩みはどれほど深刻に思えても、どれほど大きく見えても、
 
残念ながら宇宙の壮大さには勝てません。
 
 
この宇宙の観測限界(人間の技術で見える範囲)は145億光年です。
 
 
(1光年=約95000億km)
 
 
そして観測こそできませんが、考えられる理論的限界※は950億光年です。
 
 
(※見えないけど「どう考えてもここまではある(笑)」という範囲)
 
 
この直径950億光年の宇宙が10の100乗のさらに100乗、
 
つまり、ほぼ無限に広がっています(もう意味不明です。お疲れ様でした)。
 
 
さらにその外側には、超巨大ブラックホールがこれまた無数に存在しています。
 
 
止めは・・・
 
 
その超巨大ブラックホールの群の外側は、
 
空間さえ存在しない世界が広がっています。
 
 
(誰か責任とってよ!)
 
 
ここまで聞いても、
 
「いや自分の悩みの方が深刻で奥深いものだ(悲哀)」
 
と言える豪傑はいるのでしょうか?
 
 
 

【人間の悩みなんて小さい。だから今すぐ解決してあげよう】

 
んなふざけた世界のごく一部に、私たち人間は生きているのです。
 
 
ところで先にも述べましたが、
 
人が抱える悩みは先ほど紹介した宇宙よりも大きくて深いものですか?
 
 
それはあり得ません。
 
 
もしそうなら、その人は神かなんかです。
 
 
もうアホくさい悩みに意識を向けるのは止めにしましょう。
 
 
これは現実逃避のススメではありません。
 
 
どうせ宇宙には勝てないですから、
 
悩みに頭を使うのではなくそこから先へ行くために頭を使いましょう。
 
 
宇宙の寿命はまだ数千億年先ですが、人の寿命は確実に100年以内です。
 
 
悩み続けるくらいならとっとと解決して次に向かいましょう。
 
 
それでは!
 
 
 
【追伸】
 
それでも悩みそうなら、もう寝てしまおう。
 

 
 
 
【追伸】
 
自分の言葉で情報発信ができるようになると、
 
どんなに集客をサボっても稼げるようになる。
 
 
どこからともなくやって来て買っていくという状況が実現されるから。
 
 
もちろんビジネスである以上集客をサボることはいただけないが、
 
最高にサボった状態(広告も打たない、記事も書かない)で
 
何となくお客さんが集まって何だかんだで買ってくれるという結果を
 
3回以上得たなら、
 
それってもう仕組みが完成しているようなもの。
 
 
だから一気にお金の力で集客をかけてもいいかもね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA