アフィリエイトで稼ぐコツ:価値ある商品の考え方とは?

【価値ある商品を売りたい・・・】

客さんにとって本当に価値ある商品を売りたい」こう考えるのは売り手としてかなり良い姿勢ですよね。
「(客の事なんてどうでもいいから、とにかく)情報商材を安定的に売って稼いでいきたいです!」って人が多いこの悲しきネットビジネス業界で、価値提供をしよう、人生を変える人を増やそう、起業して自由になれる道を示そうと奮闘する人を本当に尊敬します。
世の中には(ネット・リアル問わず)「売れれば何でも良い!」ということで本当にテキトーな商売をする人もいますからね。
だからこそ、素直に「価値あるものを売りたいなー」と考えられるのはある意味で才能なのです。
というわけで、今日はこの「価値」というものについて一緒に考えていきましょう。
せっかく価値提供をしようとしても、価値の考え方を間違うと売れるもんも売れなくなってしまいますので^^;

【価値とは?(そもそも論)】

【価値(かち)】
どれくらい大切か。どれくらい役に立つかという程度。その大切さ。値打ち。
コトバンクより

とりあえずネット検索で出てくるのはこんな感じの意味ですね。
「大切さ」・「役に立つ」・「値打ち(がある)」というのがキーワードです。
つまり、その商品がお客さんにとって「大切なもの」・「役に立つもの」・「値打ちがあるもの(買う意味があるもの)」これらのポイントに引っかかれば買ってくれるということですね。

【売り手目線の価値は重要?】

値のあるものを売りたい」となった時に、おそらく2通りのパターンに分かれます。
1つめ:自分の側(売り手側)で「価値がある」と思った商品を売りたい
2つめ:お客さんの側(買い手側)で「価値がある」と感じてくれる商品を売りたい
もちろんどちらの姿勢も大切なのですが、あえて優先するなら「2つめ」です。
これはシンプルな話で、いくら自分の側(売り手側)で「これは価値がある。お客さんに大いに役立つに違いない!」と思ってもお客さんがその価値を感じなければタダでも売れないからです。
これは一般企業でもよくある話で、自分たちで「これは間違いなく大ヒットだ!」と思った商品を出したものの全く鳴かず飛ばずな例ってありますよね。
何でもかんでもプラズマクラスターを付ければいいというものでもないのです。
だからこそ、お客さんが価値を感じる物やサービスを売る必要があります。
参考:マーケットイン・プロダクトアウト

【「価値を感じる」って実はめちゃめちゃ高度(崇高)な話】

値の感じ方は人それぞれです。
150万円のスクールに即決で参加する人もいれば、2000円の書籍を買うにもめちゃめちゃ迷うする人もいます。
2万円の月謝で入塾を迷うと思う人もいれば、500万円のコンサルフィーをポンっと支払ってしまう人もいます。
ちなみに私は20万円のヒゲ脱毛に何の迷いもなく申し込みましたが、母に頼まれた12000円の化粧品には躊躇しました。
まぁ化粧品に関しては自分のものではなかった、というのもあるのでしょうが(笑)
その他の例としては・・・
アイドルのCDに何百万と使う人。
プレミアが付いた商品(グッズやDVD)に何十万、何百万と使う人。
服やバッグに何百万円と使う人。
時計やアクセサリーに何百万円、何千万、何億と使う人。
ワインに何百万、何千万と使う人。
車に何千万、何億と使う人。
家賃に何十万、何百万と払う人。
身もふたもないことを言えば、上に挙げたものってぜーんぶ「安く」 or 「無料で」手にできるものですよね(選ばなければ)。
ともすると、人によっては「いらねぇwww」と思うものもあるでしょう。
それでも「価値がある」と感じた人々は際限なくお金を遣うわけです。
価値を感じるというのは、ある意味で本当に高度なことです。
もう事実上の第6感といってもいいでしょう。
普通(他の人は)では感じないことを感じるということですから。
無論、あなたが相手にすべきはその商品に際限なくお金を遣う人です。
「際限なく」は言い過ぎかもしれませんが、少なくとも自発的に買おうとしてくれる人が望ましいですね。

【高いものを買うのはお金があるから?】

ほど挙げた例では、結構な高額商品(と、世間では考えられるもの)もありました。
「これらはお金に余裕があるから買えるのでしょう?」と思ったかもしれません。
確かに、基本的にはそうです。
でも経済的に豊かとは言い切れないお客さんの中で、その商品に対する価値のリミットが振り切れた場合は状況が変わります。
要するに「どうしても欲しい!」となった場合、もうその価格はそっちのけでどんな手段を使ってでも手に入れたい!」と思うのが人情なのです。
(もちろん犯罪以外で)
どうしても欲しい商品なら何とかしてお金を工面するでしょう。
衣食住のどれかを削ってでも手に入れようとするでしょう。
逆にここまでしないなら、実はそれほど欲しい物ではないということです。

【素晴らしきかな価値の曖昧さ】

値とは本当に曖昧な概念です。もう哲学ですね(笑)
まぁあまり難しく考え過ぎてもいけませんので、ここはひとつシンプルに理解しておきましょう。
まずお客さんの側で「この商品には価値がある!」と思ってもらうために、集客の段階でターゲティングをミスしないようにする必要があります。
スタートが肝心ということです。
ここを間違えると、想定とは違う客層が集まってしまいい、ざセールスしても「価格が高い!」「魅力を感じない!」「興味が無い!」という結末を迎えます。
反対にしっかりとターゲティングをしておけば、セールス時も「安い!」「これは凄い商品だ!」「今すぐにでも欲しい!」という理想的なエンディングを迎えます。
もし「安い」と思われなくても、あなたが示した「価値(ここでは商品内容)」がお客さんの価格を上回れば買ってもらえます。
「価格<価値 ⇒ 買う」ということです。
なので、自分はどんな人たちを集めたいのかを初めにきちんと決めておきましょう。
参考:ペルソナ

【売り手側で鍛える価値の「目利き力」】

こまで買い手目線の価値についてお伝えしましたが、最後は売り手側でいかにして価値がある商品を見極めるかという話をします。
まさにアフィリエイターのための内容ですね。もちろんこの経験を積めば将来オリジナル商品を出すときも役立ちます。
価値の目利き力を鍛えるには、自分で実際に買ってみることです。
1個か2個、自分が売りたいジャンルの商品を買ってみて価格帯ごとの質・内容を確かめて欲しいんですね。
(まぁ、家具などの場合は何個も買えないので実店舗でリサーチとなりますが)
この経験をしておくと、どんな商品が本当に見込み客の役に立つのか(価値があるのか)が分かるようになります。
そんなお話でした。
【追伸】
らに応用的な話をすると、そのジャンルのボトムアップを知っておくのも手です。
最高品質の商品と最低(または単に質が低い)ものを知っておけば、中途半端な商品をお勧めしてお客さんをウンザリさせることもなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA