アフィリエイトで稼ぐコツは情報を買うクセを付けること。

【「自己投資が大事!!」は聞き飽きた】

己投資が大事です!」「ネットビジネスで成功するために、自己投資をして学びましょう!!」というセリフを、私はこれまで幾度となく聞いてきました。
もちろん、私はこの考えに賛成です。
賛成というよりも、これ無くしてビジネスの成功はあり得ずひいては人生での成功も望めませんよね。
自分の成長のためのお金をケチる人が、お客さんからお金を払ってもらえるわけがないじゃないですか(`Д´)
それなのにいつまで経っても稼げない人ときたら、必死に無料情報を追い続けて挙句訳のわからない塾に参加して沈没します
でも、ただ盲目的に「自己投資が大事!」と叫んでもそれは思考停止に過ぎないので、今回はもう少し深いところまで観察してみましょう。
今回の記事を参考に「なぜ自己投資が必要なのか?」という問いへのあなたなりの正解を出してみましょう。

【その前に、無料の情報では本当に何も学べないの?】

題に入る前に、このことを考えてみましょう。
(さっきは無料情報を追うことがダメみたいに言いましたが、あくまでもそれだけという姿勢がマズいということです)
確かにお金を払って情報を買うことは重要ですが、では無料で公開されている情報は一切無価値なのでしょうか?
もちろん、そんなことはありませんよね。
要は受け取る側の姿勢の問題なのですが、無料だろうと有料だろうと学べるものはきちんと学び取れます。
後は質の問題・・・という話になりますかね。
いずれにしても無料だからダメだという話ではないので、その点はご理解ください。
それに、たとえその情報が無料で公開されていたとしても
それを送り出す側は、その情報を手にするために時間とお金をたくさん使っているものです。
こういった背景を考えると、無料だからといって侮るのはもったいないですよね。
というわけで、「無料情報でもその背景にはお金のやり取りが存在していた」ということはおさえておきましょう。
それでは!!・・・
じゃなくて、次からが本題です。

【お金を払う意味ってなんだろね】

ぜ情報や知識を得るために、私たちはお金を支払うのでしょうか?
もちろんその情報が有料で設定されている場合は、お金とそれを交換する必要があります。
その意味では、情報とお金を交換するためにお金を払っていることになります。
でも、話はそんなに単純ではありません。
ちょっと哲学的ですが、別方向からお金を払う意味を考えてきましょう。

【1万円の教材 vs 10万円の教材】

んな話があります。
ある人が友人からその時点で10万円で実際に販売されていた教材をなんと無料で譲り受けたそうです。
(なんとラッキーなのでしょう!)
最初は喜び勇んで勉強し始めたそう・・・ですが段々とペースが落ちて、そのうち勉強しなくなったとか。
もちろんその教材に価値が無かったとか、ノウハウが杜撰なものだったとかそんなことはありませんでした。
でも、その人はその教材からフェードアウトしていったのです。
「また後で見ればいいか・・・」といった感じで。
それからしばらくして、今度は自費で別の教材(1万円)を購入したそうです。
何となくお察しかと思いますが、こっち(1万円)の教材の方は必死に学び取っていったそうです。
ちなみに私は以前、100万円で仕入れたステップメールノウハウを良かれと思って知人に無料でレクチャーしたことがあります。
(その人がステップメール作成に行き詰っていたので)
でも、知人の「デモデモダッテ」が発動しまったく聞く耳を持ってもらえませんでした(笑)
結構な力説で小一時間話したことを後悔しましたね。
それ以降、そのノウハウを無料で教えることはせず、きちんとお金を払ってくれたお客様に提供しています。
もちろん、はるかにバージョンアップさせて。
さて、話を戻しますが、これってつまり・・・?

【お金を払うこと=自分と約束すること】

局、彼が10万円の教材を頑張れなかったのは、その教材を彼自身がお金を出して買わなかったからです。
不思議ですよね。
お金を出して手に入れようが、タダで譲り受けようが、そこにある情報自体は同じなのに・・・
お金を出すということは、自分と約束することを意味しているんですよね。
「せっかくお金を出すのだから、絶対無駄にはしないぞ!」
といった感じで。
お金を出すということは、ある種の痛みを伴う行為なのは何となく分かりますか?
「さらば諭吉~!」って感じですよね。
大切なお金を手放すわけですから。
痛みを伴うからこそ、そこには責任を生じます。
それが自分との約束です。
手放したお金を無駄にせず、手に入れた情報・知識は全て喰らい尽くす
特別意識することはしなかったとしても、誰しも無意識のうちにこのように考えているのです。
「せっかくお金を出して買ったのだから、元を取らなければもったいない!」
この精神って大事なんですよ。
だからこそ、自分でお金を出して買った情報は死に物狂いで吸収しようとするのです。
はい。実は今重要なキーワードがでました。「吸収」です。
そもそもなんですが、お金って基本、物々交換の手段です。
あなたが何かを提供すれば、お客さんからお金を支払ってもらえますし、あなたがお金を支払えば、何かをもらえます。
私たちは本能的にそのことを理解しているので、
お金を払えば代わりに何かをもらおうとしますし、払わなかったら何も貰おうとはしないのです。
この差が実はとんでもなく大きいんですよね。何となく話が繋がってきませんか?
実は、情報そのものにはある意味でそれほど価値が無くて、「お金を払うこと」に価値があるともいえるのです。
私たちは、お金で情報の吸収力を買っている。
これが情報を買うことの真実だと最近思います。
その情報を確実に吸収して自分の血肉とする力をお金で買っているのです。
同じ知恵を無料で手にするのと100万円で手にするのでは、目の前にある情報が全く同じものでもその吸収力の差は目も当てられないということですね。

【でも、買って満足はいただけない】

れ、いわゆる「ノウハウコレクター」を指しているのですが、買って終わりでは本当にもったいないですよ。
確かに、情報や知識に対してお金を払う姿勢は素晴らしいです。
そのことに変に慣れてしまって、そこから先のアクションが無くなってしまうのは、かなり残念なことなのです。
ひとつの情報を手にしたのなら、3か月くらいは集中してそのノウハウを実践してみましょう。
その間は、他の情報には一切触れないことです。
それでも人には向き不向きがあるものですから、しばらく実践して何となく合わないと感じるならもうそのノウハウの実践を止めてOKです。
そこまでできれば、その人はもはやノウハウコレクターではありません。
きちんと実践し検証し、結果を得たわけですからね(^_^)

【問題は、高額の割にためにならないもの】

くありますよね。
値段だけ高くて、全然使い物にならないノウハウが。
これに関しては、「勉強料」といえば聞こえはいいですが、買ってしまった方はたまったものではありません。
こういった損をしないための対策をお教えします。
まず、「ノウハウ」系は一歩引いて観察する癖を付けましょう。
その他は、「1日たった5分で~」とか、「初心者でも3日で初報酬~」みたいなものですね。
こういう「楽さ・手軽さ」を前面に押し出すノウハウは注意してください。
楽で簡単ということは、誰にでもできるということです
そして、そういったノウハウはすぐさま飽和して稼げなくなります。
まぁ、私の読者でこのような情報に飛びつく人はいないと思いますが、とりあえず注意喚起の意味を込めて。
良い情報を見極めるためには、日頃から情報収集や読書を通して情報の選球眼を磨いておきましょう。
そんなお話でした。
【追伸】
くある「情報教材100本(200万円相当)を特典としてお付けします!!」でもらった教材も、結局最後まで読んだのは数本だったな・・・
でもああいうのって、データが古すぎて使い物にならないノウハウだったりなぜかリンク切れで教材が読めなかったりと、結構お粗末なことになっていたりするから困る(笑)
大量系特典を付けてくる人には注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA