アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:稼ぐためにお金を払うのは当たり前。この視点が欠けている奴は一生稼げない件

【情報の購入は一切したくない。でもやる気は十分あります】

 

 
るアンケートで届いた上記の回答・・・。
 
 
アフィリエイトで稼ぐ方法が分からない←うん(´・ω・`)
 
匿名での集客方法が分からない←うん(´・ω・`)
 
ネットの動画で学びたい←うん(´・ω・`)
 
 
まぁこの辺りまではよくある回答なので特に気に留めることもありませんでしたが、
 
最後、「意気込み」を聞いた箇所でこの回答。
 

他のサイトでお金を沢山奪われたので情報の購入は一切したくない。
ですが、やる気は十分あります。

 
↑これでキレました。
 
 
キレたのはこの人が「見込み客になりえないこと」にではなく、
 
コイツのスタンスそのものです。
 
 
正直、よそでどれだけ損をしたとか、そんなことはこちらの知ったことではなく、
 
何かを教わる身で
 
「お金を払う気は一切無いんでよろしく。あ、でもやる気はあるからさ(^_^)」
 
と言ってのける根性の腐り具合
 
 
ネットビジネス以前に人間として何かかが欠けていますね。完全に。
 
 
こういう人間を過去に腐るほど見てきましたが、
 
身銭を切らない(責任やリスクを取りたくない)、
 
でも美味しい思いをしたいと考える人間で出世や成功を掴んだ人間はいません。
 
 
完全に使えない、うだつの上がらないサラリーマンが言う言葉です。
 
 
こういう人はネットでもリアルでも何か功成り名遂げることはありません。
 
 
 

【何かを得るには、同等の代価が必要】

 
の錬金術師で知った言葉ですが、これは人生の真理です。
 
 
その代価がお金なのか、時間なのか、信用なのか、命なのか、
 
それは人によりますが、普通に生きていて私たちが日々払う代価は大体お金です。
 
 
食事、ヘアサロン、衣服、家具、何らかのレッスン、スクール・・・
 
これらを利用するには必ず費用が発生しているはずです。
 
 
これは一般的ではありませんが、
 
上流の人脈を作るのだってアホみたいなお金が必要になります。
 
 
でも富を得る人は、
 
その後で払った費用の数百倍以上のリターンが返って来ることを知っているので
 
いくらでもお金を出すんですよね。
 
 
話を一般生活レベルに戻しますが、
 
もし仮に無料のポイントがあったとしても、その後に必ず課金ポイントがあるはずです。
 
 
こんなもの普通に生きていれば小学生でも覚えることなのに、
 
なぜかネットビジネスになるとなぜか
 
意地でもお金を払わずに無料で知識とノウハウを得て稼いでやる!
 
という謎の人種が誕生します。
 
 
 

【私も無料講座を開いていますが、位置づけは「体験授業」です】

 
も現在、
 
「ネットビジネス絶対的王道メソッド」という無料講座を開いています。
 
 
(無料とは言うものの、過去に有料で販売していたものです)
 
 
この講座ではネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐための答えを全て暴露したもので、
 
コンテンツの数も動画、テキストを合わせて50を超えています。
 
 
なので真剣に学んでくれれば、ネットビジネスで稼ぐには何をすればいいか、
 
何をしてはいけないのか、くらいは分かるようになっています。
 
 
これはそのまま稼ぐ力に直結するスキルなので重要なものです。
 
 
本当は現在もこの時点で課金ポイントを作りたいところですが、
 
コンテンツが積もり積もってすべて有料にしても消化しきれないので
 
この形をとっています。
 
 
結構生々しいノウハウを語っているので、
 
他の人のフワッとした無料コンテンツよりは得るものはありますよ。
 
 
・・・と宣伝が過ぎましたが、この講座ですら位置づけは「体験授業」です。
 
 
学習塾や予備校、
 
ダイエットスクールやエステサロンでもよくある「体験コース」と同じです。
 
 
なので当然、講座を修了した人には有料講座を案内しています。
 
 
この時点で一目散に逃げる人は、そのまま行方知れずですが、
 
ここで有料講座にグレードアップしてくれた人はその後ちゃんと成果を出しています。
 
 
成果の多寡につていは個々人の生活スタイルや目標によって異なるため、
 
あえて誇示することはしませんが、月収で5万、10万と稼げるようになった人、
 
有料講座で得たノウハウで爆発してしまって月収200万を超えた人など、
 
実績はそれぞれです。
 
 
ここで重要なのは個々人がいくら稼げるようになったかではなく、
 
ちゃんと情報に敬意を払って対価を払い、そして結果を得たことです。
 
 
 

【何にお金を払うのか、これを考える】

 
かりやすい例として本があります。
 
 
本は1400円も出せば買えます。
 
 
1400円出すことで、自分がこれまで知ることのなかった様々な知識を得たり、
 
著者が経験したものを疑似体験できます。
 
 
これに掛かる費用は1400円程度ですが、実際にその著者が支払ったものは
 
1400円に止まるものではないですよね。
 
 
本を出すレべルとなれば平気で数千万、数億という金額を
 
著者自身の知識や経験に投資しているものです。
 
 
で、それを本にするとなると全部取り入れることはできませんから、
 
その中でも上澄みの数%、美味しい所だけをピックアップして本にしているのです。
 
 
これってすごいことだと思いませんか?
 
 
何が凄いのかは考えてみてください(´・ω・`)
 
 
 

【身銭を切る奴が勝つ世界】

 
界は今、いろいろと変化が激しいですよね。
 
 
政治面にしても、技術面にしても。
 
 
たった数年で常識がコロコロ変わっていますが、
 
それでも個人レベルで成功するための条件はずっと同じです。
 
 
どんな分野にしろ、身銭をちゃんと切れる人が勝つ。
 
 
これは多分、今後も人間社会の本質としてず~っと横たわっていくのでしょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA