アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:コピーライティングを知りたい?

【コピーライティングを学びたいです!】

 
ピーライティングを勉強して売れる文章が書けるようになりたいです!」
ざっくりいうとこんな感じの要望をもらうことがよくあります。
 
なるほどコピーライティング・・・
 
確かにネットビジネスの世界では、
コピーライティングを究めればバンバン商品が売れてウハウハ♪
みたいに言われることもありますよね。
 
コピーライティングは元々広告の世界の言葉であることからも、
大前提が「売る」「セールスの成功」にありますから。
 
なので、
「コピーライティングを学んで活用すれば自分も稼げるようになるに違いない!」
と考えるのも分かります。
 
分かりますが、これってちょっと危険な考え方、かもしれないんですよね。
 
 

【コピーライティングなんて最低限でよろしい】

 
うせ使い切れないんだから(笑)というのが私の感想です。
 
コピーライティングを深く学ぼうとすると、書籍1冊では足りません。
 
この「コピーライティング業界」には実力者が何人もいるので、
彼らの言葉に全て目を通そうと思えば年単位で学び続ける必要があるでしょう。
 
でも、確かに学問として学ぶのは面白いのですが、
少なくともネットビジネスで稼ぐ、例えば月収100万円を達成するために必要な
最重要コピーライティングって、せいぜい「PASONAの法則」くらいです。
 
P・見込み客の抱える問題点の提示、明確化
 
A・それを解決しないと「あんた死ぬわよ」宣言(問題点の煽り立て)
 
So・「でもこれがあれば解決できるよ」宣言(解決法の提示)
 
N・「今回は期間限定で公開するよ」宣言(限定性・希少性の説明)
 
A・「さぁ!買った買った」(行動の促し)
 
↑これを手を変え品を変えやっているだけなんですよね。結局は。
 
その他の「なんとかテクニック」や「なんたら法則」、
その他の細かなテクニックは必要に応じて取り入れればいいですよ。
 
 

【最っ強に強烈なコピーライティングを教えます】

 
PASONAの流れを覚えたら、
あとは「最っ強のコピーライティング」を覚えて終了です。
 
最強のコピーライティングとは、
「あなたが買った商品やサービスのセールスレタ、ランディングページ」
です。
 
これをひたすら研究してください。
 
期間限定で公開が終了してしまうなら印刷でもキーノートでも使って保存しましょ。
 
やっぱり自分が実際にお金を出して買った教材のレターには、
それだけのエネルギーがあります。
 
重要なのはあなたが実際に動かされて買ったということ。
 
意地悪な言い方をすれば買わされたということです。
 
でもネットビジネスをやる以上、これができるようにならないとダメなんですよね。
単なる良い人で終わってはその先がありません。
 
時にはお客さんの価値観を変えてでも、渋々ながらも了解を得ながらでも、
最終的に「決済」してもらうことがあなたのゴールです。
 
顧客の属性の話をすれば、最初から買う気満々の人の方が少ないと思ってください。
 
大概、疑心暗鬼で「こいつは本当に信用できるの?大丈夫なの?」疑いの目を向けられています。
 
それを最終的には、その人にクレジットカードを取り出させ、
必要情報を入力して確定ボタンを押させるわけですから相当なストレスですよね。
 
お金を出すということは、それだけ大変で、痛みを伴うことです。
 
実際、人は「できるなら全くお金をかけずに価値あるものを手に入れたい」と考えます。
 
 

【あなたはなぜ、買ってしまったのか】

 
なたが実際に買った商品のセールスレターを研究しましょうと言いましたが、
見るべきはあなたが「欲しい!」と思った箇所です。
 
それがレター冒頭のヘッドコピー(ヘッドライン)なのか、
お客様の声なのか、特典の説明なのか、追伸の言葉だったのか、
とにかくどこで感情を動かされたのかを確認してほしいのです。
 
その感情が動かされた原因、それが強烈なコピーライティングだということです。
そしてあなたが動かされたということは、他の人も動かされるということです。
 
そうした材料をどんどん集めていって、人が欲しくなる生々しいポイントを研究すると、
本を読んで勉強するよりも肌感覚でコピーライティングというものが身に付きます。
 
別に本を読んで勉強するなというわけではありませんが、
たまに勉強ばかりで実践を全くしない人もいるので、そうならないための予防策です。
 
 

【コピーライティング最速マスターメソッド】

 
分が欲しくなった、買わされた文章(コピーライティング)を書き写す、
これを業界では「写経」と呼んでいます。
 
お坊さんがお経を書き写すのが本来の意味ですが。
 
ネットビジネスで結果を出す人は、皆どこかの時期で写経を経験します。
 
写経をして何も見なくてもスラスラ書けるようになれば、
そのコピーライティングあなたの武器になります。
 
どうしても時間が無い場合は、
レターをスクショしてその箇所を繰り返し見るようにするだけでもOKです。
 
要は最終的にあなたがそのコピーを使いこなせるようになればいいのですから。
 
 

【あとは分かりやすい文章を意識するだけ】

 
ピーライティングなんて所詮ネットビジネスを構成する一要素に過ぎません。
 
重要なのは分かりやすい文章、説明を心掛けることです。
 
たとえいくつものコピーライティングを知らなかったとしても、
誠実にお客さんに伝えよう、価値を届けようという意思さえあれば
それが受け入れられて商品が買われることもよくありますからね。
 
「コピーライティングを極めてたくさん売れるようになりたい!」
という人は、往々にして自分のことしか考えていません。
 
でも商売である以上、お客さんのことをちゃんと考えないとね。想像力ですよ。
特にネットビジネスでは対面の機会が全く無いので、こうしたことを忘れがちです。
 
自分と目に見えない敵との戦いみたいになっている人が多数です。
 
そうじゃなくて、あなたと、画面の向こう側にいるお客さんとの
コミュニケーションですよね、
ネットビジネスって。
 
それでは!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA