アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:「具体的ノウハウ」を求めるほど死ぬ理由

【具体的ノウハウ厨で稼いでる奴を見たことがない】

フィリエイトで稼ぎたいと考える人に多いのは「とにかく具体的なノウハウが知りたい!」というものです。
気持ちはわからんでもないです。
よくわからない抽象論を聞かされるよりは「ここをこうしてこうするんだ!」って具体的に教えてもらった方がいいですからね。
ただこの具体的ノウハウの具体度を理解していないと具体的ノウハウゾンビになるので注意してください。

【具体的ノウハウとは、型のことだ】

しい具体的ノウハウとは、「型」のことです。
例えばステップメールなら、
1通目では信用の教育をする。その時はこんな内容を書く。
2通目では問題点の教育をする。その時はこんな内容を書く。
3通目では・・・
というように「何をどのようにするのか」という型があります。
例えばブログなら、プロフィール文章はこのように書く。入れるべき内容は・・・
リストを取りやすいカラム構成は2カラムで配置は・・・
といった、やっぱり型なんですよね。
あとで実際に手を動かすのはあなた自身ということになります。
これだけでも結構「具体的な話」なんですが、ゾンビになりかけの人は一味違います(笑)
「で、何を書けばいいの?」
とその本当は「本人が考えるべき」内容まで求めてきます。
要は名前だけ変えれば済むような「テンプレート」があると思ってるんですよね。
「名前だけ変えてこのテンプレートを流してください。そうすればそのまま稼げます」
みたいな。
実際この手のコピペ系商材が売れた時期もありました。多分今でも一部の層にはヒットするでしょう。
でもこれってみんな同じ文章を流すってことですよね。そんなカスみたいな手法が長続きすると思いますか?
そもそもそんなんで通用するほど、ネットビジネスってアホ向けのビジネスではありません。
絶対に稼げるコピペテンプレートがあると思うならもう、その人は立派な具体的ノウハウゾンビです。
脳天をぶち抜いて殺してやるしかないですね。

【最高の具体的教材を教えましょうか?】

れでも具体的なノウハウが欲しいんだ!
と思うなら、そのための最適な教材を教えましょう。
あなたが、
「この人のメルマガはおもしろい!」
「この人のブログはおもしろい!」
などおもしろいと思った情報発信者のブログやステップメールに登録して実際に教材を買ってください(セールスを受けてください)。
これが最高の教材です。
集客から販売までの生々しいサンプルを手にできますよね。
ただし断っておきますが、その人の文章をコピペで使うなんて違法行為はやめましょう(;^_^A
バレないとでも思うのか、たまーにそういう人がいますが普通にバレてますから(笑)
真面目な話に戻すと、そのおもしろい情報発信者がどんな流れでメルマガを送ってどんなタイミングでセールスを仕掛けるのか、といった型を分析すれば、あとはあなたの言葉でそれを実行すれば終了です。
どうです?簡単でしょ?
え?よくわからない?
その理由は簡単です。それらのステップメールやセールスレターが、今のあなたにとっては「古代文明の石板」状態だからです。
どんなにすごいこと、人生を変えること、革命的なことが書いてある文章でも、また革新的なノウハウが詰まっているセールスレターやステップメールだとしても、
どの部分がそれに該当するかがわからなければその辺のゴミと一緒なんですよ。
つまり「解読」する必要があります。その時必要になるのが・・・

【具体的なノウハウを教えてくれる教材、さらに】

クールやコンサルになるのです。
つまり、教材やスクールの正しい使い方は、普通なら見過ごしてしまう渾身の一撃をちゃんと自分で読み解いて解読できるようにあるために使うのです。
あとは、自分でそれを再現できるようになることですね。
石板を読み解いたら、同じ文字を書けるようになりましょう。
ここまでやらないと、つまり実践が無いとあなたの口座に入金がありません。

【教材やスクールで本当に手にするべきもの】

なたがネットビジネスで稼ぐために教材やスクールを利用する時、そこで手にすべきは隠された暗号を読み解く力、気づき力です。
より多くの暗号を解けるようになれば、それだけあなた自身が仕掛けられることが多くなります。
戦略が増えるということです。
その意味で、ピンときた教材やスクールには定期的に入ることをお勧めします。
実際長期的に稼いでいる人はなんやかんやで新しく情報教材やスクールに入っています。
情報を常に最新のものにしておく。時代の流れを読めるようにしておく。
というのが生存戦略で一番重要だと知っているからですね。
例外として、その教材やスクール自体に「定期的なアップデート・新コンテンツの追加」が約束されているなら無理に新しいものを買う必要はありません。
そういった機能がないのに、「もうこれ以外の教材やスクールに入る必要はありません!」と販売者が能書きをたれているなら、それは単なる「ポジショントーク」なので無視してください。

【あとは実践あるのみ】

体的なノウハウゾンビもいけませんが、「勉強ゾンビ」もダメです。
ゾンビなのでヘッドショット確定です。
最低限のことを勉強したならあとはつべこべ言わず実行に移しましょう。
どうせ上手くいかないことが起こるんですから。
それを怖がっていたらいつまでも先に進めません。
ゲームは説明書だけ眺めていても楽しくなくないですか?
ゲームオーバーなんて承知の上で始めるはずです。
ネットビジネスだって失敗しても殺されるわけじゃないんですから気楽にいきましょう。
それでは!

著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA