経団連会長「終身雇用を続けるのは難しい」


年金制度にもガタが来て、でも生きるには働き続けるしかないこのいびつな社会。
終身雇用がもはや過ぎ去った前世紀のものであることはみんな薄々気づいていたこと。
だから今更感はあるけど、
これを聞いて国や企業に「ふざけんな!」と不満をぶつけるのは間違い。
むしろ、経済界が「もう無理っす」と宣言してくれたことで、
「新卒で良い会社に入って定年までしがみつくモデル」の崩壊が
ようやく世間レベルでも知れ渡ることになる。
もう個人でサバイバルして生きるしか、これからの時代を生きる道はないとそろそろ気づこう。
これは険しい道に見えるかもしれない。
でも今はネットの力を使うことで、個人でも十分に稼いで好きに生きることができる。
若い人ほど、どうかこの事実に気づいて欲しい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA