集客のことを考える前のチェックリストとは?

【集客の具体的な方法?】
「集客の具体的な方法が知りたい」という声をちょいちょいもらう。
答えは簡単だ。ブログを書くか、SNSで発信するか、広告を流す。以上。
正直これ以外にやりようがない。
無料でできる方法を(時間はかかるけど)地道にやるか、広告で一気に集めるか、
これが集客の具体的な方法です。
よく、「誰も知らない秘密の集客方法」といったものを探そうとする人がいるけど、
そもそも誰も知らないならそこに人はいないので集客のしようがない。
【集客云々語る前に、さ】
やたら集客のことを気にする人にまず聞きたいのは、
・あなたの根本的なコンセプトは何か?(何を伝えたいのか?)
・売る商品は何か?(もう決まっているか?)
・その商品を買う人、その商品に興味を持ち得る人はどんな人か?
・その人は今どんなことに悩み、どんな問題を解決しようとしているか?
・その人はあなたの商品に触れることで悩みや問題を解決できると思えるか?
・そうだとすればそう確信できるだけの理由を5つあげられるか?
ということくらいは最低でも決まってるんですよね?という話。
要は、「人さえ集めりゃなんとかなる」と、
なんの準備もしないで考える人が多すぎるということ。
こんなふうに考えていいのはすでに上記の要素が決まり、
狙ったターゲットに狙った商品をある程度成約させている人ね。
この場合は本当に一定数見込み客を集めて一定数売れるという仕組みが
そつなく機能するので、広告を回してあとは放っておけば良い。
【集客に魔法なし】
集客に特別なことはありません。
「集客・教育・販売」という順番で自動化を考えることは多いですが、
これはあくまでお客さんが辿る順番であって、販売者が辿るのは
・販売(する商品、コンセプトを決める)
・教育(で語る内容を商品に沿って決める)
・集客(するためにどんなターゲットにどんな言葉を投げるかを決める)
という順番です。
ぜひこれは覚えておきましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA