終身雇用は崩壊、年金も危うい…中高年サラリーマンの絶望


そう。「終身雇用」なんてもはや近現代の歴史で載せてもいいくらいに過去の制度だ。
「今の時代のものではない」ことをそろそろ認識しなければならない。
それなのに、過去の制度を維持または復活させようなんて参勤交代や尊属殺を復活させることくらい馬鹿げている。
まぁ、それでも大多数の人は気づいてないんだけど。
でも、終身雇用制度も終わり、年金制度がもはや機能しないことはみんなうすうす気づいている。
だから国会議員もぽろっと本音をもらす。

 
国会議員の失言(本音)として撤回されてしまったけど、むしろ2000万円で自分の老後が安定するなら安いほうなんじゃない?
「2000万円を貯蓄するなんて無理!」という意見が多いけど、自分でビジネスを作って稼げば、すぐにとは言わないけど2年もあれば結構射程圏内に入ると思うけどなー。
いずれにしても、終身雇用制度は終わった。年金も終わった。
国の人間はもう
「副業でスキルアップを(これ以上給料上がんないから自分で稼いでね!)
「年金はもう無理だから自力で2000万貯めてね!(失言として撤回したけど本音だよ!)」
としか言えない。
だったらわかりやすい。自分で稼ぐ道を作ろう。
それに気づいた人たちはだんだん動き始めてる。
組織に属さず、完全に自分が支配する経済圏を作って、
年収1000万なんて最低ラインにも満たない世界で生きている
それがよほどクッソ面白くないのか、逃げ切り世代のオッサンたちからは・・・

しかしシニア世代からは「世の中のポジションとして、その人の人生として、どれだけの価値があるかな」「勤勉に、蟻のように働くのが日本人会社に属さないといけない。それが日本人の特性」「安定という意味では不安なところがあると思う。長女の結婚相手とかになるとちょっと考えてしまう」「だめ。今の典型的な若い連中は縦社会を嫌う。ルールがあるから自由がある。ルールがあることを煩わしいと思っていること自体がおかしい」と否定的な意見も聞こえる。

 
勤勉に、蟻のように働くのが日本人?
会社に属さないといけない?それが日本人の特性?
安定という意味では不安なところがあると思う?
ルールがあるから自由がある?
ルールがあることを煩わしいと思っていること自体がおかしい?
まったく。どこから突っ込めばいいのやら・・・
要するに「自分は若い時から不自由な思いをして奴隷生活を頑張ってやっと年金逃げ切り世代になれたのに、自分の孫の世代の若者が若くして自由に金を稼いで好き勝手生きるのはけしからん!」ってことでしょ笑?
完全に嫉妬じゃん。
もう勘弁してよ笑
蟻のように働くという奴隷根性とか、意味わかんない。
誰の人生をあなたは生きているの?
会社に属さなといけない?
その会社に属したところで、給料は最大でいくらもらえるの?
その会社は、今の若い人たちが定年を迎える頃まである?
会社に属すことが安定?今は40代で首を切られるのに?現実が見えて?
他人が作った100%他人の都合の良いルールが煩わしくなくてなんなの?
それを煩わしいって思えないことこそが、もう奴隷洗脳完了のお知らせなんだよね。
とまぁいろいろ思ったわけですよ。
古びた人間の「かくあるべし論」。
それを逃げ遅れ世代の20代が真似したところで未来はない。
これからの時代、安定は自分で生み出せる。
「適切なロジックに裏付けされた知識とスキルがあれば、
お金なんて簡単に生み出せるんだよオッサン」
と、この記事をみながら囁いたのでした。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA