売る商品がない!そんな時のシンプルな考え方とは?

【売る商品が、ない?】

「自分には売る商品がありません。そんな時はどうすればいいですか?」
という相談も何気に多い。
これって「私には発信する内容がありません」という質問と本質は同じ。
誰(どんな見込み客)に何(どんな商品)を発信すれば(売れば)いいかわからない。
ということだ。だから根っこは同じなの。

【考え方は2つある】

売る商品がないからといっても、ゼロから考える必要はない。
そんなことをしていては売上げが永遠に発生しない。
売る商品、その基準はすぐに決めることができる。
1:すでに市場が確立しているジャンルで自分が興味を持てそうなものを選ぶ
2:過去の自分をお客にする

1について

売れるジャンルって実は決まっている。
主に人間の悩みに関するもの。
ダイエット、恋愛、モテ、ファッション、復縁、占い、お金、投資、スポーツ・・・
こういったジャンルでたくさんの教材、スクール、コミュニティが発信されている。
であれば、すでにうまくいっていて自分が興味を持てるものを見つけ、
そのやり方を真似すればいい。
ビジネスは基本マネでいい。完全オリジナルのやり方なんてないし、
そんなことしていたら時間だけが浪費される。
すでにうまくいっているものをマネする

自分なりの工夫を追加していく

自分独自の形を確立する
まさに守破離の原則だね。
あと、自分で興味を持てるかということは大事。
売れている市場ならなんでもいいという意見もあるけど、
死ぬほど興味がないジャンルで頑張ったところで死ぬほど好きで取り組んでいる人たちには勝てない。
発信者(販売者)の熱量は驚くほどお客さんに伝わっていると思った方がいい。
メルマガ、ブログ、セールスページ全てに。

2について

これは個人的におすすめ。
過去の自分のことはあなたが一番よく知っているはずだから。
過去の自分がどんなことに悩み、怒り、嘆いていたか。
その時の自分にどんなサービスや商品があれば、もっと早く状況を改善できたか。
自分のことならいやでもそれがわかるはず。
であれば、それを基準に過去の自分を満たすための商品を、現在進行形で
過去の自分と同じ悩みを抱えている人たちに売ればいいだけ。
これすごく簡単。

【売る具体的な商品(コンテンツ)がない?】

ジャンルは決まったけど肝心な商品がないという場合。
これも考え方は2つある。
取り組みたいジャンルの商品をアフィリエイトするか、
自分で独自商品を作って売るか、このどちらか。
自分で作る場合は多少時間がかかるので、まずはアフィリエイトから始めるのが一般的。
で、その販売者の売り方やコンテンツの作り方、配り方を観察して、
今度はそれを自分でやればいい。
まさに私が辿ってきたのが、このようなやり方だった。
おそらくこれがもっとも単純、かつ結果の出やすい方法で、
最終的にスケール(売上規模を拡大)できるやり方。
参考までに。
■追伸

ちなみに「売る商品=お金になること=人の悩み」という根本的な考え方もおさえておくとなお良し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA