「2000万円問題」の影響?ホワイトカラー正社員の8割以上が「少なくとも65歳まで働く」


本当にそれでいいのだろうか。
65歳まで働くと宣言しても、体力は年を追うごとに衰えていくし給料も今の水準で保証されているわけではないでしょう。
何事もそうだけど今の基準でこのまま進むとは思わないほうがいい。
特に今は変化が激しいからなおさらじゃないかな。


終身雇用に浸かりすぎるとサバイバル能力が失われていく。
常に一定額が毎月支払われることが自力で生きる能力を消していくからだ。
これの何が残酷かって、ある程度年を取った段階でリストラされて放り出された時、もう本人には新しい能力を獲得する余裕が無いこと。
よくプロスポーツ選手が戦力外通告を受けて路頭に迷うシーンが放送される。なぜ露頭に迷うのか?彼らはそれ(スポーツ) 以外の生き方を知らないからだ。それ以外でお金を稼ぐ方法を知らないからだ。だから路頭に迷う。
これはサラリーマンでも同じ現象が起きる。その業界、その会社以外での生き方を知らないと、ある日突然放り出された時露頭に迷う。露頭に迷うと表現しているけど、要は生活できなくなるってことだからねこれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA