実績ゼロでもライバルより目立って稼ぐ方法

ネットビジネスに限らず、現代社会は選択肢の大洪水が起きています。
家、車、スマホ、オーディオ、ヘアサロン、・・・
個人の生活を構成するあらゆるものに、それぞれ細かな選択肢が存在しています。
なので人は、迷います。「結局どれがいいんだ」と。
そんな迷える見込み客たちの心を引き留めようと、企業はあの手この手で見込み客の注意を引こうとします。
その結果、リアルでもネットでも見上げれば広告で溢れかえって、かえって人々をウンザリさせる悪循環になっているわけです。

【もうスペック勝負ではキリがない】

広告で特に意味のない戦略は、「いかにその商品のスペックが高いか」という話題です。
難しいカタカナを並べられても見込み客は混乱するだけです。
その商品を買えばどんな未来に行けるのか、というイメージを伝えないとダメなんです。
だから最近の車のCMは家族で楽しく旅行をしている様子を描きます。
ウォークマンのCMは再生ボタンを押したら雑音が消えて音楽のみが聞こえる様子を描きます。
「あなたはこの状態を手に入れますよ」というイメージがすぐにつくものが、忙しい現代人をキャッチするコツです。
商品のスペックなんて今時どれも大差ありません。
なのでこれで勝負しても意味がないとはいいませんが、競合も似たようなもんなのでキリがないんですよね。
目立たない。
目立ちたければ他が作っていない、見込み客が共感するストーリーを見せることを考えましょう。

【個人ビジネスの場合はあなたのファンにしてしまえ】

あなたが個人ビジネスを展開しているなら、さぞライバルと削り合う毎日に疲れていることでしょう。
個人ビジネスでも場合によっては最悪、企業とも戦わなければなりません。余計忙しいですよね。
ただ、個人ビジネスこそ、見込み客に細かいフォローができるので強みになります。
「そのテーマにおいてはあなた以外の選択肢以外考えられない」という状態にしてしまうということです。
例えばヘアサロン。
たいていの人は同じスタイリストにいつもお願いするはずです。
でも変な言い方ですが、そのスタイリストが必ずしも業界トップではないはずです。
他に探せば、というより同店舗内でも、レベルの高いスタイリストや賞を獲るような人がいるはずです。
ではなぜそういった実績が無い人でも固定の客が付くかといえば、それはその人の強みがあるからです。
・毎回細かな提案をしてくれる
・話が面白い
・スタイリングのアドバイスをしてくれる
・とにかく仕事が早い
などなどいろいろ要因は考えられますが、要はスペック以外で他に差をつけることなんていくらでもできるということです。
これができれば、たとえその人がお店を移ってもお客さんはついてきます。

【個人ビジネスも一緒です】

ライバル、有名人、有名商材、そんなもの腐るほどあります。
純粋にスペックで勝負したら余裕で負けることの方が多いでしょう。
でもそこに目を向けていてもダメです。彼らはあなたにお金を払わないからです。
あなたにお金を払うのは誰ですか?お客さんですよね。
なのでお客さんが喜ぶことをしましょう。これで圧勝できます。
業界問わず、見込み客が求めているのは手厚いフォロー(サポート)です。
特に教育(スクール)系の商材はテンプレ通りのサポートに不満を持つ人は多いので、そこであなたがここぞとばかりにオーダーメイドのサポートをしてあげればどうなりますか?
「この人は他とは違う」そう思ってもらうことってそんなに難しい話ではないとわかるでしょう。
このブログはネットビジネスで稼ぎたい人も多く見ているので言いますが、マジでサポートは「ガラ空きの市場」です。
市場ですよ。ここをなんでみんな取らないんだろうというくらいガラガラしています。
・この教材や200ページ声の大ボリュームでー
・このスクールでは100時間超えの動画コンテンツがあってー
・参加者は○○といった実績があってー
というまぁどこかで聞いたフレーズでしか勝負していません。
だから「サポートを無期限で行います」というだけでもかなり目立つんですよね。
そんなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA