ネットビジネスド素人でも1か月以内に芽が出る人と出ない人のシンプルな差とは?

「3日に1回は初心者が入ってくる」とまことしやかに言われるネットビジネスの世界。
それだけ初心者が多い世界ということですね。
そしてそんな初心者でも1か月や2カ月で給料を超えるような収入を実現してしまうのがこの世界でもあります。
反対に何年経ってもうだつが上がらずに迷走を続ける残念な人が出てしまうのもこの世界であります。
ちなみに私は2011年から初めて3年くらい路頭に迷っていました(# ゚Д゚)
今となってはその理由も明確なんですが、右も左もわからない初心者のころは何が本当に正しくて何がマジで避けた方が良いかなんてこと、わからないですよね。
なので今回は、初心者でも短期間で結果が出る人と出ない人の差というものを探ってみようと思いますぅ。

芽が出ない人の特徴

ネットビジネスで結果が出ない人は、そもそもの思考が終わっている人です。
物事をとらえる力が無いというか、常識が無いというか、そんな感じです。
学力に限らず物事の本質を見抜く力って読書でもしていれば割と簡単に身に付くのですが、こういう人たちって多分、本を読んでいないのでしょう。そりゃカモられるわ。
ネットビジネス業界に生息しがちな「マジで思考が終わっているヤバい人」っているんですよ。
思考が終わっているヤバい人というのは、簡単に稼げそうな情報にすぐ飛びつく人を指します。
例えばこんな感じ。

この手の人が99%ですけどね。ネット業界は。
上記のような見る人が見れば「100%情弱を狩るための情報(撒き餌)」に頭の弱い終わっている人は飛びつきます。
高齢者に多い、と思いきや意外と年齢問わず引っかかるんですよね。なんでだろ。
こういうカスみたいな情報で溢れかえっているから、「ネットビジネスは楽して稼げる」なんてアホの民が次々と生み出されてしまうんですよね。
Facebookでよく見るビジネスグループ(笑)でも、脳が溶けている人たちが「無料で稼ぐ」やら「即金で稼げる」といった案件を紹介し合ってますからね。
いつの時代も変わらないなーというか、野良ネコ並みに入れ代わり立ち代わり楽して稼げる案件らしいで溢れかえってます。

反対に・・・

私が提唱するような原理原則を染み込ませた王道の手法にお金をかけられる人って実はそう多くはありません。
なぜなら世の中の99%は「実際には儲からない手法」を「絶対に儲かる!」と信じるアホだからです。
「とにかくすぐに稼げる手法を教えてくれ!」って考えてしまう人ってそもそもインターネットビジネスを誤解していますしビジネスに向いていません。
インターネットビジネスは「ビジネス」なんですよ。
ビジネス(商売)って商品とお客さんがあって成立するんですけど、上記のアホの民はなんかこう、「ネットというツールで現金が生み出される幻想」でも持ってるんですかね。
そんあアホの民はギャンブルに全財産でも賭けた方が向いています。
反対に、残り1%のきちんと情報と本質を見抜けるあなたのような人は文字通り少ないのです。
もちろん、これからの新しい時代でどちらが生き残り、またどちらが支配する側に回るかは考えるまでもないですよね。
もろもろ踏まえて、1年後、5年後、10年後のあなたにとってどうするのが最善か考えるのもアリだと思います。
■筆者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA