UVERworld 東京ドーム2Days:Day1:UNSER TOUR

2019年12月19日、新アルバム「UNSER」を引っさげての東京ドーム公園。
前回から9年ぶりとなる。
そして今回は2DAYS公演。1日目は※アルバム曲をメインとしたツアーライブ。
※新アルバムお披露目のツアーライブとは思えないくらいの「ベスト盤過ぎる」内容でした


2日目、つまりこれを書いている今日行われるのは前人未到といわれる男だけの祭典、UVERworldの夢にして呪い、「KING’ SPARADE 男祭り FINAL」だ。
昨日行われたDAY1のセトリは以下の通り。
UVERworld「UVERworld LIVE 2019 at TOKYO DOME」2019年12月19日 東京ドーム セットリスト
01. Touch off
02. WE ARE GO
03. stay on
04. 境界
05. ナノ・セカンド
06. 在るべき形
07. ODD FUTURE
08. world LOST world
09. KINJITO
10. NO.1
11. PRAYING RUN
12. Making it Drive
13. ALL ALONE
14. THE OVER
15. 和音
16. Massive
17. First Sight
18. EDENへ
19. UNKNOWN ORCHESTRA
20. Don’t think.Feel
21. Q.E.D.
22. 零HERE~SE~
23. IMPACT
24. AFTER LIFE
25. 0 choir
26. 7日目の決意
27. MONDO PIECE
太字は私がただただ泣いていた曲。
こう観ると27曲も歌っていたのか。あっという間だった。
このセトリを観ると、どれだけ本気だったのか改めて分かる。
普通ならライブの締めで行うような楽曲をほとんど前半で歌いきり、後半は近年のUVERを代表する曲が占めている。
「俺得が過ぎる」ベストアルバムを生で聞かせてもらっている気分だった。泣くしかない。好きになってよかったと思わざるを得ない時間だった。
「No.1」が好き過ぎる私はこれが流れたときにいろいろな思いに襲われた。
「自分の生き方が正解かどうかは自分で決める、世間がなんと言おうが自分の自由」そんなことをこの曲に教えてもらった。
この曲は9年前の東京ドームでオープニングを飾った曲。当時はまさにこの曲が東京ドーム最初の曲として公表されていたこともあり(たしか)色んな意味を背負った曲だった。
当時の私といえば大学受験を控えた受験生。当然ライブには行かず、この様子は年明けに WOWOW で観た。
高校に入ってからUVERを知り、彼らの言葉にのめり込み、あれから10年も経ったのかといろいろ感慨深い。
私の精神的な成長というのか価値観の醸成というのか、うまく言えないが間違いなくUVERの言葉が99.9%影響している。
残り数%は大学1年の9月、絶望から始めた1000冊以上の読書と、社会が用意した正解の生き方ができなくて始めた1000万以上の頭脳への投資。
これらも量はあるけどUVERが私に与えた影響には及ばない。
私も曲がりなりにも、言葉で誰かに影響を与え、お金をいただくことをしている。
だからこそUVERの、TAKUYA∞ の言葉は刺さる。もう穴が空きそうだ。
世間に押し潰されてしまう現代社会で、私たちは生き方の選択を実は突きつけられている。
会社に定年まで勤めてその後は年金暮らしなんて、もはや古事記に匹敵する話だ。
ただ漫然と生きるだけでは、どんどん不利に不利になっていく。
だから生き方を選択しなければならない。政治に不平をこぼしている場合ではない。
あなたは何になりたいのか。どういきたいのか。どう死にたいのか。
それをちゃんと答えられる人が、令和を多分、ちゃんと生きられる。
とりあえず開場まで1時間を切りそうなので、この話はまたどこかで。
■著者プロフィール




 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA