月収1170万円の中学生キメラゴン。とうとう月収8桁稼ぐ中学生が出てきたか・・・

ネットビジネスで月100万円以上稼ぐ大学生な人たちが出てきた時は驚いた。
とうとう会社に就職する前に会社員以上に稼ぐ層が出てきたと。
メルカリなどのフリマ系のアプリを使って月30万円くらい稼ぐ中高生が出てきた時は驚いた。
とうとう大学に行く前に親の収入を超えてくる子たちが出てきたと。
YouTubeのおもちゃレビューで年収12億円稼ぐライアン君が出てきた時は驚いた(ただぶっ飛びすぎて現実感は無かった)。
「ライアン君みたいなのは例外。未成年が稼げてもせいぜい転売系までだろう・・・」なんて思っていた自分はまだまだ世間知らずのようだ。
そして、情報発信で月収8桁(1000万円)稼ぐ中学生(キメラゴン)が登場してしまった。

どこか古き良きネオヒルズ時代の香りを感じるヘッダー画像。
Twitterでフォロワーを集めてnoteを売って月収1170万円・・・
よくよく探してみると情報発信で稼いでいる中学生って結構いるのね・・・アラサーびっくり。
中学生(高校生も)と言えば、私の中の最新のイメージは塾に来ている生徒たちだ。
部活や受験や恋愛やらでとにかくテンションが高い、でもたまに死ぬほど元気が無い、オトナから見れば取るに足らないテーマで心底悩む、そんな世代(時期)だと思っていた。
が、人によっては軽く大企業のエリートサラリーマンを超える収入を得ているのだ。
もう誰も言い訳できない。
「ネットビジネスはもう稼げない」とか言えない。
「アフィリエイトは飽和して稼げない」とか言えない。
「アフィリエイトは時代遅れ」とかも言えない。
「アフィリエイトはオワコン」もダメです。
それらの言葉を発した瞬間、今まさにネットビジネスやアフィリエイトで死ぬほど稼いでいる彼らに、いよいよ情報に取り残された老害認定をされてしまうだろう。
こんな感じにね☆


年齢がどうとかも関係ない。だって、絶賛「義務教育期間中」の中学生が至極王道的な手法で稼いでいるんだもの。
「ネットビジネスは誰でもどのタイミングでも稼げる。あとはやるかやらないか」なんてことを自分も言ってきたけど、ここまでくると本当に「やるかやらないか」というシンプルな結論に至ってしまう。
わかりやすくて良いけどね~
そんなお話。
■追伸
とはいえ、自分の教え子(ビジネス)にも高校生や大学生がちらほら入っているのを見ると、マジで年齢に関係なく本人の意識次第でどうにでもなるとは思う。
実際、誰に教わるでもなくココナラでサービス販売を始めた子もいる。
友人や先生を集めてちょっとしたセミナーを開き、最後におすすめのサービスを紹介(アフィリエイト)するなんて子もいる。
ちなみにどちらも、同一人物。たくましい限り。
やろうと思えば、自分中心の経済圏を作れるんだよね、もう。
良い時代になったもんだ。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA