「ネットビジネスもう稼げない説」が通用しない理由。

「ネットビジネス 稼げない」
「アフィリエイト 稼げない」
「アフィリエイト 辞めた」
これまでどれほどこの言葉を見てきたかわかりません。
私も稼げない頃は、「結局ネットビジネスで稼げるようになった人はたまたま運が良かっただけで、本当はもうバブルが終わって稼げないんじゃないか?」なんて思ったりもしていました。
むろん、それが誤りであることは今の私、そして私から学ぶコンサル生含め日々証明してくれています。
正しいことを正しい順番でやれば、「1+1=2」であるのと同じくらい「順当に」結果というものは出ていきます。
先日はあるコンサル生(女性)が、セールスレターや満足なステップメールもない状態で30万円のコンサルを売るところまで来ました。
これはラッキーパンチではなく、彼女自身が基本と原則を守ってビジネスを作ったからこそ手にした必然でした
「やることをやれば、守ることを守れば、ネットビジネスは稼げる」これが最近の答えです。

ネットビジネスは稼げないというオトナ諸君へ

ネットビジネスが稼げないという理由は何でしょうか?
今現在、どんな手法をどれだけ、どのくらいの期間実践しているでしょうか?
「自分のビジネスである」という責任感を持って取り組めているでしょうか?
「絶対に稼ぐ」という意思で取り組んでいるでしょうか?
少し取り組んで少しでもうまくいかなければ投げ出したりしていないでしょうか?
きちんと教材やスクールで勉強していますか?
まさかとは思いますが、ありもしない「3タップで月収1000万円稼げる」みたいなものを信用してませんよね?
だとしたら論外です。
そうではなく、ブログやYouTube、TwitterやFacebookを使った何らかのネットビジネスに取り組んでいて、結果が出ていないならどこかに問題があるのかもしれません。
私は作業(あと、アカウント消滅リスク)が死ぬほど嫌いなので上記のビジネスモデルには手を出しませんが、今でも普通に中高生が月30万、100万と稼ぎ出すような世界なので取り組む意義はあるでしょう。
私は絶対にやりませんが笑

中学生に負けるオトナたち

勉強の知識量でいえばオトナよりはるかに少ないはずの中学生が情報発信で稼いでいます。
「なんでだろう?」といろいろ考えてみたのですが、学校の授業以外の無駄な情報(社会のどうでもいいルール、お金は働いて稼ぐものという洗脳)に完璧に汚染されるかされないかのタイミングなので、ビジネスの原理原則さえ知ってしまえば(言い方が良いか悪いかは別として)中学生程度でも稼げてしまうんですよね。
月100万、500万円と稼ぎ、同じ起業家との人脈を広げていく彼ら彼女らを見たときに、「ネットビジネスなんてもう稼げない」「アフィリエイトはオワコン」とうそぶいていたオトナたちは何を思うのでしょうか?
彼らがネットビジネスを始めたのは、ここ数年の話です。真面目に逆算してもここ3〜4年以内。
つまり、2016年とか。
この頃のネットビジネス業界は大抵の稼ぎ方が出揃っていて情報販売もジャンルが固まってきた頃です。
あと仮想通貨の話題が爆発する少し前くらいでしたね。
この頃もやっぱり、「ネットビジネスはもう稼げない」とかそのへんのことは散々ネットの掲示板などで言われていましたし、私自身アンケートなどで同様の回答をもらっていた頃です。
この時、同じ時間軸を生きていた今の中3生や高校生がネットビジネスを始め、やがて稼げるようになっていったんですよね。
もしかすると、いやもしかしなくても、高い教材やスクールに入るお金は無いはずなので自力で全部調べてわずか2〜3年の間にちゃんと稼げるようになったということですよね。
もし彼らがまともに教材やスクールで勉強していたら、稼ぐまでの期間はもっと短縮されていたと思うと恐ろしいとすら思います。

ネットビジネスは稼げないというオトナ諸君へ

もう答えは出てますよね。ネットビジネスは稼げます。アフィリエイトも稼げます。情報発信でも情報販売でも稼げます。
あとはやるのか、やんないのか、という非常にシンプルな2択です。
あ、そうそう。
「ネットビジネスで稼ぐ中学生や高校生の中には学校に行かず不登校の人もいる。つまり時間があるからそんなことができるんだ」
なんて的はずれなことを言い出すポンコツがいるかもしれないので一応言っておくと、普通に学校に通いながら稼いでいる子もいるので、その反論は無意味です。
何なら学校の友だちや先生を自宅に呼んでセミナーを開くような猛者もいますからね。
てか、時間が無い無いって言うオトナ多いんですけど、普通に休みの日があるはずで、その時間でやればいいじゃないですかという話です。
時間やお金の問題を持ち出すやつに限ってちゃんとやっていない。あると思います。頭を使おう。工夫をしよう。
さらにいうと、せっかくネットビジネスに取り組むなら仕組みを作らないと旨味が無いです。
結局、上にも少し書きましたが継続的な作業が大前提となってしまうモデルは、たしかに必然的に日々時間を捻出することが要求されます。
だとすれば、自分が動かなくても稼いでくれる仕組みを早々に完成させた方が「おりこうさん」ということですね。
そんなお話でした。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA