コロナウイルス危機で大失業時代になったとしても、個人の対策はわかり切っている。


「さくら」の満開よりも世間に飛び交うのは「ころな」か「かふん」の今日この頃。
コロナウイルスについて語るネットニュースの中は単なる感染者の話から徐々にそれがもたらす経済危機を深刻に触れるものが増えてきました。
「コロナウイルスがもたらす世界恐慌」
「コロナウイルスがもたらす大失業時代」
そんなありそうで無さそうな、でも現実味を帯びている現象が近付いています。
この結果が目に見えてわかるのは来月以降、各企業の資金繰りがいよいよピンチになった時でしょう。
現時点で倒産している企業もありますが、これらはまだ始まりに過ぎず、全体的な被害は今後さらに(5~6月ころ?)明らかになっていきます。

残念ながら誰も助けてくれない

世界が危機を迎えている中、「今こそ団結してかつて敗戦から立ち直ったような日本になろう!」的なことを言っている人がいます。
ただ敗戦後の復活劇の背景にはアメリカの保護貿易と朝鮮戦争特需があったわけで、日本は結構な外的要因に助けられています。
でも今回はその頼り先の「外的要因」がことごとく扉を閉めているので、本格的なサバイバルが始まります。
世界各国が実質「鎖国」状態になりつつあるのです。

世界恐慌、リーマンとコロナウイルスの違い

今回のコロナ危機は生物学的要因で発生した不景気なので、金融緩和や財政出動といった経済政策では回復はできず、製薬会社や研究機関による治験薬の公表などがない限り、株価は低落し続けるでしょう。
災害による不景気は「復興」により回復し、バブル崩壊による不景気は「実体経済の成長」により回復します。
つまりそれぞれのケースで最適な「解決策」があるのです。
それであれば感染症による不景気は「ワクチンなどの開発」が当てはまり、それがなければ事態の解決に至るのが難しくなります。

種々の要因で雇用はどちらにしろ減る

そもそも、コロナが出る前の直近の社会の変化によって「終身雇用が現状維持できない」ことは誰が見ても明らかでした。
オンライン経由の商品・サービス販売が活発化して、人の手が加わっていた作業がどんどん機械化されれば雇用が減って当然です。
無論、社会を維持するために最低限必要な物流や小売り(コンビニ・スーパー)は残るでしょう。
でも国民全員がコンビニのレジ打ちをやるわけにもいかず、やはり仕事にあぶれる階層の出現は避けられません。

感染が終息したら平和な日々が来るのか?いや・・・

コロナウイルスの感染が終息しても、株価下落の本質的な原因ではないため、株価のきれいなV字回復は期待できません。
そもそも、緩和マネーと借金で積み上がったアメリカ金融市場は、新型コロナがなくても崩壊する時期にきていたからです。
今回のコロナウイルスでその動きが加速されたに過ぎません。
世界大恐慌前の1929年当時、9年間にわたり緩和マネーなしで積み上がっていた米市場は、崩壊後、ダウ平均が10分の1まで下落し、ほとんど灰になりました。
元の株価水準まで戻るのに25年もかかりました。
今回は、リーマンを遥かに超える緩和マネーと借金で11年間という史上最長期間で株価が積み上がっていますので、崩壊のエネルギーは尋常ではありません。
ひずみが解消されるまで年単位で下落が続きます。
さらに、今回は新型コロナに伴う経済破綻も加わります。

個人が取れる対策は?気づいた人は始めているかも。

コロナウイルスに端を発して各企業で導入され始めたリモートワーク(テレワーク、在宅勤務)。
企業の中には完全にリモートワークに移行したところも出てきました(株式会社ショーケース)。
やろうと思えばテレワークにできる企業は、コロナウイルスが終息しない限りその流れを進めていくでしょう。
すると、「個人が自宅でネットに触れる時間」がどうしたって増えていきます。
「テレワークで会社から給料が発生する」という状況をしばらく経験した人間は気づきます。
「家で仕事をしてお金を稼げるということは、ネットを使って稼ぐという話もあながち嘘ではないのか」と。
その後の流れはわかりやすいです。
上記の「気づき」得た人の中でさらなる行動力がある人は、実際にネットで稼げる方法を探し始めるでしょう。
Google、YouTube、SNSを使って情報収集する中でおそらく、「ブログで稼ぐ」「YouTubeで稼ぐ」「Twitterでnote販売して稼ぐ」「ココナラで稼ぐ」みたいな情報に出会うはずです。
こうしてネットビジネス人口が増えていきます。

個人、企業問わず、オンライン上に決済の仕組みは持った方が無難

いつどんなタイミングで企業が潰れ、個人の失業が起きるか予測がつかない現代では、できる限り「リアル」ではなく「ネット」で収入が発生する「何か」を持っておいた方がいいです。
現に、これだけ世間がコロナだ何だと騒いでいても、オンラインを主軸にしている企業や個人は大したダメージを受けていません。
ま、ここまで言っても実際に行動に移し始めるのは100人に1人もいないでしょう。
人間はそんなに行動力がある生き物ではありませんので。
そんなお話でした。
■追伸
既にネットビジネスを始めているなら、迷うことなく拡大させていこう。
この記事を読んでネットで稼ぐ必要性に気づいたなら、ぼーっとしてないでとっとと動き出そう。
今はどの状況の人にも、今後訪れる社会に向けた「仕込み」の時期だ。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA