副業ネットビジネスで稼ぐために必要な考え方。

「副業でネットビジネスをして稼ぎたい」
このように考える人は多く、実際にネットを使って稼げるようになる人は年代問わず出てきています。
ひと昔前は大学生、20代前半で月収100万円を超えれば「おぉ!」という感じだったのが、今では月収で1000万稼ぐ中高生が出現する有り様です。
一方で、ネットビジネスを始めたものの鳴かず飛ばずで終わる人がいるのも事実。
この差は何なのか?
稼げぐためにはどうすればいいのか?
やはり気になるところだと思います。

そもそもなぜネットビジネスで稼ぎたいのか?」を考える


ットビジネスの参入障壁は恐ろしいくらい低いです。
資格も免許も要らないので10分以内に何かしらの形で始めることができます。
どこでもできます。場所の制限がありません。
ふわっと始められるので、動機が不透明な人が多いです。
実はこれが問題です。
「そもそも何のために取り組んでいるのか?」が自分で分かっていないと、その後のすべてのアクションに迷いが出ます。
そもそも何に時間とお金を割いて取り組めばいいのかもわかりません。
つまり、「まとも」な行動がとれないということです。
これで結果を出せという方が難しいですよね。
あなたはなぜネットビジネスで稼ぎたいのですか?
理由、動機、何かしらあるはずです。
何でもいいんですよ。
遊んで暮らしたいとか、ブランド品を買い漁りたいとか、風〇に行きまくりたいとか、あなたが動く理由になるものなら。
ここで高尚な動機なんて要りません。
人間が動く時、それは少なからず本能と結びついているはずなので。

「稼ぐ手段がネットビジネスである必要性は何か?」を考える


もそもなんで稼ぎたいかといえば、お金が欲しいからですよね。
稼ぎたい人は現金が欲しいわけです。
その手段として、ネットビジネスが選択肢に上がっているのだと思いますが、そもそもなんで稼ぐ手段がネットビジネスなのですか?
「現金を得る」ということなら、副業でもなんでも他にたくさんありますよね。
新聞配達のバイトでも、工事現場の日雇いでも、探そうと思えばマジでそこそこの数があります。
現金を得る方法はネットビジネス以外にもあるのです。
この視点が欠ける、要は、「自分は現金が欲しいから稼ぎたいんだ」という視点が欠けると、そのうち「ネットビジネスで稼ぎたい」「ネットビジネスがしたい」という謎の目的に変わっていきます。
いやいや(笑)
あなたは「ネットビジネスがしたい」からネットビジネスをしているのですか?
違うでしょ(笑)?
「お金(現金)が欲しい」から、その手段としてネットビジネスをしている、またはこれからするんですよね?
で、その稼ぐ手段がネットビジネスなのは、なぜですか?というお話です。
この理由をきちんと答えられるようにしてください。
もし答えられないなら、それは怪しい情報起業家の怪しげな情報に毒されている証拠です。
完全にあなたの頭の中の手段と目的がごちゃごちゃになっています。

「稼げないと何か困ることや不利になることがあるか?」を考える


ットビジネスに取り組まないと死刑になりますか?
副業で稼げるようにならないと死刑になりますか?
なりませんよね。
人間が生命を維持するために、「食う・寝る」以外で本質的に「取り組まなければならない」、なんてことはないわけです。
極論、働かなくても生きている人っていますよね。
河川敷のホームレスはその究極の姿です。
上級者になると、下に何も敷かずに直接寝ているホームレスもいます(気になる人は夏期の日本橋へGO!)。
もちろん、「今よりも稼げるようにならないと種々の原因で困ることがある。だから稼ぎたい」というあなたなりの理由はあるでしょう。
でも万が一、それが達成されなかったとしても、気持ちはウンザリするくらい沈むと思いますが別に死ぬわけではないんですよね。
日本で生きているなら、仮にすべてを手放しても最低限レベルで生活することはできます。
手続きは用意されているのです。
で、あなたはなぜ稼ぎたいのですか?
稼げないと何か困ることがありますか?
その困ることは死ぬことよりも苦痛ですか?
もし苦痛なら、それは取り除かなければなりませんね。
さっさと稼げるようになりましょう。

確かに楽して月100万円以上稼げる。でも「最初から」ではない。


状します。
私は1か月の収入を得るための稼働(労働)時間が多分4時間もありません。
このブログも完全に趣味で書いています。
昔から何かを発信したりするのが好きだったので、ただただ惰性で続けています。
「この記事でひと儲けしてやろう(゚ω゚∀゚ω゚∀゚ω゚∀゚ω゚)ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ」なんてこれっぽちも思っていません。
さて、普通の人の労働時間が仮に「8時間×5日×30日=1200時間」だったとしましょう。
この場合の収入がだいたい額面で25~30万円くらいですか。
私の労働時間は「(多くても)4時間」です。
つまり、普通の人の「300分の1」時間で3倍以上は稼いでいるわけですよね。
まぁ、「楽して稼いでいる」といっても嘘にはならないと思います。
が。
だからと言って「最初から何もしないでこの状態になる」わけではありません。
そんなわけがありません。
あたりまえですが。
稼ぐための知識のインプット、稼ぐための仕組みの準備。
私の場合はトータルで2~3カ月ほどの準備期間がありました。
これらを経て、まずは20~30万円稼げるようになって、あとは出た売り上げを広告に回して売上げと利益を倍々にしただけです。
どちらにしても「最初から」、「楽して」、稼げるワケではないということですね。
なぜこんな小学5年生でもわかるようなことを、わざわざ文字にしてあなたの前に表示しているのかといえば、世間には小学5年生以下の馬鹿な大人が驚くほど多いからです。
設置するだけで自動で月1000万稼ぐツールがあると言われればそれに飛びつく馬鹿。
世界の富裕層が独占する年収1億円になれる秘密のアプリがあると言われればそれに飛びつく馬鹿。
リスクゼロでFX投資で月1000万稼ぐ自動売買システムがあると言われればそれに飛びつく馬鹿。
馬鹿ばっか。
FXなんてまともに取り組んでも資産を溶かす人がいるのにリスクゼロなんてあるわけないじゃないですか。
こういった情報がネットには思いのほか溢れているので引っかかる人も多いです。
(そもそもなぜ引っかかるのか理解できないのですが)
スキルを身につけましょう。知識を得ましょう。
話はそれからです。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA