コロナウイルスで外出自粛、この間に決まる「次の格差」。

コロナウイルスで外出自粛ムード。
ムードというより政府や各都道府県で「要請」レベルの話は出ているから遠回しかつやや強めに「出んな」と言われているのはたしか。
おかげで店舗営業系のお店は打撃だろうけど、まぁ時勢だ。仕方がない。
老人だろうが若者だろうが、感染の先に待つ危険が大きいのは変わりないのだから、無駄に派手に動く必要はない。

だから家にいるのが無難

企業もテレワークを採用できるところは続々と導入している。
小中高大の各教育期間も休みの期間をゴールデンウイークくらいまで延長しているところも多い。
逆にこの最中にあって、「休む、外に出さない」以外の選択肢をとる空気読めない組織は学校だろうが会社だろうがその後の評価がだだ下がりだろうね。
情勢が情勢だから外に出られないのは仕方がない。
世界の人間、ほぼ全員が家にいることを迫られている。
ただそんな期間も、たとえ長期にわたっても永遠ではない。どこかで折り合いがつく。

問題はその後

この家に引きこもらざるを得ない期間をどう過ごしたかで、その後の能力に差が出る。
例えば長期の休みの間、ゲームやマンガで埋め尽くされてしまった学生の学習能力は終わる。
この間に毎日30~1時間でも学習する環境を継続できれば、とりあえず応急措置としては十分であろう。
「学校が再開してくれなくては教育ができなくて困る!子供は家で勉強しない!」と嘆く親がいる。
大変申し訳ないが、その子が家で勉強しないのは100%親の責任だ。
これは「親が家で勉強を教えないからだ」なんて話ではない。
別に親が子供に勉強を教える必要はない。
子は親の言語環境下で育つ。
親の言動、それに連なる思考や価値観にそのまま影響を受け、マネする。
親が休みの日に寝っ転がってテレビやゲームにふけっているなら、子も同じようになる。
親が空いた時間に黙々と読書をしているようなら、子も同じように本に向かい、勉強する。
塾に行っているとか行っていないとか、マジで関係ないんだよね。

これ、大人も同じだから

在宅勤務で必然的に家で過ごす時間が増える。
コアタイムはリアルタイムで行動を監視されていたのだとしても、デスノートの夜神ライトのように360度隅々まで監視カメラに覆われていなければ、ポテチにテレビを仕込まずとも「完全犯罪」でサボることは可能だ。
ウェブカメラで相互監視し合っている間は無理だが、基本的な繋がり方がチャットワークやスラック(slack)ならマジでサボり放題だと思う。
とにかく、実質的な自由時間が増える。
さて、ここでコロナ終息後に何が起きるか?
自由時間をきちんと自分の成長のために使えたか、それ以外かで修復不能な差がついている。
前述の小中高生(大学生)のように、毎日30分でも読書やスキルアップに使えたのか、その30分ですらゴロゴロ過ごすことに充ててしまったのか。
この差が毎日蓄積されていっていることに気づいているのだろうか。
こうなったらもう連続性のある格差ではなく、完全に住む世界が違うレベルの差になるだろう。
ま、この手の話って、そもそも普段から成長意欲強め人間にはあまり関係ないんだけどね。
そんな人は放っておいても時間を見つけて勉強する。
むしろこのコロナ騒動も1つのチャンスと見てスキルアップに繋げるだろう。
逆に普段から指示待ちで飼われているような人間には、自分から動いて何かを生み出す思考に欠けるから地獄でしかないと思うね。

コロナウイルスは人類の選別でもしているのか?

これは単なる妄想だが、そんなふうにも思ってしまう。
・情勢を読んで適切な行動を取れる奴は誰か?
・限られた状況下できちんと進化のための行動を取れる人間は誰か?
「上記をクリアした人間を次の時代での上位種としよう」なんて地球の意思でもあるのかなと。
まぁ、完全なる妄想です。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA