コロナによる「新しい生活様式」でどう稼ぐべきか?

コロナウイルスはとうとう日本人の生活スタイルまで変えるようだ。

■一人ひとりの基本的感染対策

・人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける
・遊びに行くなら屋内より屋外
・会話をする際は、可能な限り真正面を避ける
・外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用
・家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる
・手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)
もはや外に出ないと死んでしまうパリピは絶滅危惧種になり、外に出ると死んでしまう陰キャの天下が訪れようとしている。
生態系が変わるぞ。
■移動に関する感染対策
・感染流行地域からの移動、感染流行地域への移動は控える
・帰省や旅行はひかえめに。出張はやむを得ない場合に
・発症したときのために、誰とどこで会ったかをメモする
・地域の感染状況に注意する
旅行に行けない。当然海外は当分行けない。
海外でオシャレな写真を上げることに命を燃やす「港区女子」「港区おじさん」属性も消滅するだろう。

■生活場面ごとの対応

買い物

・通販も利用
・1人または少人数ですいた時間に
・電子決済の利用
・計画をたてて素早く済ます
・サンプルなど展示品への接触は控えめに
・レジに並ぶときは、前後にスペース
いったい何人が守れるのやら。とりあえずネット決済系のビジネスは爆上がりしそう。

公共交通機関の利用

・会話は控えめに
・混んでいる時間帯は避ける
・徒歩や自転車利用も併用する
友達と遊ぶにも恋人とデートするにも、死ぬほど殺伐としそう。

娯楽・スポーツ等

・公園はすいた時間や場所を選ぶ
・筋トレやヨガは自宅で動画を活用
・ジョギングは少人数で
・すれ違うときは距離をとるマナー
・予約制を利用してゆったりと
・狭い部屋での長居は無用
・歌や応援は十分な距離かオンライン
ライブ行けねーじゃん。ライブできねーじゃん。
あとこれ、ジムとヨガスタジオの経営者はオンラインコンテンツ、オンラインサービスでも売らないと潰れるだろ。

食事

・持ち帰りや出前、デリバリーも
・屋外空間で気持ちよく
・大皿は避け、料理は個々に
・対面ではなく横並びで座ろう
・料理に集中、おしゃべりは控えめに
・お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて
はい、もう合コンはできません。

■働き方の新しいスタイル

テレワークやローテーション勤務
・時差通勤でゆったりと
・オフィスは広々と
・会議はオンライン
・名刺交換はオンライン
・対面での打ち合わせは換気とマスク
オンライン化がどんどん進むね。
これはきちんと進めれば会社の固定費も浮き、無能な人材を効率よくあぶり出しクビにできる。

時代のオンライン化が進む

GoogleのCEO「スンダー・ピチャイ」氏が述べたように、コロナウイルスの影響で世界は元には戻らず、オンライン化が加速する。
この最中にあって、「コロナ時代にどんな仕事でどのように稼ぐか?」「アフターコロナで残る仕事は何か?」という問いへの答えは決まっている。
個人でも法人でも、オンラインで仕事ができる(オンラインで稼げる)スキルを身につけることだ。
これは運転免許以上に、今後の時代の必須スキルになっていくことは間違いない。
でもこの事実にきちんと危機感をもって動ける人間の数なんて高が知れているから、格差がますます広がるばかりなんだけどね。
■著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA