アフィリエイトなどのネットビジネスは詐欺?怪しい?

【こんな記事がありました】

ある起業志望の学生がいたらしく、それ(学生に対して)についてのコメントで・・・
netbusiness-sagi
というものがありました。
件の学生の現在の動静は不明ですが、私はそんなことよりもこのコメントがどうしても気になってしまったのです・・・
「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」みたいな詐欺まがいの商売・・・?
普通に無料レポートのネタとして使えそうです・・・ってそんな話ではなく、こういった情報教材が脊髄反射的に詐欺と断じられることが残念でなりません。

【稼ぐ系=詐欺みたいな思考停止、そろそろ辞めない?】

ぁ無理でしょうけどね。
日本人はとかくお金を汚いものと見る傾向があります。
「お金を稼ぐことは悪いこと」
「お金持ち=悪」
「清貧こそ美しい」
大体こんなことを平均的な日本人は考えています。そうやって考えた方がお金のない自分を肯定できるからです。単なる現実逃避なんですがね。
でもその割に、自身の給料が安いことを嘆く人がいたり宝くじ売り場に何時間も並ぶ人がいたり
書店にはお金にまつわる本が毎週新刊として出ていますが・・・その辺りは無視ですか(笑)
まぁ、本音で「お金欲しい!!」とは思っていても中々手に入らないものだから否定するしかないのです。
「すっぱいブドウ」の話と同じですよ。
高い木に実るブドウを採れなかったキツネが、「あのブドウはすっぱいに違いない」と自分に言い聞かせて手に入らない状況を肯定していたように。
多くのお金持ちになれない人は、本音でどう思っているかは別として表ではお金のことを否定します。
お金は汚いものなのです。お金をたくさん稼ごうとしてはいけないのです。
だからそこそ、「お金の稼ぎ方を教えるとは何事か!?」「きっと怪しい(詐欺)に違いない」という感情になるのでしょう。
転じて、情報教材(特に稼ぐ系)を否定する人の思考回路はこんなところですね。
でもこういう思考を辞めないと、ネットにしろ何にしろ自分の力で稼げるようにはなりません。

【まずさ、ビジネスに善も悪も無いんだよね】

金のシンプル過ぎる稼ぎ方を教えましょう。
集客して商品提案して成約すれば、あなたに売り上げが発生します。
その売り上げから諸経費を引いたものがあなたの利益になります。
商品によっては販売の際に特定の説明を必要とするものやパッケージにその記載が必須のもの、
ネット上なら各法律事項を記載したページ(特定商取引法上の表記)等々、個別で用意するものが出てきたりもしますが、そういった法律事項を守れば基本的に何でも売れます。
後は商品の価値をお客さんに納得してもらえるかが勝負です。
納得してもらえれば買ってもらえ、そうでなければ買ってもらえない。それだけのことです。
確かに、明らかに商品提案とは異なるもの(期待した効果がほとんど得られないなど)を売れば、すぐさま悪評が立ち2度とビジネスの世界で生きることはできないかもしれません。
しかし、10人中5~6人がおおむね満足するようなものであれば、どんどん売ればいいです。
世の中万人が満足する商品はありません。
売り手がこれしかないと思うようなものでも、必ずお客さんから不満点が出てくるものです。
それを基にどんどん改良を加えて、商品は進化します。
閑話休題。
ビジネスに善も悪もありません。
先のコメントにあった「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」みたいな詐欺まがいの商売も、
需要があればビジネスとして成立します。
そして、ちょっと待った

「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」みたいな詐欺まがいの商売

 
↑これ
このコメントを残した人はおそらく、ネットビジネス=詐欺という思考回路ができあがっているのですが、勘弁してもらいたいです。
コピペでOKとか、3クリックで稼げますとかそういったもの、またはそれ系とリンクさせた「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」であれば話は別ですが、例えば純粋に「ブログアフィリエイト」や「トレンドアフィリエイト」を指導する教材であれば詐欺でも何でもありません。
アフィリエイトは個人でできる広告業として成立していますし、トレンドアフィリエイトで扱うネット広告もほとんどがグーグル広告です。
つまり(認知度は低いとしても)、まっとうなビジネスとして成立しているということです。
参考までに言っておくと、アフィリエイトの市場規模は約2000億円です。
アフィリエイトでは情報教材のみならず化粧品や食品、家電など、実物もきちんと扱うことができます。
そしてそれらの実物はネット通販(e-コーマス、EC)でやり取りされます。
要するにアフィリエイトはECとも密接にリンクしているモデルということです。
ちなみにこのEC市場は、東京五輪のある2020年には20兆円、そして将来的には60兆円の市場規模にまで成長するといわれています。
現在2000億円規模のアフィリエイトがその波にどれだけ乗れるかは謎ですが、多かれ少なかれプラスの恩恵を受けるのは間違い在りません。
というわけで、市場として成立しているわけですから、それで稼ぐ方法(ブログの作り方、記事の書き方等々)を教える教材があっても不思議ではありません。
むしろ、きちんと学んでおかないといざアフィリエイト実践に乗り出しても全く結果は出ないでしょう。
なぜなら売り方も知らないで商売を始めてしまったということですからね。
であれば、そういった教本で最低限の「イロハ」は学んで然るべきです。
なのに、なのに!
そういう教材=詐欺とか言っちゃう人は、頭が逝っちゃってますね。
そんなお話でした。
【追伸:ノウハウを教えるのが詐欺ってこと?】
でもそれを言い出したら、ゴルフ上達法とかダイエット方法の教材も軒並み詐欺ってことになりますけどね・・・
その教材に書かれていることが、10人中5~6人に効果があれば十分教材として成立します。
前述と被りますが、この世界に完全無欠の商品はありません。
【ああいうコメントをする人って・・・】
間違いなく稼げない人です。
まだまだ誤解されているネットビジネスですが、命を懸けて取り組んでいる人はごまんといます。
先のコメントを残すような無知で中途半端な人間は、そんな人たちの足元にも及びません。
今、真剣に真っ当な方法でネットビジネスに取り組んでいる人は3年以内に労働から解放されます。
今、ネット上で得意げになってネットビジネスを批判・否定する人って、3年後もネットでグチグチ講釈を垂れることしかできない人間のままです。
これを読むあなたがネットビジネスに取り組んでいるのか、またはこれから取り組もうとしているのかは分かりませんが、やるなら本気でやってください。
これ以上無いくらい頑張ってください。
それもしないでネットビジネスを批判するのだけはやめましょう。
本気でやって稼げるようなれば、今回紹介したようなコメントがいかに無知なものかが良く分かるようになります。
 
 

著者プロフィール



アフィリエイトなどのネットビジネスは詐欺?怪しい?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA