ビジネスを仕組み化すると、半永久的に時間の「保存」と「複製」ができる。

私は無料講座を主宰している。
これは自動化しているので、私がいちいちコンテンツを配布するということはない。
コンテンツはメインが動画コンテンツで現在100本以上、テキスト教材は60本以上になっている。
そこそこのお値段の有料スクールや教材に引けを取らないものになっている(と思う)。
動画コンテンツは当然、今よりも「前の時間」に作ったもの。
10分程度のものから1時間を超えるものまで、全てを合計したら総再生時間は約48時間だった
つまりこの無料講座という仕組みの中には、私が置いてきた丸2日分「ぶっ通し」の労働時間が保存されていることになる。
普通、これだけの時間を動くのは遊びでも無理だ。
本当に無理して実行しても間もなく体調を崩すだろう。
でも上記のコンテンツは全てがオンライン上に保存されているので、動画を開けばいつでも1つ1つの講義を観ることができる。
また、同時に何人もの人に届けられるので、48時間という時間がさらに複製されていくことになる。
この時点で、リアルの営業やリアルタイムを使うビジネスとは様相が異なる。
計48時間のいわば「接客」を人数制限なしで行うのだから。
仮に、これが、同時期に10人へ届けるなら480時間、つまり20日間休めないことになる。
まぁ、死ぬよね。ブラック企業もドン引き。
しかし、この普通なら死ぬことを「仕組み化」であれば造作もなく実現してしまう
例えるなら、常に自分の分身が動き続けているようなもの。
仕組み化以外のビジネスモデルでは、基本的にこの時間の保存や複製ができない。
例えば、今日SNSでの活動を1時間頑張ってフォロワーや「いいね」が増えたなら、明日も明後日もそれを続けなければならない。
確かにSNSであっても1つの投稿がウケれば何日かは反応を取れるが、永遠ではない。
だから基本的に、今日頑張ったことは明日も頑張る必要があるし、さらに成果を求めるなら稼働時間そのものを増やす必要がある。
だから1日何時間もSNSに張り付くような人が出てくる。
そんな人たちは今日も明日も「!」が多めの暑苦しいやり取りをしている。
ちなみにこれはブログも同じ。
更新のないブログは検索エンジンからの評価が下がるから、「毎日投稿!」とは言わずともアクセスを維持したければそこそこのボリュームでまとまりのある内容の記事を作り続けなければならない。
あー。なんて大変なのでしょう。
せっかく、手段を選べば「多重影分身の術」で延々と戦えるのに、わざわざ生身の体で戦うなんて・・・
そんなお話。
 

著者プロフィール



ビジネスを仕組み化すると、半永久的に時間の「保存」と「複製」ができる。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA