ネットビジネスの常識みたいなものに従っているとおしまいDEATH!!

この話は多分すぐに終わります。
それくらいシンプルで、でもとても重要なお話です。
まず、「ネットビジネスで稼ぐ」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?
ブログ?
SNS?
YouTube?
転売?
LINEステップ(Lステップ)?
まぁ他にもいくつかあると思いますが、最近の傾向的にはざっとこの辺でしょう。
OK, ではそれらで稼ぐとして、
・もしせっかく育てたブログが検索エンジンからブログが弾かれたらどうしますか?
・もしせっかく育てたSNSのアカウントが削除されたらどうしますか?
・もしせっかく育てたYouTubeアカウントが収益停止されたらどうしますか?
・もし転売で利用しているサイトのアカウントが削除されたらどうしますか?
・もしせっかく育てたLINEアカウントが削除されたらどうしますか?
こう聞かれて、その削除の翌日も問題なくそれまで通りの収益を維持できる施策を即答できないのであれば、残念ながらあなたはネット世界のインフルエンサー的な人たちの言葉に踊らされているだけということになります。
インフルエンサーが「ブログ!」と言ったら盲目的にブログに取り組む。
インフルエンサーが「YouTube!」と言ったら盲目的にYouTubeに取り組む。
インフルエンサーが「Twitter!」と言ったら盲目的にTwitterに取り組む。
「自分の視点がまるで無いのかな?ちゃんと考えてる?」と心配になってしまう人が多い気がします。
「いったい、いつまでそんなことを続けるおつもりですか?」と内心思ってしまいます。
この手のパターンで一番救いが無いのは、インフルエンサーが言っていることが原理原則から考えた時に間違いの場合です。
例えば意識高い系の人たちの発信を見ていると、「鬼努力!」やら「鬼継続!」といった熱いメッセージが飛び交っていて、それを観たフォロワーも「鬼努力!」「鬼継続!」とコール&レスポンスしています。
最近のネットはとにかく「鬼」が増えています。
陰陽師か鬼殺隊でも呼んだ方が良さそうですね。
そもそも、自分でビジネスをするという時点で、「自分(本人)が作業する」という前提なのがおかしな話なのです。
言葉を選ばす、端的に言ってしまえば、「最初の」準備が整ったなら、そこから先は自分で努力してもダメですし、自分で継続してもダメなのです。
この話を聞いてピンとこない人は、そもそも経営やビジネスというものがどんなものかをよくわかっていない可能性があります。
例えばですが、企業の社長が営業、経理、法務、総務を1人で行っているでしょうか?
違いますよね。
社長という存在はそれらに各担当を付けて、自分自身から切り離しています。
そうして、会社という仕組みから売上と利益を生み出しているのです。
なのに、なぜか完全個人でビジネスをするという場面になるとこの話をみんな忘れ、社畜根性よろしく延々と「自分で」「自分が」作業するという領域で過ごそうとしています。
まとめます。
いち、自分でビジネスをするなら、いざという時のリカバリー方法くらいは考えておきましょう。
に、さらにいうと、リカバリーできないようなビジネスモデルなら最初から取り組まない方がマシです。
さん、また、全ての作業を自分から切り離せないビジネスモデルは延々と自分で作業する必要がある、ということも覚えておきましょう。
そんなお話でした。
 

著者プロフィール



ネットビジネスの常識みたいなものに従っているとおしまいDEATH!!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA