「継続は力なり」とわかっていてもできない理由。


「成功のためには継続が大切!継続は力なり!」
といったことは多くの成功者が言っている。
上記で載せている人も言っている。
それでも、この小学校1年生くらいから習いそうな成功法則を多くの人が使いこなせない。
なぜだろう。
本人の意思が弱いから?
目的意識が無いから?
計画性が無いから?
おそらく分析的な視点で見れなこれらが回答になる。
継続できない原因も対処法もわかり切っているのに、それでも人は継続できずに辞めていく。
いったいなぜ・・・。
いろいろ考えてみた結果、

努力量はリセットされるから

という結論に至った。
どいういうことかというと、例えば今日3時間作業したとして、明日この記録を超えるなら3時間より多く作業する必要がある。
そこで次の日は4時間作業したとして、さらに次の日にこの記録を超えるなら、やはり前日よりも多くの時間を作業しなければならない。
これを繰り返すと、極論眠ることを放棄する生活になり、死んでしまう。
つまり「今日何時間頑張ったか?」という世界で勝負する限り、

終わりのない戦いを強いられる

ということ。
この考え方でいくと、昨日6時間頑張ったのに今日は1時間しか頑張っていないなら、「今日は昨日よりも頑張っていない」ことになってしまう。
これが「継続は力なり」と相まって人々を苦しめる。
さらに方向性を間違えると、「今日は何時間作業したか?」ということ自体が目標になってしまって、結果を出すことから離れてしまう。
仮にビジネス目的で作業するなら、それは本来ひたすらに稼ぐために作業するわけであって、努力するために作業するわけではないのに、「今日は3記事書いた。1本noteを仕上げた、5時間Twitter」という作業そのものが目的になっている人が多い印象。
手段と目的の逆転だ。
真面目な話、その書いた記事もnoteも本当に書くだけ、更新するだけが目的になっているなら稼ぐことは永遠に難しい。

努力時間で勝負するのは時給で働いているのと一緒

せっかく自分で稼ぐことを夢見てネットビジネスを始めても、取り組んでいることが「努力(作業)時間の更新」なら時給で働く会社員やバイトと大差ない。
ともすると、一定額の給料がある彼らよりも環境が悪い。
そもそも、ビジネスは学生の勉強や部活じゃない。
努力そのものは全く評価されない。
そんなものやって当たり前だからだ。
もっというと、「いかに努力せず、時間を使わず、大きな結果を出すか?」というのが本当のミッションだったりする。
先ほどの「ビジネスをするなら努力して当たり前」と矛盾するように見えるかもしれないけど、これも補足すれば「最終的に努力しないために、最初に全力で努力する」ということなので矛盾しない。
そもそも、最初から労せず大きな結果が手に入るわけがない。
それが「ある」と言う奴は100%詐欺師だ。

努力量を「保存」する取り組みをしよう

いかに努力せず、時間を使わず、大きな結果を出すか?
これがビジネスのミッション。ビジネスは頑張ってはいけないゲームだ。
そしてこれを実現するならビジネスの仕組み化しかない。
ビジネスを仕組み化すれば、「常にベストのあなた」がベストなプレゼンを最高のタイミングでお客さんに提供し続けることができる。
あなたが積み上げたどんなコンテンツも、すべて仕組みの中に保存して順番に提供すれば、もれなく価値提供をできる。
これで売上げを上げない方が難しいレベル。
そんなお話。
 

著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA