大きく稼ぎたいなら初めに理解したいこと。

あなたはネットを使っていくら稼ぎたいですか?
月5万円ですか?月10万円ですか?月30万円・・・、それ以上ですか?
正直いくらでもいいのですが、こうした話の前に、そもそも「稼ぐということ」について初めに理解した方が良いことをシンプルにお伝えします。
まず結論から言いますが、大きく稼ぐ(目安で月30万円~)なら「誰かに何かを売る」のが良いということです。
これは間違いないです。
あなたがネットを使って月に30万円、50万円、100万円の世界に堂々と入っていきたいなら、堂々とセールスしてその数字を達成してください。
「大きく稼ぐなら、誰かに何かを売る」
これが結局は最短ルートです。
ネットビジネスには様々なビジネスモデルがあります。
要するにわざわざ誰かに何かを売らなくても、例えば
・広告がクリックされたら〇〇円
・動画が再生されたら〇〇円
といったみんな大好きなビジネスモデルがあるのです。
確かに上記の「売らないモデル」で月10万、20万、さらにトップオブトップともなると本当に月数百万円単位で稼いでいたりするので夢があるのですが、ハードです。
なぜなら、

「売らないモデル」は単価が安い

からです。
例えば広告クリック系のモデル(グーグルアドセンス系)なら、クリック単価が0.3円~0.5円など(広告ジャンルで異なる)、もはや1円ですらない安さです。
なのでこの領域で本気で稼ごうとすると、とにもかくにも「アクセス数」を集める必要があり、そのための記事更新をほぼ毎日のように行う必要があります。
あくまで参考例ですが、
・月間3000~1万アクセスで月1000~1万円
・月間10万~30万アクセスで月3万~10万円
というイメージです。
死ぬほど頑張れば達成できるのかもしれませんが、大抵の人は挫折します。
ちなみに、

動画モデル(YouTube)でも・・・

似たような状況になります。
YouTubeの場合は「1再生あたり0.05~0.1円程度」が一般的な単価とされています。
また、YouTubeはアドセンスよりも参入条件が厳しく、
・チャンネル登録者数1000人以上
・年間再生数4000時間以上
などというのが最低条件であり、しかもこの条件をクリアしても、広告収入は1再生あたり0.05~0.1円程度です。
つまりブログにしてもYouTubeにしても稼ぐまでに準備するものや投じる労力が多い、多すぎるというのが個人的な感想です。
何も飾らずに言えば、要するに

やろうと思えば誰でもできるビジネスモデルの単価は驚くほどに低い

ということです。
ブログを書くのも動画を作るのも、クオリティにこだわらなければ誰でもできます。
だから単価は低いのです。
そもそも、「売ることをしない」時点で単価は低くなって当然です。
それはアドセンスやYouTubeの単価が示してくれていますよね。
また、この単価ですら時期によって変動し、安定しないので「やる意味あるの?」というのがはたから見た感想です。
セールスというのは一定の技術が必要です(といっても、これもきちんと学べば中高生でも習得できます)。
セールスに謎の恐怖心でもあるのか、多くの人が取り組もうとしませんが、初めにも書いた通り大きく稼ぐなら売る以外にありません。
あなたはネットを使っていくら稼ぎたいですか?
月5万円ですか?月10万円ですか?月30万円・・・、それ以上ですか?
もし、安定して大きく稼ぐなら、ぜひ「誰かに何かを売る」と決めてください。
そんなお話です。
 

著者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA