日曜日しか自分の人生がないって結構やばくないですか?

少し前、Twitterでこんなマンガが話題になりました。


まぁ簡単にいうと、今を生きる社会人のリアルを描いたマンガなのですが、共感の声がどんどん上がっている状態です。
平日はとうぜん朝から晩までくたくたになるまで働き、土日の休みは平日の体力を回復するためだけに過ごす。
「こんな生活があと40年も続くのか」と絶望する主人公、そんなお話です。
ちなみにこれからの時代、普通の人は死ぬまで働くことになるので40年どころか生涯似たような生活を送ることになるかもしれないですね。
「ちなみに私が実質生きているのは1週間のうち日曜日だけ」
こんな言葉が印象的ですね。
さて、この漫画には男女問わず多数の共感が寄せられているわけですが、こんな状態に共感者が殺到する今の日本ってマジでやばいなと思います。


高校や大学を出たら働くのが通常コースとはいえ、「日曜日しか自分の人生」がないなんて、「ではあなたの人生は一体誰のものなのでしょうか?」という話です。
これが当たり前だと思っているなら、完全に洗脳されているとしか思えません。
それで死ぬ時に「もっと自分の人生を生きればよかった」「好きなことをして過ごすべきだった」「もっと自分の好きにチャレンジすべきだった」とか思うわけでしょ?
死んでからじゃ遅いって。
今すぐ会社を辞めて起業しろとはいわないけど、もっと自分の好きに生きられる生き方は無いのか、情報収集くらいはしても良いかもね。
そんなお話。
■筆者プロフィール



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA