カテゴリー別アーカイブ: 情報発信

アフィリエイトで稼ぐ方法は感性や感覚上げること。

 

【アフィリエイトで稼ぐならノウハウだけでは足りない】

 
フィリエイトやコンテンツ販売などのネットビジネスで稼ぐというと、
多くの人はノウハウの獲得にとにかく力を入れます。
もちろん、それが一番基本的なことなのでこれが間違っているわけではありません。
しかしいつまでもノウハウを追いかけるだけでは
稼げずに沈没していく人たちと同じ運命を辿ります。
アフィリエイトなどのネットビジネスを成功させるには、感性や感覚を高めましょう。
ビジネスと感性(感覚)なんて繋がらないと思うかもしれませんが、それは勘違い。関係性大ありです。
感覚を高めれば高めるほどあやゆる方面で進化できます。

【ビジネスとは気づき競争だ】

フィリエイトなどのネットビジネスはどうしても自分とPCのやり取りという印象が強いですが、
こういった表面的な捉え方はやっぱり危険です。薄っぺらい。
その向こう側にいるお客さんが、
・今どんなことに悩んでいるのか
・今どんなことに興味を持っているのか
・今どんなことに不満を抱いているのか
・これまでどんな人生を歩んできたのか
・これからどんな人生を描いていきたいのか
こういったことをくまなく感じ取る必要があります。
それこそ、あなたがそのターゲットになりきる感じで。
でないと、ターゲット設定がブレブレになり誰に向けて発信しているのか全くわからず
商品やサービスが売れないという状況になります。
ネットビジネスが上手くいかない人は大抵、このターゲット設定がブレブレなのです。
自分はどこの誰に向けて発信するのかを今一度確認しておきましょう。
ここが見えてくれば、リサーチのために日々触れるべき情報も分かってきますよね。
例えばサラリーマンがターゲットなら、流行りのビジネス書や週刊のビジネス誌、
ビジネス・時事関係のネットニュースなどに触れておけば
サラリーマン界隈の流行がすぐに分かります。
そして、流行に左右されない時流も分かりますので
例えばそれでロングテール※を狙った記事を作ってもいいですよね。
(※トレンドにかかわらず長い間検索され続けるキーワード)
また、あなたが現役のサラリーマンなら
肌で感じるリアルなことを記事ネタにしてもいいでしょう。
ただし、コンプライアンスに触れるような内容は絶対に避けてください。
あくまで多くのサラリーマンが感じる(共感してもらえる)あるあるネタが無難です。

【感性を鋭くすると何が起きる?】

ず、他人に先回りしてあらゆることに気づけるようになります。
すると、今度は先回りして人を感動させることができます。
あなたが仕掛ける側に転向する瞬間です。
完成系に近づけば、絶句させることすら可能です。
これが、感性や感覚を鋭くすることのメリットです。

【感性を上げた方が得する】

性を上げれば、まずライバルは皆無になります。
なぜなら多くのライバルがこういったこと知らないからです。
ライバルの方々は「人を感動させる文章を書くにはコピーライティングだ!」
と本気で考えていますから(笑)
技術だけ極めても意味が無いんですけどね・・・結構シンプルな話ですが、
人を感動させたければまずは自分が先回りして感動しなければなりません。
そして感動とは無論、感情の激しい動きであり
そこには技術といった小賢しい仕掛けは一切無いはずです。
だからこそ、喜怒哀楽の感情を大切にして色んなことに心の動きを感じてください。
世間に向けてアンテナを張るといった表現もできるかもしれません。
いずれにしてもビジネスのための情報発信をする以上は、
後から感動しているようではダメです。
あなたよりも先に感動されてしまっては、あなたが発信する余地は無いのですから。
早い者勝ちみたいになってしまいますが、歴史を見てもやはりスピードは重要です。
電話も発明者は確か、同じタイミングで2人いたと聞きます。
しかし、私たちが思い浮かぶのはグラハム・ベルただ1人です。
もう1人はスピードの重要性に気づけなかったがために、歴史に名を刻むことができませんでした。
先回りは勝つための必須技術なのです。

【感性を上げるメリット】

性を上げると、表現が豊かになります。
結果、あなたの中の言葉が増えます。
それは人の心を動かせるタイミングが増えることを意味します。
そうすると、あなたにファンができ人が殺到するようになります。
感性を上げることのメリットはこれだけに止まりません。
まず、ものごとの価値に気づけるようになります。
価値の違いが分かるということは、
人生のどのステージを歩むかに関わってくる非常に大切なテーマです。
この世界は価値を見出せる度合いでランク分けされています。
一番顕著な価値観は時間についてです。
というより、時間に始まり時間に終わると私は考えます。
1秒間に無限の価値を見出せる人種がピラミッドの頂点の世界にいることを許さるのです。
そこから下の層では、時間に対する価値観が緩やかに劣化していきます。
ちなみに、最底辺層は想像を絶します。
平気で5分10分、そして30分と時間を奪っています。
しかも、時間泥棒の本人はその自覚が皆無です。
むしろ、必要とさえ思っています。
これではこちらの命が持ちません。
時間泥棒の暇つぶしのためにあなたの人生があるわけではないのです。
話が逸れました。
いずれにしても、価値意識を上げていくことはメリットしかありません。
ぜひあなたの喜怒哀楽をフル動員して感覚を上げていってください。
お客さんはあなたが思っているほどアホではありませんよ。
この言葉にドキッと来たなら見込みアリです。
 

低俗な情報発信。他人の恨みを買う情報発信に未来はない。

 

 
ステージの低い記事を書いてステージの低い人間(お客)からお金をもらう。
これを繰り返すと、自分もいつの間にかステージもエネルギーも低い人間になって
人生が沈んでいく。
 
これはネットビジネスの情報発信で「この商材は詐欺」
「このプロモーションは詐欺」といってブログを書くやつも同じ。
 
「詐欺・稼げない」といった言葉によって来る人間がレベルの高い人であるはずもなく、
そういう読者はたいていギャンブル依存症。
 
人は自分が発信した通りの言葉の人生を送るようになっている。
最後はバランス調整が入るから。
 
 
 

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:ネットビジネスなら必ずアフィリエイトという話でもない。

【ネットビジネス=情報商材アフィリエイト】

 
ットビジネスのジャンルで
 
根強い人気を誇るのが情報商材アフィリエイトです。
 
 
(私は情報商材という言葉が好きでなないので情報教材という言い方をしますが)
 
 
自分でコンテンツを作る必要も無く、他社の商品を紹介して紹介報酬を得る
 
個人による広告ビジネス。
 
 
情報の場合は在庫も材料費も掛からず
 
無限に複製できるので(だってデータだから)
 
報酬のはき出しも価格の50%を超えることもザラです。
 
 
販売者によってはデフォルトで
 
80%の報酬設定をしている※頭のおかしい人もいるので
 
アフィリエイターは紹介した分だけどんどん儲かります。
 
 
※とはいえ、当然ながらこれも戦略の1つです。
 
 報酬設定を高くすれば沢山のアフィリエイターが紹介してくれます。
 
 
 するとフロントの商品がどんどん売れて本当の目的である
 
 バックエンドも売れるんですよね。
 
 バックエンドで回収できるからフロントのアフィリ報酬を高く設定するのです。
 
 
売り手良し、紹介者良し。
 
 
だから情報商材アフィリエイトは人気です。
 
 

【でも、アフィリエイト必須というわけでもない】

 
ットビジネスをやりたい。
 
 でも自分にはアフィリエイトする商品が無い。さぁ困った!」
 
 
という人はこの時点でかなり狭い思考に支配されています。
 
 
そもそもこの人の頭の中は「ネットビジネス=アフィリエイト」
 
になってしまっています。
 
 
いやいや、ちょーっと待った。
 
 
ネットビジネスは要するにネットを使ったビジネスです。
 
 
ネットを使ってビジネスを展開すれば何でもネットビジネスになります。
 
 
もう少しちゃんと説明すると、
 
ネットを使って価値提供を行えばネットビジネスが成立します。
 
 
例えば最近流行りのメルカリも、
 
不用品(でも誰かにとっては価値)を売ってお金を稼げますが、
 
これ自体1つのビジネスとして成立していますよね。
 
 
例えば、ネットを使ってお店の宣伝をし、実店舗への集客を成功させ、
 
そこで商品やサービスを成約させたとしましょう。
 
 
この時、このお店はネットビジネスで成約を出したことになります。
 
 
例えば、ネットを使って卓球上達法の無料レクチャーをし、
 
気に入ってくれた人に実地トレーニングの有料講座を成約させたとしましょう。
 
 
この時、この人はネットビジネスで成約を出したことになります。
 
 
ネット上で自分の持てる価値を発信して、最終的に対価を払ってもらえば
 
ネットビジネスになるのです。
 
 
なのでアフィリエイトなんて、
 
その中の1つのジャンルに過ぎないって話なんですよね。
 
 

【最初からそれ売った方が早くない?】

 
まに、
 
その人自身に最初から値段を付けてネットで売れるコンテンツがあるのに
 
無理やりテキトーな情報商材をアフィリエイトして稼ごうとする人がいます。
 
 
これの何が問題か分かりますよね?
 
 
その人には既に売れる商品があるにもかかわらず、
 
他のどうでもいいような(別に興味があるわけでも無い)商品に時間を割いて
 
時間を無駄にしようとしている点です。
 
 
だったら、
 
「最初からあなたの持っているその価値に値段を付けて売りましょう」
 
という話なのです。
 
 
もちろんコンテンツを作る以上アフィリエイトよりも時間がかかりますが、
 
いったん自動化してしまえば勝手に集客されて勝手に売れるようになるので
 
大変なのは最初だけです。
 
 

【ところで、売れる商品って何さ?】

 
て、そもそも売れる商品とはそもそもなんぞや?という話ですが、
 
分かりやすいのは人間のコンプレックスや根源的欲求
 
これらに根差したものです。
 
 
よくあるのが、モテたい・痩せたい・もっとお金が欲しいなどのジャンル。
 
 
特にダイエットと恋愛系は稼ぐ系に負けず劣らずの市場規模を持っています。
 
 
なぜって結局、恋愛は言わずもがな、ダイエットも「他者からの目」、
 
特に異性の見る目を良くしたい(転じて、愛されたい)という欲から来るからです。
 
 
もちろんそれ以外の理由もあるでしょうが、基本人はモテたいと思う生き物です。
 
 
だから女性であればオシャレに気を使うし、化粧もします。
 
 
男性であれば肌ケアに気を使ったり髪のスタイリングをしますよね。
 
 
もっとこだわる人はヒゲ脱毛やメンズエステに行ってさらに自分磨きに励むでしょう。
 
 
これって、要は異性の見る目を良くしたいから。つまりモテたいからなんです。
 
 
まぁ、ヒゲ脱毛の場合は敏感肌に悩んでいてどうにかしたいから、
 
という動機もあるでしょう。
 
 
でもそんな人の中にも51%くらいは「モテたいから」という理由が含まれています。
 
 
えぇ、私ですよ(笑)
 
 
話がえらく逸れましたが、何もこうした人間的欲求に限らず、
 
例えば「特定の悩み解決」も立派なジャンルとして成立します。
 
 
よくあるのがスポーツ上達、英語、大学受験などです。
 
 
「もっとゴルフのスコアを伸ばしたい」
 
「英語力を身に付けてTOEICで900点台に入りたい」
 
「効率的な方法で1年以内に偏差値を上げて2ランク上の志望校に生きたい」
 
 
などなど。
 
 
実際これ系の情報発信で月収100万円以上稼いでいる人はゴロゴロいます。
 
 

【稼ぐ方法を売って稼ぐだけがネットビジネスにあらず】

 
フィリエイトで稼ぐ方法、転売で稼ぐ方法、株・FXで稼ぐ方法、
 
などのいわゆる「稼ぐ系」だけがネットビジネスではありません。
 
 
もちろんこれらも「お金に関する悩み」を解決する手段として
 
1つの巨大なビジネスモデルになっていますが、
 
「必ずこれをやらなければならない!」というわけではないですからね。
 
 
それ以外に発信できるものがあって、
 
それに需要(人間の根源的欲求を満たすものや、特定の悩み解決)があるなら
 
そっちを商品として扱いましょう。
 
 
あと、さすがにこれを読むあなたは大丈夫だと思いますが、
 
「3クリックで月収500万円!」
 
「完全自動AIシステムで年収1億円」
 
「世界のトップ1%が握るインサイダー情報であなたに富を分配」
 
「100倍確定ICOで資産100倍!」
 
 
みたいな「そっち系」はネットビジネスでも何でもない、
 
ただのクソみたいな、というよりそれ以下の詐欺案件なのであしからず。
 
 
ではでは。

アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ:死ぬまで稼ぎ続ける方法とは?


 
近ふと思うことがあったんですよね。
 
「ずっと稼ぎ続ける人たちって結局何をやっているのだろう?」と。
 
 
もちろん、
 
リストマーケティングを軸に自動化して稼いでいるという点は一緒です。
 
 
これはある意味、
 
ネットビジネスで稼ぐための基本動作みたいなものですからね(^_^)
 
 
言ってしまえば、「リストマーケティングで自動化」の時点ではまだ
 
圧倒的な差がつかないということです。
 
 
ではどこで差が付き始めるのかという話ですが・・・
 
 
 

【稼ぎ終わった後も学び続けているか否か】

 
れです。学び続けているか否かが本当に稼ぎ続ける人の秘密です。
 
 
「もう仕組みが稼いでくれるのだからそれ以上勉強しなくてもいいじゃない?」
 
というレベルの人ほど貪欲に学んでいます。
 
 
本を読んだりどこかのスクールに参加したり、
 
以前購入した教材を再度復習したり、
 
はたまた全く別分野(例:語学・医療・芸術など)の勉強をしていたりと・・・
 
学習スタイルはいろいろです。
 
 
そして本人たちは多分、
 
「稼ぐために学んでいる」という意識がそれほど強くない※と思います。
 
 
(強くないだけで、意識が無いわけではありません。念のため)
 
 
ただ純粋に学ぶことを楽しんでいる。
 
 
でも彼らはマーケターでもあるので、学んでいる中でビジネスのヒントを見つけ
 
結局ビジネスも発展していくという。
 
 
「富みて学び、学びて富む」のサイクルに入ったということですね。
 
 
 

【勉強してみて初めて分かること】

 
ぜ、既にビジネスの知識もあり、いわゆる不労収入を実現している人ほど
 
いろいろと勉強を続けているのか?
 
 
私の考察は2つあります。
 
 
1つめ。
 
 
勉強すればするほど「自分は何も知らない」という点に気づき
 
謙虚になってますます学ぶことに励むから(結果どんどん頭脳を鍛え知恵を磨く)。
 
 
2つめ。
 
 
「資本主義の原則は知識のマネタイズ」※ということを知っており
 
それをただ実行するためあらゆる知識の集積化と高度化を自身に施すため。
 
 

※これは2つの意味で説明できます。
 
まずは既述の通り「資本主義の原則=知識のマネタイズ」という意味。
 
 
そして2つめは、
 
21世紀は情報革命期(情報が集積化し高度化する時代)なので
 
 
(農業革命では人が、産業革命では資本が、金融革命ではお金が
 
 それぞれ集積化し高度化した)
 
 
(人の高度化とは組織化と軍事化であり、
 
 資本の高度化とは工場化や企業化であり、
 
 金融の高度化とは株式化や金融商品化のこと)
 
 
どちらにしても
 
情報や知識を集めそして高度化(知恵に昇華)できる人に富が集まるという意味。

 
 
この言葉通りではないにしても、既に圧倒的に稼ぎながらも勉強を止めない人たちは
 
無意識レベルでこの2点に気づいているのかもしれません。
 
 
 

【ちなみに読書家は本当に多い】

 
を読む人が多いですね。月に50~100冊単位で読むなんてザラです。
 
 
なるほど。どんどん稼ぐわけだ(;^_^A
 
 
本を読むことで様々な知恵に触れることができ、まず頭が鍛えられます。
 
 
また当然ながら、
 
あらゆる分野の知識も増えるので情報発信の幅が広がるわけです。
 
 
そうすると、どんどんどの人にしかない色が付き始めて際立ち始めます。
 
 
結果、その人独自の情報発信ができ始め、
 
 
「この人は他の人とは違う」
 
 
「この人の情報発信はおもしろい!」
 
 
という評価を受け始めるわけですね。
 
 
 
 

【抽象度を上げる(ちょっと上級者向け)】

 
体的ノウハウはだいたい押さえたら、ぜひ抽象度を上げる勉強を始めてみましょう。
 
 
つまり「具体的にこうしろああしろ」といったこと
 
(ノウハウやテクニック)を学のではなく
 
哲学や思考の流れといったものを学んでほしいわけです。
 
 
それの良いきっかけが読書ということですね。
 
 
視点を上げることで自分が見渡せる範囲を広げるのです。
 
 
もちろん、これはビジネスをより成功させていくために行います。
 
 
私たちはビジネスに取り組む以上、
 
ビジネスという穴を深く深く掘り続けなければなりません。
 
 
深く掘れた人ほど稼げる金額が大きくなります。
 
 
穴を垂直方向に深く掘るためには、水平方向に広く彫っていく必要があります。
 
 
垂直方向がノウハウなら、水平方向がそれ以外のこと(別分野の勉強や読書など)です。
 
 
これを上手に行っていくと、
 
いろんなことからビジネスのヒントを得ることができます。
 
 
・歴史の話からビジネスのノウハウを思いつく
 
 
・友人との会話からビジネスの改善点が見えてくる
 
 
・政治のニュースからビジネスの原則を再確認できる
 
 
などなど。
 
 
世界のすべてが稼ぐための教材に成り代わる感じです。
 
 
 

【推測:ふんぞり返った人から退場していく】

 
れはネットビジネスに限った話ではありませんが、
 
「もう自分はこれいいんだ」とアガリを決め込んだ人から
 
その戦場から退場せざるを得なくなるのだと思います。
 
 
「究める」という言葉がありますが、これって中途半端な人ほど使いたがりますよね。
 
 
人間は常に生成発展して文明を進化させてきました。
 
 
「もう蒸気機関まで作ったしこれで良いっしょ!」となっていれば
 
飛行機も新幹線も無かったでしょう。
 
 
「ファミコンができればもう十分だよね~」となっていれば
 
未だにゲームは2次元です。
 
 
「連絡手段は黒電話で十分!」となっていれば、
 
スマホなんて映画の世界(フィクション)です。
 
 
「まだ先があるはずだ。もう少し先の世界を見たい」
 
そう考えたからこそ極みを目指して進化を続けたのです。
 
 
そして当然、いつまでも生きられるわけではないので
 
次の世代にバトンタッチすることになります。
 
 
つまり人類は極みに近づくことはできても、究めることはできないということですね。
 
 
ところで、
 
いわゆるノウハウ的な話なら余裕を観て3か月もあればマスターできます。
 
 
そこから先のステージにいくためには、やはり勉強が欠かせないということです。
 
 
いずれにしても
 
「もう自分は全部マスターしたからこれ以上は何も学ばなくてOK!」
 
となってしまうとお先真っ暗です(笑)
 
 
 

【注意:ノウハウはちゃんと学んでください】

 
うはいっても初心者はまずノウハウの習得に励みましょう。
 
 
ここをすっとばして上級者向けコーナーに行っても
 
ノウハウを知らなければ上位概念の活かし方も分かりません。
 
 
単なる読書家では稼げない理由です。
 
 
ネットビジネスを学なら、
 
 
・スッテプメールと聞いて何のことか分かる
 
 
・配信スタンドと聞いて何のことか分かる
 
 
・メルマガとブログ、どちらの優先順位が上かと聞かれてちゃんと答えられる
 
 
・各SNSの特徴を答えられる
 
 
・バイラルと聞いて何のことか分かる
 
 
まずはこの辺を地道に学んでいけばOKです。
 
 
それでは!

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:情報発信の基礎的な話。

【アフィリエイトで稼ぎたいけど・・・】

 
フィリエイトでブログやメルマガを始めたいが何を発信すればいいか分からない」
 
とか、
 
「アフィリエイトでブログやメルマガを始めたいが何を書けばいいか分からない」
 
とか言い出す奴は大抵、自分の稼ぎしか考えていないヘナチョコ君です。
 
 
もちろんアフィリエイトもビジネスですから、売上を狙って当たり前です。
 
 
ボランティアじゃありませんからね。
 
 
でもここがまた難しいというかめんどくさいところで、
 
そこばかりにとらわれると結局誰も買ってくれないんですよね。
 
 
1通目からセールスが入るメルマガは売れませんし、
 
読む記事読む記事中身のうっすいセールス記事(レビュー記事)なら売れません。
 
 
つまりそういうことです。
 
 
売ることはもちろん大事だけど、それにとらわれたら終わり。
 
 
 

【誰を救いたいか?】

 
れをまずは考えてみましょう。
 
 
自分は誰を救いたいのか。
 
 
これを1日考えれば自ずとターゲット(読者)は見えてきますし、
 
「じゃぁそんな人たちに何を伝えればいいか?」
 
なんて、何となくでも見えてくるものですよ。
 
 
そんなに難しいことではありません。
 
 
会社勤めが苦痛で苦痛でしょうがなくて
 
一刻も早く逃げ出したい(自由になりたい)人をターゲットにするなら、
 
伝えることは決まってきます。
 
 
これからアフィリエイトで稼いでいきたい人をターゲットにするなら、
 
伝えることは決まってきます。
 
 
今現在アフィリエイトに挑戦していて、
 
でも全然稼げていない人をターゲットにするなら伝えることは決まってきます。
 
 
伝えることが決まったら、
 
あとは伝える言葉や文章の順番(まぁステップメールですよ)を組んで、
 
集客して実際に教育してセールスするだけです。
 
 
ここをめんどくさがってやらずに、
 
いきなり「さてどうやって売ろうか?」などとやるから売れないんですよ。
 
 
ターゲットもちゃんと決めてないで、一体誰に刺さる文章が書けるんだって話です。
 
 
あなたのターゲット(読者)は誰ですか?
 
 
あなたがそのターゲットに示すコンセプト(読者が目覚めるスローガン)は何でしょうか?
 
 
ターゲット、そしてターゲットにグサりと刺さるコンセプトができれば、
 
マジで一生続くあなたのビジネスが完成します。
 
 
 

【少しまとめましょう】

 
ログやメルマガ(あとLPやセールスレターでも同じ)で行う情報発信の準備として、
 
 
・自分の読者(ターゲット)をイメージすること
 
 
・ターゲットが目を覚ますコンセプトを作ること
 
 
・ターゲットとコンセプトが決まればビジネスは長続きする
 
 
・こういう人の役に立ちたい、こんな人を救いたい、
 
 そう思った人があなたのターゲット
 
 
・誰を救いたいか、誰に伝えたいかをちゃんと考える
 
 
これらを意識して忠実に実践できれば失敗する方が難しいです。
 
 
 

【記事ネタ、1つの指針】

 
れでも記事ネタが浮かばないという場合は、昔のあなたを想像してみてください。
 
 
例えばネットビジネスで稼ぐ系の情報発信をするなら、昔の稼げていない自分、
 
情報収集をしていて結局何を始めればいいのか道に迷っている自分を想像してみましょう。
 
 
もし、今のあなたがネットビジネスである程度稼げている、稼げていなくても
 
ネットビジネスの種類や稼ぎ方の基礎くらいなら説明できるなら、
 
過去のあなたに伝えられることは山ほどあるはずです。
 
 
それがそのまま、ターゲットに放つ情報発信になります。
 
 
ということは、記事ネタになるということ。
 
 
この視点に立てば、絶対に何も話すことがないなんてことは無くなりますし、
 
書いているうちにあれも話そうこれも話そうとなり、
 
どんどんネタが派生していくものです。
 
 
なので今度は内容を削っていくという作業に入ることになります。
 
 
 

【やがて自動化して稼ぎまくるあなたへ】

 
ットビジネスをせっかくやるなら、最終的には完全始動化してほったらかしで稼げ
 
というのが私の叫びです。
 
 
で、この自動化・仕組化という話ですが、初心者(あと実践から数ヶ月ちょいの人)は
 
自動化の仕組みを作りつつ、
 
読者との直接的なやり取りを経験しておくと良いです。
 
 
ちょっと何を言っているか分からないかもしれませんが、
 
要するに読者と直接メールのやり取りをしたりSkypeしたりしなよって話です。
 
 
まぁスカイプや電話だとさすがに時間が・・・というならメールでもOKです。
 
 
要はいきなり完全自動化をしようとすると、
 
あなたのお客さんのリアルなところが意外と見えなかったりするもんなんです。
 
 
ネットビジネス(ここでいうのは情報発信ね)って不思議なもので、
 
ある程度お客さんの層が固まってきます。
 
 
で、この固まっている状態を作り出す要素、
 
つまり「何(どんな客層)」で固まっているのかということは
 
日頃からお客さんとコミュニケーションを取ったりアンケートで状況把握していないと、
 
やっぱり分かりません。
 
 
「売上速報」だけでは絶対に見えない真実です。
 
 
最終的に完全自動化&高精度なセールスを決めていきたいなら、
 
・読者に直接話を聞く
 
・泥臭く読者とコンタクトを取る
 
・楽をしようとしない
 
こういったことを意識してみてください。
 
 
何も無い頃は特に。
 
 
ちなみに私は今でもこうしたやり取りを重要視しています。
 
 
究極のデジタル化は究極のアナログ化だと悟りました。
 
 
まだ商品を買っていない読者でも本人が望むなら何回でもやり取りをします。
 
 
生の声に耳を傾けた方が、正真正銘自分の読者が何を求めているかが分かるので
 
発信者と受信者で大きなズレを生む心配がなくなります。
 
 
それでは!
 
 
 
【追伸】
 
全然関係ない話ですが、先日ヒゲ脱毛のためのカウンセリングに行って来ました。
 
 
理由は主に2つ。
 
 
・もともとヒゲそりで肌荒れしやすく、
 
 その状態を鏡で見るたびに毎日が※「しかみ像」な気分だったから
 
 
・この前スーツのサイジングで初めて会った人に童顔認定をされ、
 
 やっぱりヒゲ脱毛が必要だと謎の確信を得たから
 
 
※徳川家康が三方ヶ原の戦いで武田信玄にボロカスに負け、
 
 命からがら逃げかえった際に脱〇。
 
 その際の惨めな自分を絵に書かせたと言われている像。
 
 
本当は6万円くらいのお手頃なコースのつもりだったのですが、
 
ポイントが数ミリズレただけで別料金が発生
 
&麻酔も追加で結局20万円くらいになりました。
 
 
「課金ポイントをずらすと簡単にお金が発生する」
 
 
以前学んだビジネスの原則を自分で使う前に食らいましたとさ(´;ω;`)ウゥゥ

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトで行う情報発信は極端さを意識しよう。

netbusiness

【アフィリエイト、情報販売、そのどちらでもこれが超重要】

 
報発信ビジネスで重要な要素はいろいろあるのですが、
 
常に私が意識し、そして講座でもよく伝えているのは、
 
「情報発信では極端さを意識する」ということです。
 
 
どんなノウハウやテクニックを覚えても、
 
その情報発信に極端さが無いならぜーったいにネットビジネスで成功しません。
 
 
極端さの無い情報発信はネット上で空気です空気(´・ω・`)
 
 
つまり存在しないのと一緒ということですよ。
 
 
炎上を狙いに行け!とは言いませんが、
 
ある程度自分の思ったことはバシバシ言っていく姿勢は崩さないでください。
 
 
 

【私はエニアグラムタイプ1?】

 
前あるの読者から、私はエニアグラム(性格診断的なもの)でいうと
 
タイプ1」という指摘をいただきました。
 
 
タイプ1を簡単に説明すると、完璧主義な人間であり口癖が
 
「~であるべき」とか
 
「~でなければならない」なのだそうです。
 
 
私がネット上に上げてきたコンテンツを見て
 
その読者は私が「タイプ1」であると思ったのでしょう。
 
 
だとすれば狙い通りの評価です。
 
 
情報発信者は、ある意味で見込み客のリーダーです。
 
 
いや、ある意味どころか
 
絶対の信頼を置けるリーダーにならなければならないと、最近では思います。
 
 
「この人についていけば間違いない!」と思ってもらえれば、
 
これ以上の話はありませんからね。
 
 
読む人を一定のゴールまで連れて行かなければないりません。
 
 
そうなってくると、どうしても断言口調になります。
 
 
というより、断言口調にならざるを得ません
 
 
先導者が迷うわけにはいかないからです。
 
 
情報発信をすると決めたなら、
 
意識的に断言していくことが必要になってきます。
 
 
「~と思います」というセリフを多用してはダメです。
 
 
確かに、「~と思う」「かもしれない」
 
「断言はできない」といった表現は当たり障りなくていいですよね。
 
 
こういった表現を丁寧な語調でつづればまず敵は作らないでしょう。
 
 
でも、これでは情発信としてはダメダメなんです。
 
 
情報発信者は、
 
特にそれをビジネスに繋ぎたければ極端でなければなりません。
 
 
平均・平凡・一般は死を意味します。
 
 
この観点は、継続的に売れている作家でも
 
意識しているくらい大切なことです。
 
 
ただの日記と、情報発信の違いですね。
 
 
 

【ウザい敵が沢山できてからが、本当のスタートライン】

 
報発信ではファンを作ることが大切だと説く人は多いです。
 
 
確かにファンがいれば新規集客をして
 
1から信頼関係を築いていくよりも遥かにビジネスがし易いですよね。
 
 
ですがそれと同じくらい、アンチができることも重要です。
 
 
もちろん自分からわざわざ嫌われに行く必要なありませんが、
 
自分の主張を貫き通した結果できた反対者やアンチなら喜んでください
 
 
あなたの支持者が増えれば増えるほど、あなたの敵も増えます。
 
 
味方1000人なら敵もまた1000人いるのです。
 
 
好きな芸能人の上位にいる人は大抵嫌いな芸能人の上位にもいるものですが、
 
これなんかまさに良い例ですよね。
 
 
このことからも分かりますが、
 
結局のところ万人に好かれるのは無理なのです。
 
 
嫌われない努力をするくらいなら、
 
自分の主張をこれでもかと発信し続けて賛同者をどんどん集めていきましょう。
 
 
 

【狂信的なファンを作る。そのために断言するんだ】

 
してその賛同者を見つけるための鍵が「断言する」ことなのです。
 
 
意見や主張をはっきりと述べて際立たせることで姿をはっきりと示します。
 
 
そうすることであなたの賛同者(将来的なファン)があなたを見つけやすくなります。
 
 
ここで日和見を決め込んで
 
当たり障りの無いふんわりした表現にしてしまうともうダメですね。
 
 
帰ってください(´・ω・`)って感じです。
 
 
確かにそれまで物事を断言するという習慣が無かった人には
 
少々大変に感じるかもしれませんが大丈夫です
 
 
結局は「慣れた者(もん)勝ち」の世界ですからね。
 
 
逆にこういった発信レベルのところできちんと断言できるようにしておかないと、
 
いざお客さんに商品やサービスをオファーする際にまともにできなくなります。
 
 
「この商品ならあなたを変えると思います」
 
 
「きっと素晴らしい成果が出ると思います」
 
 
「これでまで他の商品で結果が出ていなくても、
 
 この商品ならその過去を覆せるかもしれません」
 
 
誰も買いませんよね(笑)
 
 
もしこれまでの情報発信で断言するということを避けてきたのなら、
 
ぜひこれからは今回お伝えしたように
 
積極的に断言をして主張を際立たせてください。
 
 
 

【補足:自分の主張が際立ったか否かの目安とは?】

 
かりやすいものとしては自分の投稿にコメントが付くことですね。
 
 
それが賛同コメントにしろ反対コメントにしろ、
 
あなたにわざわざコメントしてきたということは
 
あなたの言葉がその人の心に刺さった証拠です。
 
 
別の目安としては、メルマガの解除です。
 
 
メルマガが解除されたということは、
 
あなたの発信内容がその読者には気に食わなかったということです。
 
 
でも逆に、同じ内容で解除しなかった人もいるわけですよね。
 
 
ということは、今後は残った人たちにより喜ばれるような発信を心掛ければ
 
もっとファン化が進むということになります。
 
 
ちなみに、あなたがステップメールを組んでいて、
 
あるステップで解除が起きた場合、しなければならないことがあります。
 
 
次の2択から選んでください。
 
 
①スッテプの内容を当たり障りのないものにする
 
②ステップのメッセージ性をさらに強め、読者を突き刺す
 
 
さて、どれでしょうか?
 
 
それでは!

アフィリエイトで稼ぐコツ:アクセス元に合わせたコンテンツ発信を。

メルマガアフィリエイトがオワコンとか言った奴、出てこいや!!!(´・ω・`)

【あれは5年前の2012年・・・】

かの動画で、「メルマガビジネスはこれから廃れる」「これからはLINE(最近でいえばLINE@)などが主流になる」といったことが言われていました。
確かに2017年3月現在、LINEはインフラとして完全に定着しイケイケ女子やモテモテの男子の必須アイテム・・・じゃなくてほぼすべての人にとって欠かせない連絡ツールになりました。
実際、LINEを使ったビジネスを指導する教材やスクールはちょくちょく出されていました。
最近はとうとうLINE@にスッテプメール機能が搭載されたツールも発表されたようで業界では話題になっていますね~(´Д`)
お客さんもLINE利用者が多いので瞬発的な告知にはもってこいなのも事実なんですよね。
しかしだからといって、これでメルマガが終わるかといえば何の関係もありません
「LINE@が最強だからメルマガアフィリエイトは終わり」とか、「これからのネットビジネスはメルマガじゃなくてLINEで!」とか「一体何を言っているのだ?」という話です。
(※そもそもLINE@上でのアフィリエイトは規約違反です)
LINEといえど、所詮は一般企業が運営する無料通話アプリです。
いつサービスが終了するか・・・なんてことは誰にも分からないことですよ。
これは無料媒体が等しく抱えるリスクでもあります。
Twitter も Facebook も YouTube も同じです。
キャッシュポイントの柱をこれらに据えるのは本当に危険なんですよ。
いざアカウントが消されたりサービスが終了すればそれまでですからね。
(なので賢い YouTuber は他にもキャッシュポイントを作っています)
(例えばあるリフレクソロジー講師は動画説明欄でちゃんとリスト取りの仕掛けを作っていました)
それにどうでしょう。
あなたがお使いのパソコンにメール機能は付いていませんか?
お使いのスマホにメール機能はありませんか?間違いなくありますよね。
来たメール、それが必要なものなら見ますよね。
「メルマガは開封率が悪い!」という意見を目にしますが、それはメルマガの開封率が悪いのではなくそもそも開封されないようなクソつまらないメルマガを送る配信者が悪いのです。
つまり原因はメルマガにあるわけではなくひたすら配信者側にあるのです。
自分が上手くいかない原因を自己にではなく他に求める人はまず稼げるようにはなりません。
こんなマインドの人がLINE@に踊らされてメルマガそっちのけで取り組んだとしても結果は同じです。
そのうち「LINE@は開封率が悪い!」と騒ぎ出すでしょう。
(実際、LINE@は以前に比べ開封率が下がってきたといわれています。これまでは「配信者<圧倒的な数の受信者」でしたが徐々にこの差が埋まってきたからです。そのうちメルマガのように乱立状態になるでしょう)
「この人のメルマガはチェックしたい!」という存在になれば、読者はこちらが頼まずとも専用のフォルダを作って読んでくれます。
つまりメールは終わらないということです。
無論、メールマーケティングも不滅です
ちゃんと取り組めばちゃんと生き残れますから安心してください。
それにメルマガで書くような文章をLINEで書いてみてください。
めっちゃ長くなって最高に読みずらいですよ(笑)
(そもそもLINEは短文文化です)
このことからも、ちょっとお知らせに使うならまだしも正面切って情報発信をするために使うのはお勧めしません。

【冒頭のネットビジネス講師も・・・】

頭で出てきた講師も、5年前は「メルマガは終わる!!あと2年(当時から数えて2014年まで)が最後の勝負だ!!」とか何とか言っていましたが、あれから5年経った2017年現在、その人は今日も元気に日刊メルマガを発行しています(笑)
無論ただ発行するだけでなく、ちゃんとメルマガで荒稼ぎをしています。

【媒体(メディア)は「隆盛→乱立→衰退」を繰り返す】

つてはアメブロやミクシィがそうであったように一時めちゃめちゃ騒がれてその後乱立し、やがて衰退(or沈静化)していく媒体は多いです。
「多いです」というより、無料媒体が辿る宿命なのかもしれません。
(LINE@は有料プランもありますが、無料でも一応できます)
で、今はLINE@がやっと騒がれ出したわけですね。
となるとこれから本格的な隆盛期を迎えていくわけですか。
既にメールマーケティングの仕組みを完成させている人は良いかもしれませんが、そうではない人がメルマガそっちのけでLINE@に走った場合・・・どうなるんですかね?

【やっぱりメールマーケティングって神だわ】

ぁ、LINEの勢いは否定しませんが、それでもメールマーケティングの有効性はいまだ健在です。
10年後LINEがどうなっているか検索アルゴリズがどうなっているかということは全く想像もつきませんがメールは必ず存在しています。
テキストベースの連絡手段で、これほどシンプルなものは無いからです。
だから安心してメールマーケティングに取り組みましょう。
え?まだ取り組んでいない?それはまずいですね。
今すぐにでもメールマーケティングを始めましょう。

メルマガアフィリエイトのやり方なんてカンタン。ダサいメルマガを書かなければいい。

 

【「当選」53万円受け渡しのご案内(件名)】

んばんは!サラリーマン○○(メルマガ発行者名)です!
当選おめでとうございます!
あなたはキャンペーン参加候補者として見事「当選」しました!
下記の読者限定ページから53万円受け渡しの詳細をご確認ください↓
リンク
「30分で最低53万円が受け取れる」
その名も「爆稼騒ぎキャンペーン」がついに2017年に向けて開催されました。
まだキャンペーンを知らない方のために説明すると、
・キャンペーン最低保証金額が30分53万円
・「毎月継続着金型」のツールが参加者全員にもらえる
・ツールの通常ライセンス料金7万8000円が今だけ無料
このキャンペーンの参加権をこのメルマガ読者だけに特別にお渡しで切ることになりました。
(以下略)
ちなみにこのオファー、リンクを踏むと30分のカウントダウンが始まるのですが、30分経過後、また最初からカウントダウンが始まりました。
カウントダウンってなんだよ(´・ω・`)

【恥ずかしくないの?】

○○が熱いです!」
「騙されました!!」
「世界初!今まで富裕層がひた隠しにしてきた驚異の○○がついに公開!」
この手のメルマガっていつかは消えていくんだろうなぁという淡~い期待を抱いていたのですが、どうやら永遠に消えそうにありません(2019年7月現在)
今日も私のメールボックスには、そこかしこから登録した覚えのない情弱向けのメルマガが届きます。
この手のメルマガを送りつけてくる人たちってもうこちらが哀しくなるらいに稼げていない人たちです。
ブログを除いても記事が3記事しかなかったり(´・ω・`)
中には頑張ってブログを書いている人もいましたが、この「楽して稼げる」系のメルマガのせいで信用ガタ落ちです。
楽して稼げる系の無料オファーなんて詐欺の温床じゃないですか。
それを送りつけてまで小銭を稼ごうとするその根性が謎です。
バカなんですかね。
こういう人たちはビジネスの基本中の基本である「価値提供」についてもう一度3か月くらい学び直した方がいいですねよ。いやマジで。

【釣り系・煽り系の件名は10回に1回】

者の反応を取るためにあえて件名を「攻撃的」にすることはメルマガテクニックのひとつです。
(まぁそれでも先に挙げたような詐欺系の件名は反吐が出ますが)
ただこれは文章術におけるコピーライティングと同じで、いつもいつも使っていいものではありません。
感覚としては10回に1回、そういった目を引くタイトルにする感じです。
毎回のメルマガで煽り系の件名で送り付ければ、「こいつはいつも煽り系のメルマガを送る配信者」というマイナスのレッテルを貼られ即刻解除されます。
それが嫌なら挑発的な件名はよく考えて使いましょう。

【賢い人をお客さんにしたくありませんか?】

は過去に教育産業で働いていたのでよく分かるのですが、賢い子(または伸びる素質がある子)を教えるのは本当に楽でした。
できない子や勉強意欲が無い子を教えるよりも数十分の一の労力で倍の成果を出してくれますから。
これを知っている学習塾は、入塾の際に成績表の提出や試験を設けている所もあるくらいです。
要は最初(集客の段階)からお客を選別しているのです。
ある程度できる子を集め集中的に指導し、成績を爆上げさせ実績を量産する。
なるほど賢いやり方ですよね。
これをアフィリエイトや情報発信などのネットビジネスで実行したらどうでしょう。
自分から学ぶ意欲のある感覚の高いお客さんだけがあなたの下に集まれば、かなり楽になると思いませんか?
稼げなかったら人のせい・教材のせいにするようなビジネスセンスゼロの人種が来るよりは天地の差でマシですよね。
でも楽して稼げる系の情報発信ばかりしていると、そういった残念な人しか集まらなくなります。
そんな他力本願至上主義みたいな人たちに王道的な教材をアフィリエイトしたところで売れるわけがありませんよね(笑)
そんな失礼なことをしようものなら「もっと他に楽して稼げる方法は無いのか!」とクレームが来ますよ。
 逆に真っ当な情報発信を心掛けていれば、それほど変な人は集まってきません。
なので、あなたがまともなお客さんを相手にしたいと考えるなら、常日頃発信する情報に気を使いましょう。
ちなみに私のお客さんになってくれる人たちは、皆さん感覚の高い人たちばかりなので本当に楽しいです。
こうした人々が集ってくれるのも、ひとえに日々の発信内容に気を付けているからだと思います。
例えば私の無料講座案内ページや有料企画案内ページでは、楽して稼ぎたいと目論む人種を根こそぎ抹殺するように仕掛けをしてあります。

【詐欺系オファー断罪系ブログも危ない】

欺オファー・商材を絶対に許しません!」的なブログをよく見かけます。
実はこれも危ないんですよ。
普通に生きていれば100%詐欺だと分かる情報をわざわざ「これは詐欺です」「これは危険です」「これは悪質です」といわれなければそれがダメなオファーや商材だと判断できないような人って、相当に頭がバグってますよね。
そんな人にメルマガ登録されても私は嬉しくないのですが、いかかでしょうか?
わざわざ馬鹿が集まってしまうブログを作るくらいなら、王道的な「悩み解決系」のブログをコツコツ作っていった方が何億倍もマシです。
毎日毎日「これは詐欺です!」「これは危険商材です!!」という言葉を発信するのって絶~っ対、体に悪いですよ。
だったら悩み解決やノウハウ提供系でいきましょう。後悔しませんから。
そんなお話でした。