カテゴリー別アーカイブ: 未分類

令和になっても変わらないもの

新時代の到来に浮かれている世間。
新しい時代が来ればきっと良いことがある?
残念だがそれは気のせいかもしれない。
新しい時代になっても、
それまで貧乏だった人が急に月収100万円になるわけではない。
令和に元号が変わっても、ダメなやつはダメだし、稼ぐやつは稼ぐ。
実際、知り合いで外資系企業をクビになった人がいる。
これはいつの時代も変わらなかったことでしょう?
新年になろうが、新元号になろうが、
個人の生活レベルが良い方向に変わることはない。
悪い方向に変わることはあっても。
個人による血で血を洗う闘争で人生はやっと変わってくれる。
放っていても、人生は悪い方向に変わるだけ。
現状維持をやめた先には下降しかないから。
【「自分で」やる。やってもらうじゃ変わらないよ】
仕事柄、個人向けにビジネスのやり方を教えることが多い。
その人が稼げるようになるかは、
ちょっとしたメールのやり取りやアンケートの回答ですぐにわかる。
「稼がせてもらう」という根性の人は間も無く音信不通になる。
「自分で稼げるようになる」という人は放っておいても稼ぐようになる。
結局依存体質はダメってことなんだよね。
自分で仕組みを敷いて自動で売れる仕組みを作っていくという話なのに、
変なところで「おんぶに抱っこが」出てくると絶対潰れるから。
ちなみにこの「他人に手取り足取り面倒見てもらって稼がせてもらおう」
という腐った思考の人は詐欺系のローンチが横行する業界の「お客様」に多い。
「大金を払ったんだから必ず稼がせろよな!」という態度なのである。
すごいでしょ笑?
他人に教えを請うこと自体は悪いことじゃない。
独学は毒学に通ずるっていうし。
でも、肝心の結果は「自分でどうにかする」という意思を忘れてしまうと、
悪魔に足元をすくわれる結末に終わるのだ。
 

経団連会長「終身雇用を続けるのは難しい」


年金制度にもガタが来て、でも生きるには働き続けるしかないこのいびつな社会。
終身雇用がもはや過ぎ去った前世紀のものであることはみんな薄々気づいていたこと。
だから今更感はあるけど、
これを聞いて国や企業に「ふざけんな!」と不満をぶつけるのは間違い。
むしろ、経済界が「もう無理っす」と宣言してくれたことで、
「新卒で良い会社に入って定年までしがみつくモデル」の崩壊が
ようやく世間レベルでも知れ渡ることになる。
もう個人でサバイバルして生きるしか、これからの時代を生きる道はないとそろそろ気づこう。
これは険しい道に見えるかもしれない。
でも今はネットの力を使うことで、個人でも十分に稼いで好きに生きることができる。
若い人ほど、どうかこの事実に気づいて欲しい。
 

ブログで副業する時代の終わり

検索アルゴリズムの変動でサイトの表示順位が下がる。
これは今に始まった話ではなく、4〜5年前(もっと前かも)から
サイトやブログを使ったビジネスモデルの危険性は度々いわれていた。
その時この事実に向き合って仕組み作りをした人は今でも生き残っているし、
これからも生き残る。
この事実から目を背けてひたすらブログ記事だけを更新し続けた人は
もう死んでいるか、これからも度々起きるアルゴリズムの変動で収益が減るかのどちらか。
ビジネスは全て自分の責任で行うもの。
明らかに道を踏み外すのをわかっておきながら放置するのは単なるバカ。
仕組みを作ろう。リストを取ろうと言っても聞く耳を持たなかった人たちは
今どうなっているんだろう。
どこかで気づいて自分なりの仕組みづくりをしていればまだ救いがあるけど、
結局手法を変えていなければもうネットビジネスをやめているかもね。
■追伸
リストマーケティング的サイトの使い方は、
とにかく見込み客の興味をひく記事を投下して「ちゃんとやっている」感を出すこと。
3記事や10記事しかないブログなら最初から見せないほうがいい。
読んでも読んでも底が見えない量(200〜300記事)を早々に用意して、
量による実績を見せる。
そして至る所にリスト取りの導線を引いておいて、メルマガに流れる仕組みにしておけば、
まず間違いない。
LPを最初から見せる広告よりも、まずはブログに誘導して(広告から)
ブログをある程度回遊させて自分から読者になるような人を集めたほうが
その後買う可能性は高い。
 

年収800万円から生活保護に転落…「娘の結婚式までは死ねない」

気のせいなのかなんなのか、おっさん世代の起業知識の無さが目立つ記事が多いな・・・
起業の知識といっても、はじめに何をして何をしてはいけないのか、
っていう超基本的な話なんだけど、おそらくこの手の記事に出てくる失敗した人たちは
それすら知らず勢いで起業らしきものをして失敗しちゃったんだろうね。カワイソ。

起業が正義とはいわないが(言うても向き不向きがあるからね)
雇われで生きるリスクを棚に上げると後が怖い。
少なくともこの時代でいつまでも雇われで働けると思えるその思考が怖い
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

なんか残念な話題だね。
家から出なくても稼げる時代にはなったものの、この記事に取り上げられてるのは
多分マジもんの「引きこもり」。
2ちゃんのまとめサイトで偏った知識を得て〇〇ってるような連中でしょ。
いやーキッツいわ(笑)
こういうのがローンチ屋に引っかかるんだろうな・・・

人間は2人以上になると行動が恐ろしく鈍る。

【金儲けは1人でやるに限る】

ジネスは今の時代、1人で行うことができます。
莫大な資金も特別な人脈が無かったとしても、
本気でやれば年商1億円の仕組みを1人で作ることは可能です。
本気でやれば。
もちろん、上場をしたいだとか何百億のビジネスをやりたんだというなら
それなりの資金力と特別な人脈を組み合わせて奮闘していくしかないでしょう。
でももしそこまでは望まず、極めて個人的な経済的成功で十分なのであれば、
私は迷わず個人起業を勧めます。
1人の方が行動は早い。
人間2人以上になると途端に行動力が鈍ります。
意思決定に他人が絡むようになるからです。
大事なことは何回もミーティングをして丁寧に決めていく必要があります。
そうでないと他人に迷惑がかかるからです。
個人は楽ですよ。失敗も成功も全て自分の責任なんで。
責任は全て自分が被るという位ある意味クソ無責任な態度を取れるのが個人企業です。
このクソ無責任さがどれだけ楽かに気づくためには、
一回くらい組織やチームで動いてみてもいいかもしれません。
自分の時間はなくなるし場所の制限は出てくるしで発狂したくなると思います。
ここで発狂せずに純粋に楽しめるならそれはそれでいいことです。
ぜひチームで力を発揮してください。
私は無理でしたが笑

【バカが1人でもいると最悪】

ーム全員が最高に短期でせっかちなら最高です。
余計なことは考えずに最初から結論ありきでことが進みます。
これは個人起業でも大切なスキルです。
余計なことを考えずとにかく動く。考える前に動く(とはいえ3手先くらいは読んでおく)。
こうすることで結果がどんどん生まれていきます。
ただし、ここにもしバカが1人でも紛れ込んでいた場合は最悪です。
トンチンカンなことをいう。どうでもいい話で事が前に進まない。
もうね。マチェーテで叩っ斬ってやりたくなりますよ。
こういうのがあると「あーやっぱ1人がいいわ〜」とつくづく思います。

【世間がどうとかじゃない。あなたはどうしたいのか?】

には向き不向きがあります。
チームでこそ力を発揮する人。個人プレーの方がやっぱり向いている人。
重要なのは本人がどうしたいのかをちゃんと理解していること。
自分の体の特性を理解していること。
そのためにはいろいろやってみることをお勧めします。
チーム体制で3か月くらい動いてみるとかね。
(まぁ1か月もやれば向いているかどうかはわかるでしょう)
その上で、自分はどうしたいのかを本音で決めましょう。
あなたの人生はあなたのものですから。
それでは。
■追伸
私は個人的な成功で満足してしまうタイプですが、
何から何まで一人でやっているわけではありません。
例えば集客ページから販売までの流れはすべて自分で作っていますが、
集客時代はお金を払って外部に任せています。
 

丹洋介氏の評判について。

は当サイトでネットビジネス関係の発信をしていますが、数ある流入ワードの中でもよく目にするのが「丹洋介 評判」というワードです。
なぜかというと、私が唯一推奨しているとある教材(この記事の冒頭と最後参照)の販売者でもあるためその流れで「丹洋介」というキーワードがアクセスに繋がっているのでしょう。
ちなみに丹洋介氏についての評判ですが、目立った悪い話は聞きません。

【丹洋介さんはどんな人?】

在は株式会社バインドエッジ代表取締役をされながら、実店舗のコンサルやネットビジネス関連のコンテンツ販売をされています。
また最近は書籍も出版されたようで、活動領域を拡大させているようです。
元々は携帯サイト関連の手法に取り組まれていましたが、スマホの台頭によりその手法に陰りが見え始めたためその後はサイトアフィリに転向。
その後さらにメールマーケティングに取り組み、確固たるノウハウを確立し収益を完全に自動化されました。
サイトアフィリにしてもメールマーケティングにしても再現性よろしく洗練されたノウハウを確立されており、
運よく彼に出会えた人はネットビジネスの成功確率がそうでない人よりも1億倍は違うといえます
色々な情報発信者を見た中で改めて思うのは、丹さんが一番、初心者を稼がせるのが上手ということです。
もちろんノウハウ的に。

【丹洋介氏を一言で説明すると・・・】

「ネットビジネスを自動化させて安定かつ継続に稼ぐ為の極めて現実的なノウハウを確立した人」
となります。
一言が長いというツッコミは真摯に受け止めておきます)
ちなみにこの「ノウハウ」は、彼のメールマーケティングノウハウを指しています。
先述の通りサイトアフィリでも成功されていますが、その後に確立されたメールマーケティングはさらにその上を行くといって差し支えありません。
私がビジネスをする上で掲げるポイントである「外部的要因に左右されずに安定かつ継続して稼げる」という指針とも完全に一致するのがメールマーケティングです。
そしてそのメールマーケティングにおいて最先端を行くのが、丹洋介氏のノウハウです。

【ネットビジネスで安定して稼ぎたいなら】

の話は至る所でしていますが、ネットビジネスで安定かつ継続して稼ぎたいならそれがアフィリエイトだとしても情報販売(独自コンテンツ)だとしてもメールマーケティングしかありません
これは私がメールマーケティングを推したいから述べているわけではなく、客観的に考えて自動的に、安定かつ継続して稼げるモデルメールマーケティング意外に存在しないからでありそして、その他のサイト系アフィリやSNS・You Tube で稼ぐというモデルは、各々が外部的要因ですぐに稼げなくなるリスクがあるからです
サイト系あればアルゴリズム変化によるサイト順位下降または検索除外。
SNSや You Tube であれば、アカウント削除やサービスの停止など。
これらがひとたび起きてしまえばそれまでの蓄積がすべて水の泡になります。
しかし、これがメールマーケティングであれば、読者のアドレスがたったひとつあるだけで半永久的にビジネスをすることができるわけです
メールマーケティングで最低限必要なものは
・メール配信サービス
・読者
・メール本文

これだけです。
ある程度ノウハウをおさえれば送るべきメールの内容は全て頭にインプットされるので、仮に今ある全ての読者・メール本文が消え去ってもすぐにビジネスを再開できます。
そして1か月以内に、再び数十万円の収益を発生させることができるのです。
このような離れ業ができるのは、世界中どこを探してもメールマーケティングくらいでしょう。
これがサイト系その他のモデルであれば、また1から作り直さなければなりませんからね。
そして再び報酬が上がるのは何か月先ですか(;^_^Aという話です。
普通の人なら気力がもちません。
その前にサイトが消し飛んだショックでそのままネットビジネス引退という人の方が多いですね。

【そんな最強手法の第一人者が丹洋介氏】

て話が逸れましたが、とにかく先に挙げたような王道的手法の第一人者丹洋介氏であることを覚えておけば間違いありません。
普通なら数十万円で参加できるスクールで学ぶような内容を、丹さんのコンテンツで全て学ぶことができますので。
これなら初めて取り組む人の経済的な負担も軽減されて良いですよね。
後は今回のお話を踏まえて、あなたが丹洋介氏をどう批評するかを決めればいいでしょう。

【丹さんの最近のセールスレターを読んで思ったこと】

王道的な流れを組むお手本のレターを書かれるな、とやっぱり思います。
丹さんがどんな流れでコピーを学んだのかは実際わかりませんが、どことなく私と同じ流派にいるようないないような。
いずれにしてもコンテンツはしっかり作られる方なので彼から学ぶのはスタートとして良いと思います。
そしてさらにエグいノウハウを知りたいなら私からの情報も見てみてくださいね。

■筆者プロフィール


個人経営を仕組み化するための無料講座を受けるには今すぐこちらをクリック