カテゴリー別アーカイブ: セールス

セールスをテーマにしたセミナーで語られていたこと(お値段なんと300万円)をとりあえずまとめてみた。

その昔、とあるセミナーが開かれました。
これは主に、起業家、個人事業主、経営者、セールスパーソン、などなど、人にものを売ることを生業にする人向けのものでした。
参加費が参加費なので量も多かったのですが、特に根幹となる部分をまとめてみました。
【人を動かす感情トリガー】
■ストーリー
→人はストーリーに共感する
→「神話の法則」
→落ちて上がる人生は多くの人が経験する。だから共感する。
ストーリーの流れ
1:見込み客と似ているスタート地点
→見込み客の現実とマッチさせる
→アラブの石油王に「石油王になるノウハウ」を学んでも共感できない
→「ネットビジネスに失敗しまくった私でも手にした自由に稼ぐ方法」だから聞きたい
2:チャレンジと失敗の連続
3:突然の出会い・発見
4:成功の連続
5:完璧なメソッドの構築
→科学的要素・歴史・データ・実験結果を入れる
→ここでテクニック(メソッドの詳細説明)を出す
6:他の人も成功
7:次はあなたの番です
エクササイズ
→あなたがその商品を売るに至ったストーリー(背景)を考える
■イベント
→プロモーションは1つのイベント
 →ざわめきを生んでからセールス、そしてはかなく終わる
■コミュニティ
→とにかく参加させること(コメント、感想)
■社会的証明
→ラーメン屋の行列(あのラーメン屋は美味しいに決まっている)
 →コメントや感想
■希少性
→人が最後に行動するための起爆剤
→ただ「手に入りにくい」という理由だけで行動の動機になる
→絶対につけること
→限定〇〇個、〇月〇日まで
希少性の種類
→時間、期間
→数(人数・在庫)
→特典(最初の10名、最初の50名、最初の100名、など)
■権威
→白衣を着ている人を見たら無意識に医者だと思う
→警察の制服を着ていたら無意識に警察だと思う
→歯科医推薦の歯ブラシ
→新聞掲載実績
→信用できる人からの紹介
信頼はシフトする
→信頼が一番高い時に、換金する
■期待
→常に「続きが気になる」要素を入れる(例:予告)
 →一気に全部見せない
■共通の敵
→見込み客の共通の敵(これも共感の要素)
→「そう、それが私の敵なんだ!」と見込み客に言わせたら勝ち
→敵を一緒にやっつけよう、というスタンス
敵の作り方
1:見込み客と話をする(アンケート・コメント)
2:「3つの質問」をする
→①最大のフラストレーションは?
→②見込み客のファンタジー(妄想)は?
→③この業界の不誠実や隠し事は?
3:計測できる、存在しているものに置き換える
敵を作るときの注意
→ライバルの悪口を直接言わない(特定個人・団体を攻撃しない)
共通の敵を作ったその先
→敵を倒すための商品開発
エクササイズ
→あなたが売ろうとしている商品の敵を3つ作り、それを解決するアイディアを1つずつ出す。
■根拠
→「あなたにもできる」という証明をする
→誰でもロスチャイルド家や石油王の話を聞きたくない
→立ち位置は見込み客25%進化している人(ちょっとだけ先にいるだけ)
根拠を示す要素
1:ストーリーの流れを使う

2:真実でも見込み客が委縮することは言わない

3:見込み客の過去の体験と紐づける
→たとえ話は過去の話と結びつけないと共感できない
新しい情報は生で与えない
→相手の知っている概念に置き換える
4:お客さんの声を使用する
→同じ立場の人が成功したという声は強い
5:権威のある証拠を使用する
■論争・議論
→反対意見に正面から立ち向かうこと
→火種を投下する
例:「〇〇な人は帰ってください」
例:楽して稼ぎたい奴は消えろ」
→嫌われることを恐れない(全員に好かれようと思わない)
→「我らと彼ら」に分ける
→私たちに必要なのは見込み客だけ
5人のお客さん
1:容疑者(興味のあるふりをして結局買わない人・フリーライダー)
2:見込み客
3:お客様(1つでも何か買ってくれた人)
4:リピーター(2個以上何か買ってくれた人)
5:推薦者(アフィリエイター・広めてくれる人)
→フォーカスするのは見込み客
→見込み客を集めることを忘れてはならない
■コミットメント
→コミットメントの法則
 →人は自分の行動と思考と発言を一致させようとする
  →一致させなければ気が済まないという心理的傾向
→例:衝動買いしたものを後で正当化する
   →先に感情で行動して後で思考で正当化する 
コミットメントを取るなら、お客さんに行動させる
「やる気がないなら解除して」解除しない=「やる気がある人」に一致させようとする
ブログに熱意や思いを書かせる
→これに反することをすると、言行一致しない自分がストレスになる
■会話
→見込み客と会話する(見込み客が今リアルで持っている悩み、言葉をヒアリングする)
 →スカイプ、メール、LINE
→アンケートスキル3つのポイント
 1:答えやすい質問(選択式)
 2:見本をみせる
 3:プレゼントを付ける
 
ざっとこんな感じです。
まだまだあるので、機会があれば続きを公開します。

ネットビジネスで詐欺になる表現

【ビジネスをする上で気を付けなければならないこと】

なたがビジネスでどんな商品を扱うにしろ、
そのPRで使う表現には気を付けなければなりません。
今回はそんな話をします。

【「絶対○○できます」はアウト】

イエット系なら「絶対に痩せます!」
ビジネス系なら「絶対に稼げます!」
勉強系なら「絶対合格します!・○○点取れます!」
一発で詐欺かと言われればグレーゾーンですが、
それでも誇大表現のそしりは免れないでしょう。
この世界に絶対のもの、100%のものはありません。
圧倒的な合格率を誇る予備校に通っても浪人を繰り返す人がいるように。
購入者の実績や体験談、何らかの研究結果を紹介するのは問題ありませんが、
商品のキャッチコピーや効果保証的な意味合いで「絶対○○できます」とするのは辞めましょう。
たとえば通販番組でも
「個人の感想です」「効果には個人差があります」等のテロップがよくあるように、
どんなに期待通りの効果が見込めるものでも「ただし書き」は必須なのです。
それなのに、「100%確実に稼げる」みたいなことを言っているキャンペーンがあったら
それこそ100%詐欺です。

あーそうだよ。ローンチ屋テメーらのことだよ(笑)

【稼ぐ系はどうするの?】

て、ここで問題になってくるのはいわゆる稼ぐ系の商品(教材・スクール)を
アフィリエイトしたり独自商品として販売する場合です。
稼ぐ系なのですから、当然稼げる金額をプッシュするべきとも思いますが、
これは絶対に辞めてください。
理由は先の通りです。
たとえその手法で1億円稼ぐ人が沢山いようが、
その商品を購入した人全員がそれを実現できるとは限らないからです。
この辺の話は大学受験に置き換えると分かりやすいと思います。
東京大学合格者が使った参考書を使ったからといって
同じ結果が得られるとは限らないのと一緒です。
となると、「ではどうやって商品を売りだせばいいの!?」となりそうですね。
とりあえずできることとしては
購入者の実績や感想などを使って「社会的証明」を打ち出すことです。
確かに「個人の感想」の範疇を出ないのですが、
例えばその感想の中に購入を迷っている人と似た状況の人がいて
実際に効果があった旨があれば、それが共感を生み商品を手に取ってもらえる可能性は高いです。

【稼げる金額ではなく学習効果を】

もやっぱり、私は稼げる金額よりも学習効果を推すべきだと考えます。
ビジネスで成功するためには1にも2にも3にも4にも勉強です。
呆れるほどの原理原則の追及が結果として圧倒的な成果を生み出します。
その過程をすっとばして稼げる金額にフォーカスしても絶対に稼げるようになりません。
それでも稼げると思っている人はビジネスを勘違いしているか、
「楽して稼げる」系の怪しい販売者に毒され過ぎたかのどちからです。
・起業で成功するための事業計画の仕方
・21世紀で成功する分野の見分け方
・商品が売れやすいサイトの作り方
・集客できる SNS 媒体の作り方
・こう成約率を出すメルマガの書き方等々
その教材、そのスクールで学ぶことでどんな学習効果が得られるかを淡々と説明し、
それに納得してくれた人に買ってもらうことが理想です。
こうすることで学び意識の高いお客さんを迎えることができ、
最初から稼ぐ金額にしか意識の向いていない勘違い野郎を排除できるので一石二鳥です。

【収益は勉強の先にある。これは間違いない】

ジネスを成功させるには勉強するしかありません。

広告の作り方、集客の仕方、セールスの仕方、
顧客フォローの仕方、リピーターの得方など、
そういった原則的なことをひたすら学びそして実践していく中で力が付いていくのです。
どうですか?地味ですよね。
何か裏ワザを使って一瞬で稼げる世界ではないことがお分かりいただけたかと思います。

【まとめ】

中話が逸れましたが、
とにかく商品を売る際は「100%の効果・結果保証をしない」
これだけおさえておけばとりあえず大丈夫です。
 

情報教材のアフィリエイトで稼ぎたいあなたへ。

【実は一番難しいと言われている】

フィリエイトには様々な商品がありますよね。
ダイエットサプリ、家電製品、保険サービス・・・まさに多種多様です。
既にアフィリエイトで売れないものは無くなりつつあります
そのうち不動産すらアフィリエイトできようになるでしょう。
まぁ情報が売れてしまう時点で、商品の限界を取っ払ったようなものですからね。
さてそんなアフィリエイト業界ですが、「売りにくい」「高難易度」といわれているジャンルがあります。
それが情報教材アフィリエイトです
稼ぐ系、ダイエット方法、英語勉強法、ゴルフ上達法、恋愛テクニック・・・
このように情報教材アフィリエイトには様々な種類があります。
これらの情報を売ることが、難しいとされているのです。
何故でしょうか?

【人は情報を買うという習慣が無い】

な理由としてはこれです↑
何かのノウハウ・情報を買うことって、中々ありませよね。
馴染みが無いものなので、いざそれを買うとなった時に人は抵抗を示すのです。
もちろん、目に見えるものを買うことには抵抗がありません。
しかし目に見えない「情報」に対しては、一歩踏み込む勇気が持てないのです。まして世間では、「情報商材」という言葉がかなり悪いイメージで広まっているせいで、余計に抵抗を感じる人は多いです。
「アフィリエイト、ネットビジネス=怪しい」という図式が成立してしまっているんですよね。まぁ世間がアングラ認定すればするほどライバルがいないので私は稼ぎやすいのですが(笑)

【情報を買うことは良いこと】

ちろん、情報を買うことは良いことです。
自分を成長させるために買うのですから。
正直な話、情報にお金を払える人が人生を豊かにできます。
これからの時代では情報持ちがお金持ちになるのです。インターネットの登場で情報の価値はゼロになったと言う人がいますが、それはあくまで誰でも手に入るゴミ情報のことであって、やはり表には出回らない情報には相変わらず億単位のお金が動きます。
「情報の価値なんてゼロ!タダで手に入れて当たり前!」と考える人はどんどん貧しくなり、真の情報の価値に敬意を払って身銭を切れる人はますます富んでいきます。
人が知らない良質な情報をお金を出して買うことで、当然その他大勢の人よりも優位に立つことができるのです。
その結果、人生自体も有利に進めることができるのです。
ネットビジネスだってそうですよ。
普通の人はネットビジネスなんて知りません。
しかし、あなたは今こうして学んでいます。
このことによってネットビジネスを知らない人よりも、
(つまり「時給の世界」で働くことしかできない人たちよりも)
自由な時間とお金を手にすることができ、その結果誰にも縛られない人生を実現できるのです。

【でも実は、人は情報を沢山買っている】

ほど「人は情報を買うことに抵抗がある」と言いましたが、実は多くの人が情報を頻繁に買っています
本やCD、Blu-rayがそれに当たります。
あれらは言ってしまえば単なる紙の塊と規格の違う記憶媒体に過ぎません。
しかしモノによっては数万円単位の値が付くものだってあるわけですよ。
プレミアというものですね。これが何故だか分かるでしょうか?
無論「その内容物に価値がある」と、欲しい人が認めたからですよね。
つまり目に見えない情報であってもその内容に価値を持たせることができれば実は値段の上限なく売ることができるのです。
「値段の上限なく?何言ってんの?」と思われたかもしれませんが、例は沢山ありますよ。
身近なものでいえば塾や予備校がそれに当たりますし、後はコンサルタントがいい例ですね。
塾や予備校では勉強の仕方や受験テクニックなどを、コンサルタントは経営戦略や売上げ向上の方法などをそれぞれアドバイスするわけです。
大手資格予備校になれば授業料は100万円を超えますし、コンサルタントにしても大手になればコンサルフィーが200万円を超えることも珍しくありません。
このように馴染みが無いと思われた情報を買うという概念も、実は周りで頻繁に行われているということです。
もちろんそれぞれのやり取りは、「お客さんに価値を感じさせられているからこそ成立している」という点は忘れてはなりませんが。

【転じて情報教材アフィリ】

回のポイントとしては、価値を感じさせることさえできれば情報であっても売れるということです。
そしてそのためにはやはり、価値を感じさせる方法やら売り方やらを学んでいく必要があります。
でも実は、一番即効性のある勉強法は別にあるのです。
それが「実際に自分で情報を買ってみる」という方法です。
あなたが取り組みたいジャンルの情報教材を実際に買ってみるのです。
もちろん、ただ買うだけでは意味がありません。
その情報教材がどのように売られているかを研究しましょう
・販売者のサイト構成
アフィリエイタ―はどのように紹介しているか
・教材紹介までのメルマガの流れはどんな感じか
とにかく買う側になってとことん研究してみましょう。一番の勉強は買う側になること、そしてその後に売る側の視点を持つことです。
そうしてリアルなセールスの流れを目の当たりにし、集客→教育→販売というビジネスの原理原則を肌で感じるのです。
そんなお話でした。

広げる力:よく書くためにはよく読むべし。

woman-studying

【今日はLPを書いていました】

 
日は暇だったので
 
新たにLPを書いていました。
 
 
 
 
私のLP制作はいつもここから始まります↓
 
kitanai
 
 
まぁ字が絶望的に読みずらいのは置いておいて、
 
 
基本的に紙に大体のベースを書き
 
その手がかりを基に広げていきます。
 
 
→その結果がこちら
 
 
 
ちなみに使った作成ソフトはこれ
 
 
 
 
 
 
なぜあの暗号に近いレベルのメモ書きから
 
ここまで作れるかといえば、
 
 
それはやはり、
 
これまでのノウハウの蓄積があるからです
 
 
 
 
 
 
これまで散々書いてきた
 
メルマガ、ブログ、セールスレター、LP
 
 
 
散々学んだ動画講義、マニュアル・・・
 
 
 
散々読んだ本の数々・・・
 
 
 
 
 
まぁつまりが、
 
 
いろんな言葉や知識の蓄積があるからこそ
 
言葉足らずのメモが先のLPに変身するのです
 
 
 
 
 
 
 
 

【実践を重ねよう】

 
生に無駄なことは無い」
 
とはよく言ったものですが、
 
 
 
本当にその通りだと思います。
 
 
 
 
むしろ各人がした無駄の経験が、
 
実は後々差別化するときに役立ちます。
 
 
 
 
皆が皆同じ経験しかしていなければ
 
どれも通り一辺倒なものしかできず、
 
 
まぁつまりません!
 
 
 
 
そんな※フラクタルなものを
 
欲しがる人はいませんよね。
 
 
 
 
(※フラクタル=金太郎飴)
 
 
 
 
 
 
セールスを学ぶと分かりますが、
 
 
やはり人から抜きん出て売るためには
 
差別化(ブランディング)が必要です
 
 
 
 
そしてその差別化を際立たせる為には、
 
 
それまでにどれほどの無駄な
 
インプットをしてきたかによります。
 
 
 
 
 
もちろん、わざとらしいのはダメですよ。
 
 
 
 
その時々で頑張っていたものの、
 
結果としては無駄になってしまった・・・
 
 
くらいがちょうどいいですね。
 
 
 
 
 
 
 

【進もう、道は開ける】

 
にかく実践を続けましょう。
 
 
 
 
もうこれしかないですよね。
 
 
 
 
あなたの取り組む手法を信じて、
 
愚直に歩みを進めてください。
 
 
 
 
 
実践の度にノウハウ・知識・経験が蓄積され、
 
 
その後の
 
似たような行動での動作が速くなります。
 
 
 
 
するとさらに新しいことに挑戦でき、
 
また経験値がたまり・・・
 
 
という好循環に入ることができます。
 
 
 
 
 
 

【さらに良いことには・・・】

 
して
 
 
それまでは点と点で存在していた
 
あらゆる知識が線で結ばれ、
 
 
やがて面になる時が来ます。
 
 
 
 
そうなればもうこっちのもので、
 
 
それはもう縦横無尽に
 
ビジネスを展開できるようになります。
 
 
 
 
 
 

【言葉磨きには読書】

 
ころで、あなたは読書をしていますか?
 
 
 
コピーライティングを学ぶのは
 
もちろん大切ですが、
 
 
できれば読書も
 
欠かさずしてほしいところです。
 
 
 
 
コピーライティングはスパイスのようなもので、
 
そればかり集めても料理は完成しません。
 
 
 
 
文章の全体を構成する言葉を磨くためには、
 
やはり読書が最適です。
 
 
 
 
ですので、
 
 
あなたがピンと来た作家さんの本を
 
たくさん読みましょう!!
 
 
 
 
 
それでは!
 
 
 
 
 
 
【追伸】
 
→最強LPテンプレート