カテゴリー別アーカイブ: SNS

LINE@の規約変更でネットビジネス屋さん死亡

LINE@がいよいよ使い物にならなくなる。
 
なぜならLINE@では情報商材、アフィリエイト、セミナー誘導などの、
ネットビジネスで稼ぐために重要な要素がすべて使えなくなるから。
 
「これからはLINE@の時代!」
 
と息巻いていた層も、今後はLINE@でネットビジネスがしずらくなるだろう。
というより、LINE@でネットビジネスができなくなると考えた方が気が楽。
 
無料メディアからビジネスアカウントが消される動きは起きてきた。
 
古くはmixiに始まり、アメブロ、Facebook、Twitter、YouTubeなど。
 
こうした変化の中でも生き残ってきた人は、必ずこのビジネスを取り入れていた。
 

アフィリエイトはTwitterやFacebookで稼げる?

 

【アフィリエイトで稼ぐためにSNSを利用する】

 
Twitterアフィリエイト」「Facebookアフィリエイト」などといった
 
SNSを使ったアフィリエイトは結構人気があります。
 
 
ブログやメルマガほど手の込んだものを作らなくても
 
属性(見込み客)を絞ったアカウントを展開し大量のフォロワーを集めて
 
そこに向けて商品をセールスする。
 
 
これがSNS系アフィリエイトの大まかな流れです。
 
 
実際今でも稼いでいる人はいるので問題無く通用するモデルです。
 
 
だからこそ、「我こそは!!」と言わんばかりに
 
SNS系アフィリエイトに挑む人が後を絶たないのですが・・・
 
 
 

【SNS とは】

 
さら「SNSとは?」なんて言われてもさすがに分かりますよね(^^;
 
 
念のため知らない人のために解説しますと、
 
SNSとはTwitter や Facebook でお馴染みの
 
他者と交流できるネット上の媒体のことです。
 
 
知人、同僚、はたまた芸能人まで、絡める人種に制限はありません
 
 
本当にすごい媒体です。コミュニケーションの極致です。
 
 
さて、「人集まるところ、商いあり」とはたった今思いついた格言ですが、
 
やはりこうした媒体をビジネスに利用する人は多いですよね。
 
 
大手企業も公式アカウントを作りバンバン宣伝していますし。
 
 
個人は個人で広告を作ってマニアックなリーチを試みたりしています。
 
 
まぁ便利だからといってあまり広告が増えすぎても
 
ビジネスが嫌いな一般ユーザーには煙たがられるわけですが(笑)
 
 
これらの媒体は本当に人が多くいるため、自分のお客さんを比較的簡単に探せます。
 
 
どうしたって人が集まる場所ですから、ある程度のアクセスを集められるのです。
 
 
・SNS が盛んであること(というより沈静化はまずない)
 
 
・ビジネスに利用できること
 
 
こういった事情から、先述の通り
 
「Twitter で稼ごう!」「Facebookで稼ごう!」「LINEで稼ごう!」
 
というような教材が多く出ています。
 
 
ブログやメルマガよりもお手軽にアフィリエイトができる・・・
 
となれば多くの人がSNSアフィリエイトに殺到してもおかしくはないですよね・・・
 
 
でもね(´・ω・`)
 
 
 

【SNSはあくまで玄関口】

 
Twitterで・Facebookで・LINEで(以下略)」
 
確かにそれらを使った上で収益を上げている人は存在します。
 
 
私もこれらの媒体を有効活用してバズマーケティングを展開中です。
 
 
システムを確立できている人なら月収数百万円は造作もないでしょう。
 
 
しかしSNSの本来的な立ち位置は、あくまでも集客手段のひとつです。
 
 
SNSで稼いでいる人は、
 
・Twitterだけで
 
・LINEだけで
 
・Facebookだけで
 
収益化しているのではありません
 
 
 
やっぱりそこから先が必ず用意されています。
 
 
それは独自サイトかもしれませんし、メルマガかもしれません。
 
 
(ちなみに最強なのはメルマガです)
 
 
いずれにしても、ちゃんと「応接室」があるのです。
 
 
これまで挙げてきた SNS 媒体はあくまで玄関に過ぎません。
 
 
ここを勘違いしてしまうから、ビジネスが思うようにいかないのです。
 
 
つまり「Twitterで稼ぐ」「Facebookで稼ぐ」「LINEで稼ぐ」教材を買ったところで、
 
買った本人がその先を用意しないのならそれで終わりということです。
 
 
 

【SNS 「だけ」だと素人くさい】

 
る人が面白いことを言っていました。
 
 
それは、ビジネスの媒体がSNS だけだと素人くさいという話です。
 
 
具体例でいえば、
 
「ネットビジネスしてます!!」「ネット起業しています!!」
 
というTwitterアカウントに何のリンクも無い状況です。
 
 
ホームページへのリンクなし、メルマガLP(募集ページ)のリンクも無し。
 
 
ただ「ビジネスしてます!」「自由を目指してます」と叫んでいるだけ
 
 
似たような現象は他の SNS でも起こりえます。
 
 
ホームページURLがないアメブロ、Facebook・・・
 
一瞬で薄っぺらいと判断されます。
 
 
ただ、初心者に「ホームページを持て!」というのも酷な話で
 
ここは難しいところですが、そうも言っていられなくなるかもしれません。
 
 
年々、無料媒体でビジネスをすることが厳しくなりつつあるからです。
 
 
規約の改定で削除のリスクが高まっているのが大きな原因です。
 
 
こうなってくると、
 
「初心者はまず無料ブログから」とも言いずらい状況ですよね。
 
 
というより、初心者はブログなんてやらずに
 
まずはメルマガで稼ぐことを覚えるというのが表には出ない本当の王道なのですが。
 
 
実際、メルマガから始めて稼げるようになり
 
今では指導者的立場にステップアップした人は何人もいます。
 
 
皆ほんの数か月前までは
 
まともにメルマガという媒体を育てていなかったにも関わらずです。
 
 
閑話休題。
 
 
いずれにしても、
 
SNS の使いどころを間違るととんでもない失敗をしてしまいます。
 
 
そもそもSNSはユーザー同士の交流がメインであって、
 
ビジネス目的のツールではありません
 
 
だからこそ各SNSの規約ではビジネス目的の利用が制限されていますし
 
見せしめ的にアカウントが消される人も結構いるのです。  
 
 
つまり、「自分はSNSで稼いでいる!」と
 
ドヤ顔の人はただ運営に泳がされているだけなんですよね。
 
 
アフィリエイトなどのネットビジネスで稼いでいる人たちは知っています。
 
 
SNSなんてものはあくまで玄関口だと。
 
 
この意識を持っておけば無問題(モーマンタイ:問題なし)です。
 
 
それでは!
 

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:SNS の使い道。

【SNS 一辺倒は危険】

はこれまで、ネットビジネスにおいてSNS 頼りなのはかなり危険であると70回くらい述べてきました。
それをビジネスの一手段として利用するならまだしも、すべての労力をそこにつぎ込むのは本当に自殺行為です。
アカウント削除やサービスの終了・・・
これらのリスクと付き合いながらビジネスをするのは現実的じゃないですよ。
少なくともネットビジネスで自由を目指そうという人がとっていい戦略ではない。
であるなら、最初からホームページやメルマガを育てていった方がお利口さんというものです。

【まぁそうはいっても、ね・・・】

だ、 SNS を使うなと言っているわけではありません。
あくまで集客の一手段として使うなら、どんどん利用すべきです。
Twitterでアカウントを量産しようが、Facebookで友だち5000人作ろうが、YouTubeに動画を上げまくろうが、LINE@アカウントを量産しようがもう好きにやってください(笑)
理由はひとつ。
やはり SNS には人がたくさんいるからです。
初心者がメルマガで読者を1000人集めるのは大変ですが、SNS ならばいわゆるフォロワーを1000人集めるのは力技でなんとかなっちゃいますからね。
爆発力という視点だと、SNS はやっぱり強い。
いわゆる「バズる」(拡散)という現象は SNS ならでは。
バズったお陰でファンが一気に増えるなんてこともあるでしょう。
だからSNSは面白いです。上手に使いましょう。

【何が来てるか?】

は、今一番熱い SNS は何なのでしょうか?
正直、これはなんとも言えません。
Twitter という人もいれば、YouTube という人もいます。
あと最近だとLINE@が流行っているみたいですよ。
今では終わったと囁かれるアメブロでさえ、まだまだ使えるという人もいます。
ですので、正解はないです。
しかしこれでは困るでしょうから、一応の指針は示しておきます。
やはり、Twitter が一番手ごろです。
することはアカウント開設とつぶやきだけです。
文字が打てればクリアできますね。
YouTube のように動画を作る必要もなければ、ブログのように長い文章を考える必要もありません。
そういった意味では、本当にハードルが低いといえます。
情報発信の良い練習になりますしね。
ですので集客装置としては、Twitter を活用していきましょう。
ちなみにLINE@ですが、これはどちらかというと集客に使うクローズドな媒体なので、TwitterやFacebookとはまた立ち位置が異なります。
で、話を戻しますが、Twitter で一定の成果を出せたらなら、他の媒体にチャレンジしても良いでしょう。

【Twitterはこう使え的な話】

なたが既にネットビジネスを自動化して、やることが特に無い超暇人でも無い限り、Twitterを手動で動かさなくていいです。
普通にbot化しましょう(「Twitter bot」で検索ぅ~)。
もちろん表面上は個人アカウントに見えるようにプロフィールを凝らしたりLPやブログへの導線を引いたり、あとたまにリアルでつぶやいてbot感ゼロを心掛けることは大切です。
そうそう。高っいスクールで教えられていたことは
・ターゲットにマッチしたアカウントであること
・タイトル(アカウント名やプロフィール)は興味を引くものであること
・投稿内容はリツイートしたくなるものであること
・フォロワーが多いものをリサーチして真似ること(大当たりしているものをパクる)
これらがTwitterで成功するためのポイントらしいです。
(なーんか当たり前な気もしますが)
参考までに。

【まとめ:マーケティングは自演?】

演というと聞こえが悪いですが、端的に言えばマーケティングとは壮大な自演です。ま、要するに自演です。
流行も拡散も、最初に仕掛けた奴がいます。
「今、○○が熱い!」「今、◯◯話題に!」と言っているのはそれを流行らせたい人です。
これは悪いことでも何でもなく、流行を作るための予備動作なのでしょうがないんですよ。
火のない所に煙は立たぬです。
その人工的な波が、やがて仕掛け人の手を離れドカンと広がっていくのです。
つまり世間に受け入れられてマジで流行り出す。
これが失敗すると「ステマ乙」と言われて死んでいきます。
流行りのファッション、食事、スポット・・・
そのすべてに発信者(最初に言いだした奴)がいることを忘れないでください。
私たちもこれを参考にして、自ら仕掛けていくことを覚えましょう。
拡散を作るのです。それが SNS では実現できます。
だからこそ、上手に活用していきましょう。

【影響力は金で買え!?】

イトもSNSも、メールマーケティングの視点で見れば集客装置の一種でしかありません。
広告にお金をかけられるなら、わざわざサイトやSNSを使わなくても直でLP→メルマガと繋いでマネタイズという手もあります。
ま、それでもサイトやSNSをちゃんと育てれば、お金をかけずに自動で集客をしてくれる存在になります。
なので、少なくともサイトくらいは育てておきたいですね。
さて、影響力は金で買うというなぞの見出しですが、これは例えばサイトなら古いドメイン、SNSなら既に何年も運用されている古いアカウント、
これらを買ってしまえという話です。実際TwitterやFacebookアカウント、サイトを売買している売買サイトは結構あります。
なんならフォロワーを買えたりもします。
集客をとことん時短化したいなら、こうした手段をとるのも賢い選択ですね。
【追伸】
も、SNSはあくまで集客装置。きちんとその先を創っておこう。集客しただけで終わるなんてのはダメ。

Twitterで稼げていない人の特徴。「稼げる方法を教えます」「関東の方ですか?」←こんなDMくれるやつ。

 
 
とりあえず別アカに「関東の方ですか?」的メッセージが来ていたので、
 
一斉に関東です(^_^)で返しておきました。
 
 
大体SNSでクロージング(とすら呼べないけど)掛けること自体間違ってるから。
 
 
SNSの本質を分かってないよね。こういう人たち。
 
 
いきなりビジネスを仕掛けてどうすんのよ(笑)
 
 
Facebookでビジネス案件を連投しているオジサンと似たものを感じるよ。

ツイッターはネットビジネスで稼げる?凋落で大量リストラ…使い勝手悪さ、2ちゃんねる化で有力ユーザ離れ

流行り廃りはSNSの宿命なのかもしれません。
まぁFacebookは相変わらず元気みたいですが。
やはり実名登録主義は強いのでしょう。下手なことがいえませんからね。
(まぁそれでれも変な人が一定数いるのですが笑)
やっぱり匿名性が強い媒体は概して荒れがちだから評判が悪くなるのも仕方がないのかもしれません。
Twitterが消えたら、フォローマティックや神ツールツイッターブレイン(現在は腐れ神)もお役御免ですかね・・・

【日本では残る?】

Twitterはなぜか、日本において相変わらず人気があります。
単純なコミュニケーションツールとして使われたり番組の実況といった独特な使い方もあったりといろいろあります。
「バルス!」でサーバーがダウンするのは日本くらいですよ。
コミュニケーションツールはLINEが制覇した感がありましたが、中高生を見ているとLINEほど密ではない「緩い繋がり」ができるTwitterは
それなりの需要がありますね。
また、こんな使い方も↓
Twitterで気になる人をフォロー⇒そこからLINEへ誘導
というものです。
見込み客をTwitterでフォロー⇒そこからメルマガやLINE@へ誘導というネットビジネスの手法と似ていますね(笑)
学校の友だちからタレント、人気 YouTuber まで幅広い層と繋がれる Twitter は、しぶとく生き残ると思います。
最終的には日本企業が買収して一件落着といったところでしょう。

【ネットビジネス的にTwitterは使えるか】

て、Twitter のネットビジネス的用途はどうなるのでしょうか?
結論としては、この世から消滅しない限りとりあえず使っておけばいいと思います。
Twitterは中高生だけでなく社会人でも使用している人は多いですからね。
ただし、これはずっと前からそうですが、Twitterだけでビジネスを成立させるのは流石に無理があるのでTwitterの先にメルマガ登録なりLINE@なりを用意しておく必要があります。

【メルマガのリストは取れるかという根本的問題】

直、私が Twitter などの SNS 利用で気にするのはこれです。
Twitterの一番有効的な使い方は、ターゲットに合わせたアカウントを作り、そのプロフィールなり固定ツイートにメルマガ登録ページや読んでほしいブログ記事のリンクを貼りそこでリスト取りをするというものです。
一番へたくそなTwitterの使い方は、ひたすらアフィリエイトリンク付きのツイートを垂れ流すことです。
これではいずれ運営から消されるでしょう。
さて、ではそういった導線をきちんと用意してフォロワーもコツコツ獲得していった場合、その中でリストが取れるか取れないかという話ですが、正直微妙です。
Twitterはそもそも投稿が流れていく媒体なので、コンテンツの積み重ねという概念がありません。
プロフィールや固定ツイートにリンクを貼っておいても必ずそこに目をやる人は少数でしょう。
なので、Twitter でリストを取りまくるというのはあまり期待しない方が良いです。
ただし、それでもフォロワーが沢山出来たりツイートを沢山することで「数」としての影響力を示せるので、そういった力の誇示として使うのは全然ありかと。
特にまだこれといった経験が無い人は、ちょっとした情報発信の練習にもなりますし。

【終わったら終わったで終わり】

局は Twitter も一般企業が運営するアプリのひとつに過ぎません。
時代の流れで消えていったとしても、それは仕方がないのです。
その意味では YouTube や Facebook も同じですよ。
大事なことはいつそうなっても良いように早め早めに自分の媒体(独自ブログ・メルマガ)を強化しておくことですね。
特にメルマガは最優先です。
自分のメルマガを読んでくれる濃い読者が1000人でもいれば、お金には一生困りません。
もちろんいきなりこの数字を達成するのは難しいでしょうから、コツコツやっていくしかないのですが。
ここで「ダルいな~」「なんかめんどくさいなー」と思うなら、そういう人は残念ながらネットビジネスには向いていませんね。
というより「自分でビジネスをすること」自体に向いていないと思います。
数あるビジネスの中で一番ハードルの低いものがネットビジネスなのですから。

【SNSの流行り廃りで見ておくべきこと】

SNSは必ず流行り廃りがあります。
重要なのは使っていた媒体が消えた時に嘆くことではなく、「人々がどこに向かったのか」を観察することです。
向かった先が分かれば、その場所でまた活動を再開すればいいだけですからね。
この行動指針を知っておけば、媒体の栄枯盛衰なんて気にならなくなります。

【んーでもまぁ、Twitterは残るんじゃない?】

くまで予想ですけどね。
媒体の特性同様に、緩くやっていくと思います。
ちなみに、Twitterで作るべきアカウントもやはり緩めがおススメです。
間違っても「ビジネス頑張ってます系」は辞めておきましょう。
後無難なのは「○○(恋愛、名言、タレントなど)まとめ」系ですね。
私の場合は、斜め上から世間を観察する一般ブロガー的なスタンスで動いています。
どうですか?緩そうでしょ(笑)?
そんなお話でした。

もし突然働けなくなったら・・・Twitterハッシュタグより

【面白い視点ですよね】

#もし突然働けなくなったら
フラックのプロモーションで使われたハッシュタグです。
ある日突然働けなくなる・・・
考えたくもないでしょうがどんな人にもいつ起きるか分かりません
日々の生活に追われていると、明日も明後日も同じような生活が続くと思いがちですが本当はそんなことなんてありません。
毎日平穏に暮らせることはあり得ない奇跡の連続なのです。
でも、普通の人はそんなこと想像もしませんから、何の準備もしないままある種の惰性の中を生きています。

【アフラックは病気がテーマだけど・・・】

のプロモーションは保険会社のものなので、主なシチュエーションは傷病に遭った時です。
まぁ、これらに関しては日々の生活を気を付けながら過ごせば大した問題は起きません。
病気に関しては生活習慣に気を付けることで、ケガに関しては日々の行動習慣に気を付けることで、「万が一」が起きても被害を最小限に抑えられます。
要するに「気の持ちよう」ということです。ではそれ以外のシチュエーションならどうでしょうか?
ある日突然働けなくなる状況なんて自分の傷病以外にもあります。
例えば会社が倒産するとか自分がクビになるとか。むしろこちらの方がより身近なものかもしれませんね。
更に自分ではどうしようもない分本当にタチが悪いです。

【なら備えておくしかない】

なれば、やはり日々の備えが重要になってきます。無難なものは貯金や貯蓄、資産運用などでしょうか。
貯金や貯蓄であれば、とりあえずお金を残すことができます。
資産運用であれば、お金に働いてもらうことで更にお金を増やすことができます。
これらの手段に着手しておけば、倒産や首の憂き目に遭ってもとりあえずその場しのぎくらいはできるでしょう。
でも、それらに回すだけのお金が残らないという人もいるでしょうというより、ほとんどの人がそうだと思います。
特に若い世代はバッチリ(もちろん悪い意味で)じゃないですか?

【少資金でもお金を生む方法】

出し用にちょっとだけキャッチーにしましたが、貯金や資産運用などに回す莫大なお金が無くてもそれこそ数万円規模(飲み会を何回か我慢)の投資でお金をあなたの下に引き寄せる方法があります
それが個人によるビジネスです。もうこれしかないですね。弱者の取れる王道は。
後はギャンブルくらいですが、あれはトータルで負けるようにできているのでおススメできません。
「人に何か(価値)を売って対価としてお金を得る」どんな時代にあってもこれが富を得る最善の方法です。
私の場合はネット上でこれを展開し、集客と販売を自動化しました。
なので、私が寝ていようが
結婚式の2次会で潰れかけてトイレで寝ていようが次の日二日酔いでPCに触れることすらできなかろうが、勝手に仕組みがお金を稼いでくれます。
私が仕組みをネット上から消し去らない限りは。
あなたもぜひネット上に商品が売れる仕組みを創って、自動的な収益というものを実現してみましょう。

■2019年7月追記
というより、令和になって余計にいつ働けなくなるか分からない時代になった。
企業は当たり前のように「早期退職制度」の下40歳そこそこの社員をリストラしまくり、それでいて老後は2000万用意しろという。
矛盾した世界だ。ふざけた世界だ。本当の意味で実力社会になった。