タグ別アーカイブ: お金 稼ぐ

アフィリエイトや情報販売などのネットビジネス←個人が少額投資で成り上がるにはこれしかない。

【個人で稼ぐ方法】

現在人脈もお金も何も無いただの個人が、
少額投資で成り上がるとしたらどんな道があるでしょうか?

手っ取り早いものはギャンブルでしょう。
うまく行けば数十万円は稼げるかもしれません。
しかしこれで稼げぎ続けるのは至難の業ですしそもそもがギャンブルです。
ギャンブルはトータルで負けるようにできているので(胴元が儲かる)
やっぱりおススメはできません。
では他には何があるでしょうか?
度々ネット広告で目にする「FXトレード」でしょうか。
確かに少額資金しかなくても信用取引を利用して
その倍の額を賭けることができますが、
負けた後がトンデモなく悲惨になります(go to 新小岩)。
下手に手を出して1000万、1億と負ける例はザラにあります。
これってとんでもないマイナスですよね。
しかもFXで背負った借金は自己破産できないので・・・
あとはお察しください。

【這い上がりたければ、ネット時代を使い倒せ】

えて起業という言葉を使いますが、
一昔前は起業といえば「ヒト・モノ・カネ」が必要な、
それはそれは大変なものという認識がされていました。
一昔前と言いましたが、正直現在もそういった認識の人は多いでしょう。
でも、21世紀でその認識ならかなりヤバいです。
今はそんなものが無くても起業はできます。
他人に頼らずとも個人の力で稼げる時代ということです。
なぜか?個人でも稼げる環境が整っているからです。
You Tube を見てください。
名も無き個人が圧倒的再生回数を得て
毎月数百万円~という収入を得ています
いや、数百万円や数千万なんて序の口です。
例えば6歳の男の子がおもちゃの紹介動画で年収12億円を稼いでいます。

(https://youpouch.com/2018/01/10/482658/より)
誰でも使えるYou Tube で億を稼ぐ。
以前ではあり得ないことでした。話はYou Tubeに限りません。
ブログで商品紹介をして稼ぐ(後述のアフィリエイト)という手法も
だいぶ確立されてきました。
You Tube にしてもブログにしても、基本的に無料で利用できます
そして現代は、それらを有効活用してお金を稼げる時代になりました。
「ヒト・モノ・カネ」なんて何時代の話だよwwwって感じです。

【アフィリエイト→少額投資で最も稼げるモデル】

ットビジネスをゼロから始めるなら、
そして何より現在資金が潤沢に無い人でも少額投資でビジネスを始めるなら、
やはりアフィリエイトをおいて他にありません。
自分でビジネスをする際に最大の障壁となる「商品開発」も、
アフィリエイトならその必要も無く他人(他社)の商品を紹介して
成約すればそれで報酬が発生します。
会社バレが怖いという場合も心配ありません。
アフィリエイトをするのに顔も名前も出す必要はありませんので。
何だか都合が良すぎると思いますが、
これがアフィリエイトという極めて都合の良いビジネスモデルの魅力です。

【アフィリエイトを始めるには?】

フィリエイトを始めて稼ぐに至るまでの過程で必要になるものは、
パソコン、ネット環境、報酬を入金してもらうための銀行口座です。
この記事を読んでいる時点でネット環境面は大丈夫でしょうし、
仮にパソコンが無くても格安のものを買えば2万円台で買えます。
口座が無いという人も作れば問題ないので、実質的に掛かる費用は無いに等しいです。
これが店舗型のビジネスであれば平気で数百万~数千万の借金からスタートしますから。

【アフィリエイトにおける少額投資の例】

えば有料のレンタルサーバーを利用してブログアフィリを始めるなら、
そのサーバーのレンタル料がかかります。
アフィリエイトで要する環境的な支出はこれくらいですね。
次にあり得る少額投資の例としてはアフィリエイトについて詳しく学ぶための教材への投資です。
確かにアフィリエイトは始めようと思えば無料で開始できますが
そのことと実際に稼げるかということは全くの別物です。
稼ぐための細かなノウハウや心構えなどは、
やはりアフィリで稼いでいる先駆者から学んだ方が
時間とお金を無駄にせず効率的に稼ぐことができます。
サーバーの例を挙げましたが、やはり教材費が一番初期投資で掛かる部分かもしれません。
ただ掛かるとはいっても他のビジネスモデルに比べれば無いに等しい額であることはご理解ください。
教材費といっても掛かって数万円程度です。
ちょっと厳しい話になりますが、この程度の資金を用意する覚悟も無しに
自分でビジネスを始めようとしているなら覚悟が足りていないと思いますよ。
なぜって、ビジネスではある程度の必要経費が掛かることは普通であり、
それを惜しむのは伸びない起業家の典型だからです。

とはいえネットビジネスではリアルのビジネスのように
毎月数十万円の家賃や交際費がかかるわけではありません。

実質的に掛かる費用はサーバー代と教材費。
本当にこれだけです(たかだか数万円程度)。
もっといえばいきなりサーバーを契約するより、
まずは教材で全体像をおさえる方が効率的ですので
究極的には教材費しか掛からないといえます。
これだけの少額投資で、しかもリスクゼロで始められるわけですから、
サラリーマンにとってはこれ以上ない副業に、
自営業者・会社経営者にはこの上ないサイドビジネスになります。

【少額投資でも稼げるの?】

いう疑問もあるでしょう。でもその疑問は取り越し苦労です。
アフィリは少額投資で始めても月収で数十万円~100万円は確実に狙えるモデルです。
もちろん狙う金額分の努力は必要ですよ。ここは勘違いしてはダメです。
正しい方法を学べば、たとえ副業であっても本業の収入を超えることも可能です。
実際その状態を実現して独立を果たす人は何人もいます。

【アフィリエイトをきっかけに成り上がれ】

面目に雇われて働いたとしても報われるとは限らない現代において、
個人が自由になるためにはもはや自分で稼ぐ以外に方法はありません。
雇われがダメなら自分で稼ぐ。今の時代はそれができる。
そして自分で稼ぐための最適な方法は、この記事で見てきたようにアフィリエイトです。
私も個人でビジネスを始めて最初の100万円はすべてアフィリエイトで稼ぎました。
アフィリエイトをきっかけにして、あなたも自由への切符を手にしましょう。

■筆者プロフィール


個人経営を仕組み化するための無料講座を受けるには今すぐこちらをクリック
 
 

サラリーマン人生から脱出して時間的・経済的・精神的自由を手にしたければ、闇に染まろう。

【いつになくダークでお送りします】

い、というわで今回は闇に染まるがテーマです。
闇に染まる・・・いったい何を意味しているのでしょうか?
この言葉は、「物事の重要性に気づくためにはそれを究極的に失う経験をするべき」
ということを意味しています
私はこの状態を、比喩的に「闇に染まる」と表現したのです。
「時間は大切ですよ」
「お金は大切ですよ」
「考え方が大切ですよ」
巷の成功本やビジネス書でといくら説かれたところで、なかなか実感が沸かないこともあるでしょう。
(実感が沸いてこないからこそ、読書家のサラリーマンでも一向にお金もちになれないのです)
「何となく言いたいことは分かるけど、いまいちピンとこない・・・」
これは非常にもったいないことです。
だからこそピンとこさせるために、あえて失いましょう。

【時間を失う】

うしても時間の重要性を知りたいなら、時間を失う経験をしましょう。
大してしたくもないことを、試しに3日ほどしてください。
大して会う意味のない人と3時間ほど時間を過ごしてみてください。
あなたが無駄・無駄・無駄と感じられるものほど望ましいです。
その場から今すぐにでも逃げ出したいと思えるものほど望ましいです。
その時間はおそらく、相当に苦痛なはずです。
でも、逃げないでください。
徹底的に、失神するほど時間の浪費を体感してください。
「あぁ、こんなことをしている暇があるなら・・・」という思考に浸ってください。
「2度とごめんだ」と思えたらクリアです

【お金を失う】

うしてもお金の重要性を知りたいなら、お金を失う経験をしましょう。
とはいっても、そんなことできませんよね。
ですからこういうときは、大してお金がなかった時代を思い出してください
・欲しいものが買えないあの経験
・学ぶ機会に参加できないあの経験
・満足に生活できないあの経験
・支払いができないあの経験
これらのことを、できるだけ鮮明に思い出すのです。
タイムスリップした気分で10~15分くらいイメージしましょう。
お金がないことへのある種のやり場のない怒りを覚えるまで完璧にイメージしましょう。
「もう、あんなの嫌だ」と思えたら合格です

【考え方を失う】

直、自分で書いておいてなんですが、良く分かりませんね(笑)これ。
考え方を失う・・・思考を失う・・・あっ、マインドを失うとかその辺のことですね。
これは、主に2通りの人に分かれます

【既にマインドが確立している人】

うマインドが確立しているあなたは、そのマインドが無かった時代を思い出しましょう。
・周りの俗習に
・遅れた教育システムに
・時代遅れの常識に
・その他どうでもいい考え方に
そういったものに汚染されていたあの時代を思い出してください。
「もし、あのまま自分に変化がなく時間を過ごしていたら・・・」
こう考えて、冷や汗が出たら合格です

【まだマインドが確立していない人】

だこれといったマインドが無いあなたは、少し思考実験をしましょう。
あなたの今のその考え方で、3年後、5年後、10年後のあなたは笑っていられるでしょうか?
自分がこの世に生まれてきたことをDNAレベルで感謝できているでしょうか?
もしその自信がないなら、今のうちから人生を好転させる考え方なり思考を身に付けていきましょう。

【失ってから気付くようじゃ遅い。本当に】

い、というわけで長々と書いてきましたが、
本当のことをいえば、失う経験」や「何かが無い経験」なんてしない方が絶対いいです。
でも、多くの人間はそれを失くして初めてその重要性に気づきます。
これはひとつの法則のようにも見えますが、私からいわせればただの勉強不足です
今の時代、上に挙げてきたことを失った人間がどんな末路を迎えたかくらい調べればいくらでも出てきます。
それを見れば、どれだけ悲惨かも、どれだけ惨めかも、ちょっと想像すれば分かります。
それを受けて、自分がどういう歩みをすればいいかも理解できます。
学びましょう。未来の自分を救うために。
 
 

もし突然働けなくなったら・・・Twitterハッシュタグより

【面白い視点ですよね】

#もし突然働けなくなったら
フラックのプロモーションで使われたハッシュタグです。
ある日突然働けなくなる・・・
考えたくもないでしょうがどんな人にもいつ起きるか分かりません
日々の生活に追われていると、明日も明後日も同じような生活が続くと思いがちですが本当はそんなことなんてありません。
毎日平穏に暮らせることはあり得ない奇跡の連続なのです。
でも、普通の人はそんなこと想像もしませんから、何の準備もしないままある種の惰性の中を生きています。

【アフラックは病気がテーマだけど・・・】

のプロモーションは保険会社のものなので、主なシチュエーションは傷病に遭った時です。
まぁ、これらに関しては日々の生活を気を付けながら過ごせば大した問題は起きません。
病気に関しては生活習慣に気を付けることで、ケガに関しては日々の行動習慣に気を付けることで、「万が一」が起きても被害を最小限に抑えられます。
要するに「気の持ちよう」ということです。ではそれ以外のシチュエーションならどうでしょうか?
ある日突然働けなくなる状況なんて自分の傷病以外にもあります。
例えば会社が倒産するとか自分がクビになるとか。むしろこちらの方がより身近なものかもしれませんね。
更に自分ではどうしようもない分本当にタチが悪いです。

【なら備えておくしかない】

なれば、やはり日々の備えが重要になってきます。無難なものは貯金や貯蓄、資産運用などでしょうか。
貯金や貯蓄であれば、とりあえずお金を残すことができます。
資産運用であれば、お金に働いてもらうことで更にお金を増やすことができます。
これらの手段に着手しておけば、倒産や首の憂き目に遭ってもとりあえずその場しのぎくらいはできるでしょう。
でも、それらに回すだけのお金が残らないという人もいるでしょうというより、ほとんどの人がそうだと思います。
特に若い世代はバッチリ(もちろん悪い意味で)じゃないですか?

【少資金でもお金を生む方法】

出し用にちょっとだけキャッチーにしましたが、貯金や資産運用などに回す莫大なお金が無くてもそれこそ数万円規模(飲み会を何回か我慢)の投資でお金をあなたの下に引き寄せる方法があります
それが個人によるビジネスです。もうこれしかないですね。弱者の取れる王道は。
後はギャンブルくらいですが、あれはトータルで負けるようにできているのでおススメできません。
「人に何か(価値)を売って対価としてお金を得る」どんな時代にあってもこれが富を得る最善の方法です。
私の場合はネット上でこれを展開し、集客と販売を自動化しました。
なので、私が寝ていようが
結婚式の2次会で潰れかけてトイレで寝ていようが次の日二日酔いでPCに触れることすらできなかろうが、勝手に仕組みがお金を稼いでくれます。
私が仕組みをネット上から消し去らない限りは。
あなたもぜひネット上に商品が売れる仕組みを創って、自動的な収益というものを実現してみましょう。

■2019年7月追記
というより、令和になって余計にいつ働けなくなるか分からない時代になった。
企業は当たり前のように「早期退職制度」の下40歳そこそこの社員をリストラしまくり、それでいて老後は2000万用意しろという。
矛盾した世界だ。ふざけた世界だ。本当の意味で実力社会になった。

お金と労働とこれからの社会。成功の再定義。

earn

【前回のおさらい】

 
回の記事では年金についてお伝えしました。
 
 
もはや年金はあてにできず、定年後も仕事を続けないと
 
生活ができない世界が既に到来しています。
 
 
人生80年と仮定すれば、「勤続40年」+20年ですね。
 
 
その前に勤続40年を達成できればの話ですが・・・
 
 
さて、定年後も現実問題として君臨する
 
「生活のための労働」(ライスワーク)ですが、これって結構きつくないですか?
 
 
そうはいっても高齢者ですよ。
 
 
所々、体にガタが来ている年齢です。
 
 
決して若い年齢とはいえないわけですから、
 
無理して働けばそれだけ後でマイナス寄りに返ってきます。
 
 
でも、高齢世代は賃金が概して安いので、
 
結局は多少の無理をすることになるのですが。
 
 
その前に、高齢者が働ける環境があるかどうかも怪しいですよね。
 
 
特別な専門知識・技術等がある場合は格別、
 
そうでない人はやはり若者や外国人労働者と職を争うことになりますからね。
 
 
 

【「お金=労働の対価」はもういい加減に捨てろ!!】

 
う考えても、
 
死ぬまで「時間」と「お金」を交換し続けるのは無理があります
 
 
というより無理です。絶対ムリ。
 
 
このモデルでは、自分が止まれば収入も止まるからです。
 
 
これは年齢問わず、「時間(時給)労働」が抱えるデメリットです。
 
 
時給8万円もらおうが何だろうが、
 
その仕事を辞めればそれで収入は0になるわけですからね。
 
 
ここで賢い人は、「不労収入」に着目します。
 
 
資産と呼ばれるものですね。
 
 
資産とは、あなたが寝てようが遊んでいようが、
 
そんなことは一切関係なくお金が発生する仕組みです。
 
 
それが株式投資だったり金融商品だったりと種類はありますが、
 
いずれにしても「お金に働いてもらう」という選択肢を選んだ人は
 
高い確率で経済的自由を手にできます。
 
 
朝から晩まで生活のためだけに馬車馬の如く働かなくても、
 
毎月一定の(ともすると勤め人の倍の年収分)お金が
 
あちこちからその人の銀行口座にやって来るのです。
 
 
しかし、
 
こういった「投資」はそもそも結構な準備資金が必要だったり
 
また世界の経済状況によっては
 
期待通りの不労収入を実現できないというリスクがあります。
 
 
そういった意味では、
 
完璧な安定かつ継続した収入源にはなりえないということです。
 
 
それでも「時間労働」よりは1億倍マシですが。
 
 
 

【最強なのはどんな時代でも自分で稼げる力】

 
の社会においてお金を手にするための条件は、
 
何かしらの価値(モノ・サービス)と交換する以外にありません。
 
 
とすると、
 
自分で価値を提供できるようになればお金には困らないことになります。
 
 
この視点はこれから先の時代を生き抜くための
 
必須概念になるのでよ~くおさえておいてください。
 
 
会社や配当という間接的なものではなく、
 
自分(売り手)と客さん(買い手)との2者間で完結するのが一番稼げる形です。
 
 
この売り手買い手間に何人もの人が介在するから、
 
最終的に手元に入るお金が本来よりも激減するのです。
 
 
ちなみにこれ、
 
既に100年前には多くの起業家が気づいていました。
 
 
「もう誰も間に挟まずに、直接買い手とやり取りしよう」
 
 
こうして生まれた最強のビジネスモデルが、
 
ダイレクトレスポンスマーケティングです。
 
 
DRM! DRM! DRM!
 
 
そして何を隠そう、私がネットで展開しているモデルがまさにこれです。
 
 
こういった
 
お金を市場から直接自分の下に引き寄せる力を身に付けてしまえば、
 
もう「雇われ」という選択肢が悪い意味で異次元レベルの存在になります。
 
 
「給料は上がるのだろうか・・・」とか
 
「景気は良くなるのだろうか・・・」とか
 
「老後をどうやって生きよう・・・」とか
 
「年金は貰えるのだろうか・・・」とか
 
「(主に投資で)きちんとリターンを得られるだろうか・・・」とか
 
「ビットコインはこのまま上がるのだろうか・・・」とか
 
そういったことに頭を悩ませることはなくなります。
 
 
なぜなら、思い立った時にお金を稼げるようになるからです。
 
 
あるネット起業家が言っていました。
 
 
「自分の目の前に「銀行」があって、
 
 いつでもそこから好きなだけ引き出せばいい」
 
 
これってかなり意味不明な発言に聞こえますが、
 
「売る力」と「仕組み化」をマスターすれば
 
この言葉の意味がDNAレベルで理解できるようになります。
 
 
 

【稼ぐ力を身に付けないと、冗談抜きでマズい時代になる】

 
くの人はこの事実を知りません。
 
 
知るきっかけを得ても知らぬふりをするでしょう。
 
 
「自分には関係の無い話」
 
 
「なんだかんだで大丈夫さ」
 
 
いったいどこからその自信が来るのかは分かりませんが、
 
お金をいつまでも時間労働の対価でしか考えられないのなら
 
21世紀では死んだも同然です。
 
 
それは絶対に嫌だというなら、
 
今から自分で生きる術を身に付けてください。
 
 
自分でお金を生み出す力があれば、
 
この先どんな時代になっても稼ぎ続けることができます。
 
 
・どのようにお客さんを集めればいいか(集客)
 
 
・どのように商品への購買意欲を高めていくか(教育)
 
 
・どのように商品提案をすればいいか(販売)
 
 
こういった知識をマスターし、最低限のスキルを身に付ければ
 
自分が自由になるだけのお金くらい簡単に稼げます。
 
 
あなたが思っているよりも、今の時代は富を得やすくなっているのです。
 
 
あとは単純に、そうした選択(生き方)をするかしないか、それだけの話です。
 
 
それでは!
 
 
今すぐ自分で生きる術を身に付ける→
 

今更、ネオヒルズ族の話。

 

【良くも悪くもネットビジネスを広めた人たち】

 
期的には
 
2011~2013年あたりが最盛期だったでしょうか。
 
 
テレビや雑誌でネオヒルズ族なるものがよく取り沙汰されていました。
 
 
たった1か月でサラリーマンの平均年収を、
 
いやその何倍ものお金を稼ぐ20代そこそこの若者たちの存在は
 
世の中年の嫉妬心をものの見事にくすぐったのでした。
 
 
もちろん、中年だけでなく
 
彼らの同世代からも悲鳴に近い嫉妬が向けられていましたね。
 
 
まだネットビジネス自体が今よりも広まっていない頃です。
 
 
「ネットで月収100万円稼いでいます」
 
なんて言っても信じられませんよね。
 
 
でも実際にその人種は存在したわけです。
 
 
(もちろん今も存在しています)
 
 
ネット上で詐欺師だなんだと批判したところで
 
批判している奴らの何百倍も稼いでいたわけですよ。
 
 
そして、擁護する気はありませんが
 
ネオヒルズ族は別に詐欺師ではありません
 
 
コンテンツの質た提供の仕方に、
 
今ひと「つきめ細かさ」が足りなかったのでしょう。
 
 
さて、そんなネオヒルズたちですが、最近は見る影もありませんよね。
 
 
結局ポッと出の一発屋だったということでしょうか。
 
 
 

【そうでもないんだな~これが】

 
かにすっかり鳴りを潜めた人もいますが、
 
それ以外の誰もが知っているあの人やあの人は相変わらず稼ぎ続けています。
 
 
例えば
 
与〇氏は海外でトレード業を始め成功しているようです。
 
 
また、
 
久〇氏もSNS分野に注力した事業を展開しています。
 
 
つまり、
 
相変わらずめちゃめちゃ稼いでいるということですよ。
 
 
鳴りを潜めてから3年経っても、
 
彼らは相変わらずネットを駆使して莫大な収益を収めています。
 
 
ところで、3年前彼らをぼろくそに批判していた人たちは、
 
3年後の今、どんな生活をしているのでしょうか?
 
 
少なくとも月収100万円くらいは
 
余裕で稼いでいたりするのでしょうか?
 
 
おそらくそうではないでしょう。
 
 
ネオヒルズ族を剥き出しの嫉妬心で批判していた連中は、
 
3年経った今でも変わらない生活か、あるいはもっともっと
 
レベルの下がった生活を強いられているかもしれません。
 
 
この差です。この差。
 
 
結局お金持ちになれない人は、
 
お金を稼ぐ方法とその善悪
 
ごっちゃにして考えているのです
 
 
↑これすごく大事なことなんで覚えておいてください。
 
 
でもここではっきりと述べておきます。
 
 
それを自分で実行するかは別として、
 
「方法を知っていれば稼げて、知らなければ稼げない」
 
本当にこれだけのことなんですよね。
 
 

【「知っていれば」の差はビッグバンの如く】

 
れは「お金を稼ぐ」話に限りません。
 
 
大学入試でも同じです。
 
 
例えば英語。
 
 
センター試験冒頭の文法語法問題は
 
その文法語法の知識を知っていれば一瞬で正解できます。
 
 
知らなければ
 
3時間考えても5時間考えても答えは出ません。
 
 
最後は結局、勘に頼ることになります。
 
 
また、その後に待ち受ける長文読解も同じです。
 
 
「効率的な読み方」さえ知っていれば、
 
時間内に全ての文章を処理して解答できます。
 
 
これはもはや、そのための知識を知っているか否かの差なのです。
 
 
 

【転じてお金を稼ぐことも同じ】

 
こで話が戻りますが、お金を稼ぐにしても同じことなのです。
 
 
稼ぐ方法を知っていれば
 
自らの手で半永久的に世の中からお金を引き出すことがき
 
逆に知らなければそれはできず、むしろお金を世の中に奪われ、
 
他者から与えられるのを待つしかありません
 
 
まぁ、与えられたとしてもカスみたいな金額になるんですが。
 
 
ここで重要なのは、
 
あなたがどちらのステージに立ちたいかです。
 
 
世間の声なんて関係ありません。
 
 
自分の人生すら世間任せでどうするのですか。
 
 
「知っている」側かに立って圧倒的自由を手にするか、
 
「知らない」側に立ってその他大勢と同じ人生で終わるか。
 
 
どちらでしょうか?
 
 
【追伸】
 
「知っている」側への第一歩→