タグ別アーカイブ: アフィリエイト ブログ 初心者

【アフィリエイトで稼ぐコツまとめ】稼ぎたければ、業界の常識はガン無視。

 

【アフィリエイト業界の常識とは?】

フィリエイト業界の常識を知りたければ、今すぐ検索窓に「アフィリエイト」と打ち込んでみてください。
すると検索候補に「アフィリエイト ブログ」という文言が第一候補かそれに近い候補で出てくると思います。
グーグルクロームでもマイクロソフトエッジでもインターネットエクスプローラーでも、やはり似た結果となりました。
大手検索エンジンがこの有様なら、他の検索エンジンも推して知るべしでしょう。
「アフィリエイト ブログ」これがアフィリエイト業界の常識です。
「アフィリエイト ブログ」が常識の世界では何が起きるのか。
まずアフィリエイトに興味を持った人がアフィリエイトというビジネスモデル具体的な姿として認識するのが、ブログアフィリエイトということになります。
そしてさらに興味を持った人は、実際にブログを作って商品のレビューを始めたりします。
==========================
投稿日:2017年3月1日
これ、すごくおススメです(^_^)
商品リンク
==========================
でも独学であっさり稼げるほど生易しい世界でもないので、その後は教材を買ったりスクールに入ったりしてどんどん勉強していくわけです。
そこで得た知識を基に実践をすると、なんとなく成果が出始めます。
(↑これでもかなりの最短コースです)
でも、天から見下ろせばやはり「ブログアフィリエイト」なんですよ。
結局は検索エンジン頼りな点は依然として変わらず、アルゴリズム変化で検索順位が激減して収益は激減どころかゼロに・・・
なんてことはブログアフィリエイト推進者なら誰も言わないもうひとつの常識みたいなもんです。
そもそも、時間が取れずにブログを更新できず、結局コンテンツの数も少ない当然順位は遥か彼方みたいなブログを降臨させる人がほとんどなので
先に挙げた「例」にすら辿りつかないで終わるかもしれませんね(笑)

【アフィリエイトの常識がブログなら、それはチャンス

フィリエイト ブログ」この検索状況が覆ることはないでしょう。
だって、厳しめに見積もってもかれこれ8年くらいはこの調子ですよ。
みーんなずーっと「アフィリエイト ブログ」の罠にはまり続けているのですから(笑)
まぁ確かに、私もこうしてブログを書いている以上話が矛盾していると思うかもしれませんね。
「いやいやお前だってブログ書いているじゃねーかと」
ただですね。そもそも順番が違うのです(´・ω・`)
アフィリエイトだろうがコンテンツ販売だろうが、先に始めるべきはメルマガによる情報発信です。
よくメルマガをやりましょうというと、「メルマガは発信内容が無いネットビジネス初心者には無理!(どや顔)」
とドヤ顔で語る人がいますがこの人はメルマガエアプ(エアープレイ)なので気にしないでください。
これは「稼いだ実績が無いと情報発信できない」と言っているのと同じです。
つまり非常に見ている視点が低い低レベルな発言なんですよ。OK?
あなたが本気でネット上で資産を作り不労収入なるものを得たいのなら、初めからメルマガをやっておくに越したことはありません。
そこで安定した収益の基盤を作り、その後の長期的な集客装置としてやっとブログに取り掛かるのが本来の王道的パターンなのです。
なのに、多くの人はいきなり終盤のプロセスから入っているわけですからそりゃ成功しませんわなということなんですよね。
もちろん、「アフィリエイト 」と打ち込めば「アフィリエイト メルマガ」が出てきますが、あくまで「め」を打ち込んだ場合です。
初心者の思考がそこまで回ることはないので、やっぱり自動的に候補に出た「アフィリエイト ブログ」に吸い込まれていきます(笑)

【常識に従うのはもう辞めにませんか?】

と昔前なら、夏場にエアコンを点けっぱなしで寝るなど、電気代の無駄でしかなく愚の骨頂のような印象がありました。
しかし現代においてエアコンを点けて寝ないのは、特別な環境(そもそも気候が冷涼)を除いてかなり危険です。
熱中症のリスクが高まってしまうからです。
だからこそ専門家などは、夜にエアコンを点けるのはもちろん、タイマー設定も4時間と長めの設定を推奨しています。
明らかに環境が変わっています。
10数年前は、32度が最高気温でしたが現在は35度は当たり前。
ときには38度まで上がります。たった10数年で、ここまで変わってしまうのです。
昔の常識に縛られていると、本当に死の危険が迫ってきます。

【何も、エアコンに限った話ではない】

ういった話は、エアコンだけに止まりません。
それ以外の日常的な場面でも、昔のままの考え方だとお先が危うくなることって実は結構あります。
このことから分かるのは常識というものは強固に見えて、実はとても脆弱なものだということなんですよね。
だからこそ、私たちは常識をあえて疑う目を持つ必要があります。
「みんながそうしているから大丈夫」という時代は終わったのです。
常に、世界に対して疑問を投げかけましょう。
「なぜ?」の意識を有効活用し、この世界から無限の気づきを得るのです。
ちなみに、その気づきに正解はありません。
というよりは、考えに考えて「こういうことかな」と何かしらの答えを出せたならそれがあなたの正解です。
もちろん、後でそれが覆ってもいいのです。
学生時代の勉強とは違い、絶対の正解などないわけなので(^_^)
あなたが思考して一定の結論を出すことに意味があるのです。
だからこそどんどん思考の幅を広げて、自分の可能性をも拡大していきましょう。

【思考し続けよう】

フィリエイトを極めるにせよなんにせよ、「考えること」を棄てないでください。
現代は技術の進歩も手伝ってか、昔ほど人が考えなくてもあらゆることが解決してしまいます。
例えば「食」です。
原始時代はその日食べるものを獲得するために日々人は思考を巡らせてきました。
しかし今は、「食べるものに困る」ということはありません。
思考しなくても食べ物が手に入ります。
ただ食に関しては生存に必須なので、これに関しては自動化(生産面)できるならした方がいいでしょう。
しかし、「どう生きるか」といった自分の人生を考える時はしっかりと思考しましょう。
これに関しては、どんなに文明が発展しても自分で考えて答えを出さなければならないことです。