タグ別アーカイブ: アフィリエイト 本

アフィリエイトなどのネットビジネスを本で学んではいけない(いろんな意味で)。

 
ネットビジネスを始めようとして、とりあえず本で勉強したいと考える人がいます。
これが絶対的に間違いとは言いませんが、正直強くはおススメできないというのが正直なところです。
これはには下記で示している通り明確な理由があります。というわけで、早速つづきをご覧ください。

【ネットビジネス本】

こで言う本は文字通り本屋さんに売っている本のことです。
アフィリエイトや物販などのネットビジネスを学ぶ手段として書籍を考えている人もいるでしょう。
あなたはどうですか?
確かに本であれば高くても2000円程度なので手が出やすいですよね。
また、アフィリエイトや物販などのネットビジネス関連書籍はそこそこ需要があるようで・・・
netbusiness-hon
(東京駅前の某書店にて)
↑こんな感じで結構な数が出版されています(これ以外の棚にもありました)。
これだけ豊富なら本だけでもネットビジネスで稼ぐためのノウハウを得られそうですね!
わざわざ数万円する教材を買う必要なんて無いのかもしれません!
・・・っておい(´・ω・`)

【本はネットビジネスに合わない】

は出版までにそれなりの時間を要します。
平均して3か月くらいでしょか。
日刊新聞や週刊誌とは違い、著者と編集者、さらに表紙デザイナーなど何人もの人間がああでもないこうでもないと時間を掛けて質の高い情報に仕上げるのが本だからです。
でも、先述の通り3か月くらい掛かります。
その間にネットの世界は物凄いスピードで変化します。
この前まで使えた集客手段が使えなくなることもあれば、
プラットホーム(無料ブログやオークションサイト)のサービスが終了してビジネスに使えなくなったなんてこともしばしばあります。
各ネットビジネスの種類やその基礎概念などを学ぶ分には本でも十分学べますが具体的なノウハウを本で学ぼうとするのはかなり危険です
時差があり過ぎるのです(ちなみにこれ、業界では常識)。
そうであれば、出版のように面倒な手続きを踏まずに全て販売者自身の決済手段(ASP※やペイパル)でスピーディに対応できる情報教材の方が効率的に学べるということですよ。
(※ASPでは審査あり)
今日発見した最新ノウハウを知る権利を明日ペイパルで販売し、購入者に随時配布するなんてことも可能です。
本とは異なり情報の発信スピードが異常に早いのがネットビジネスの世界です。
では早い分情報の質が低いかといえばそうではありません。
ネットビジネスで流れる本当に価値のある情報とはいわば、戦闘最前線からの入電です。
つまり、じっくり検討されて作り上げられた情報ではなく「今何が起きているのか」という生の情報に価値が生まれるのです。
あとこれは補足ですが、各ネットビジネスの種類やその基礎概念は別に本なんて買わなくてもそれこそネットで調べればいくらでも出てくるので本を買うまでもありません。

【本で学ぶのをお勧めできないもう1つの深刻な理由】

affiliate-hon
(東京駅前の某書店にて)
のようにアフィリエイト本がいくつかありますが、これらで語られているノウハウは全てサイトアフィリです。
そうです。
グーグルの検索アルゴリズム変化で稼げなくなる危険性を含むあのサイト系アフィリの話しかしていない本ばかりということです。
ちなみに、私が推奨しているメールマーケティングについては・・・
affiliate-hon-2
このように数ある手法の中のひとつ(本の1章分にも満たない分量)としてまとめられていました。
ほぼ「オマケ」扱いですね(笑)
この程度の認識ですよ。
なるほど、だから多くの人はサイト系モデルに取り組むわけです。
これではメールマーケティングなんて視界にも入らないでしょう。
その結果、多くの人(特に初心者)がサイト系のモデルに取り組み、1か月も経たずに挫折していくわけです。
その証拠に、アクティブなユーザーが多いTwitterでは、ネットビジネスに取り組む人のほとんどは「ブログ」ですからね。
毎日誰かが「アドセンスに合格した」「今日は何記事書いた」ということをツイートしています。

【結論:本屋さんに答えは無い】

述の通り、概要や全体像を掴むために本を読むのは良いと思います。
でも、その概要や全体像はネットで調べることができるという話もしましたよね。
ということは、ネットビジネス関連の目的で書店を利用するメリットはほぼ無いということです。
強いて言えば、マーケティング理論や購買心理学など、もっと広い概念や普遍的な原理原則など、ネットビジネスに応用できるものなら、むしろ書籍を通してじっくりと学ぶべきです。
「影響力の武器」や「人を動かす」なんてのは結構参考になります。
つまり、ネット上で仕入れるべき情報とそうでない情報をきちんと仕分けましょうということですね。
いずれにしても、ネットビジネスで稼ぐための情報を求めて本屋に行ってはいけないということです。
また、仮にそれ関連の本があったとしても先の画像の通りほぼ全てが安定かつ長期的に稼ぐには難しい
「サイト系モデル」を取り上げたものなのでもういろんな意味で終わっているのです。
耳タコかもしれませんが、何回でも言います。
ネットビジネスで安定かつ継続して稼ぐための最適手法はメールマーケティングによる完全自動化です。
これ無くして真の自由は手に入りません。
そんなお話でした。

著者プロフィール



アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐ人が読んでいる本まとめ。

【アフィリエイトで稼ぐためには?】

フィリエイトやその他のネットビジネスで稼ぐためには、やはり具体的ノウハウを学ばなければなりません。
アフィリエイト、せどり、転売などの王道的モデルは稼ぐための手法が既に確立されているので、そういった稼ぎに直結する手法を学んでしまうのが一番の近道です。
特に長く稼ぎたければ、長く稼げるモデルに取り組みましょう。
一時的にしか通用しない裏技的なスキルをいくら身に付けても長続きはしません。
アフィリエイトなどのネットビジネスで長く稼いでいる人たちは、やはり長く稼げるモデルに取り組んでいます。
「アフィリエイトはオワコン」
「ネットビジネスは稼げない」
そんな声もよく聞きますが、それらの発信者はろくに実践もしたことがない中途半端な連中ですので相手にする必要はありません。

【さらに差を付けるためには?】

て、ネットビジネスで長く稼ぐためには王道的な手法がベストだとお伝えしました。
この事実にきちんと向き合えるだけでもその他大勢から抜きん出ることができるのですが、その差を確固たるものとしさらにあなたと同レベルのライバルにさえを付ける方法をお伝えします。
それはビジネスの原理原則をマスターすることです。
王道的なネットビジネスの手法をひとつでもマスターするだけでも十分に稼げますが、その稼ぎの基盤を安定させたければ「ビジネスそのもの」の原理原則を知る必要があります。
・人はなぜ商品を買うのか
・どんな時に欲しくなるのか
・どんな言葉で欲しくなるのか
そういった購買心理やさらに大きな枠組みで(マーケティング、商品ラインナップなど)ビジネスというものを学んでおくとネットビジネスの世界でもかなり優位な土俵で戦うことができます。
迷ったときは、200年前から変わらない原理原則に立ち返ることができるからです。

【そうだ。本を読もう】

いうわけで、ぜひ具体的な稼ぎの手法を学と共にビジネスの原理原則的な話もおさえておくようにしましょう。
自分が主体となってビジネスをする以上、これもまた外せない要素です。
で、こういった原理原則的な話は巷の書店に売っているような本でも学ぶことはできますが、それはちょっと待ってください。
この記事のタイトル通り、ネットビジネスで稼いでいる人たちが読んでいる本を読んでください。
成功するには成功者の真似をするのが一番手っ取り早いのです。
これから紹介する本は、ネットビジネスでジャンルを問わず数千万円以上の売り上げを立てている人たちが共通して読んでいる本です。
あなたが今はまだ彼らのようなレベルに達していなかったとしても、以下の本を熟読することでその「思考の源泉」を知り、そして彼らと同じ思考の流れを獲得することくらいはできるでしょう。

【現代広告の心理技術101】

 
gendaikoukoku-no-shinrigijyuthu101
 
ットビジネスに取り組む人で読んでいない人はいないというくらい鉄板な本です。
メルマガ、ブログ記事等々の手段を問わず、これを紹介していない実践者は信用できません。
それくらい実力の試金石としての地位を確立した本です。
全ての章を読んで一通りの内容を説明できるくらいが望ましいです。
逆に読んでいないと恥ずかしいかもしれません。
実際ネットビジネス関連のコミュニティに行った時、この本と次に紹介する本の話が飛び交うことがあり
当時まだ読んでいなかった私は結構ヒヤヒヤした記憶があります。
「あぁそうそう。あのページのあれですよね~(´・ω・`)」
↑これが精一杯の抵抗でした(笑)
この本は高校数学でいえばチャート。
高校英語でいえばネクストステージ(通称ネクステ)並みに鉄板ですね。
あなたが人に商品やサービスを売って稼ぎたいならば、ぜひ最低でも3週は読んで理解しておきたいものです。

【ザ・ローンチ】

the-launch
 
代広告の心理技術101と双璧を成すといって良い重要書籍です。
ネットビジネスに限らず、ビジネスの鍵を握るのは「顧客名簿」ですが、この「ザ・ローンチ」ではそのリストマーケティングをゼロから築き上げる方法を解説しています。
この著者自身、ネットを利用したリストマーケティング(要するにメルマガ)でゼロから1億円以上の売り上げを達成しています。
この書籍から手法を盗んで数千万~数億の売り上げを立てている人は多いです。
メルマガで稼ぐならぜひ何回でも読んでおきましょう。

【脳科学マーケティング100の心理技術】

noukagaku-marketing-100-no-shinrigijyuthu
の本は一言でいうと「売るための超具体的テクニック」です。
私の情報発信でも、この本で覚えたテクニックを結構使っています。
この本では脳が反応せざるを得ない値段設定からセールスの技法まで、隅から隅まで学ぶことができます。
人間の本能を利用した技を具体的に100個学べるので、ある意味下手な心理テクニックよりもズルい内容です(笑)
特に↓
noukagaku-marketing-100-no-shinrigijyuthu-2
これらの章を読んでおくだけでもあなたの情報発信はかなり洗練されたものになるでしょう。

【まとめ】

ジネスで成功するには具体的なノウハウも確かに重要です。
でも最後はやはり、いかに思考面を鍛えたかで勝負が分かれます。
上記に紹介した本以外にも良い本はありますが、まずはセオリー通り成功者たちが読んでいる本を読んでください。
冒頭でも言いましたがそれが一番の近道です。
それでは!

アフィリエイトで10年後も20年後も、そしてさらにその先も稼ぎ続けたい人へ。

Instagram-for-money

【まずはこちらをご覧ください・・・】


 
 
のように、
 
あれだけ「楽に稼げる!」もてはやされたYou Tubeでも
 
結局は外部的要因で途端に稼げなく危機に晒されるのです。
 
 
流行りのSNSだって、
 
運営会社の業績が悪くなれば簡単に消える可能性があります。
 
 
現にTwitterは業績不振で先行きが不透明です。
 
 
これはYou Tubeだけの話ではありません。
 
このモデルはアドセンスによる広告報酬です。
 
 
つまり、今なお人気手法(笑)の
 
トレンドアフィリ系もダメということですよ。
 
 
確かにアクセスの集め方を学べるのは
 
集客の良い勉強になるかもしれませんが、
 
そんなことは他の手法を実践すれば嫌でも学べます。
 
 
結局ブログにしろYou Tubeにしろ、
 
アドセンスで稼ぐモデルの問題点は
 
外部的要因による影響を良くも悪くもダイレクトに受ける点です
 
 
今回のような株価変動によるもの。
 
 
検索エンジンのアルゴリズム変化によるもの。
 
 
そして運営元の規約変更・サービス停止など。
 
 
定期的にこうした危機に瀕しては、収益が激減または0になるのです。
 
 
これで本当にネットビジネスで自由になれるのでしょうか?
 
 
 

売って稼ぐ力を身に付けなきゃ話にならない】

 
端な話、アドセンスで稼ぐ系は誰にでもできます。
 
 
サイトを作ってアクセスを大量に集めて、
 
広告が表示orクリックされればいいわけですから。
 
 
でもやっぱりですね・・・
 
 
本当に安定かつ継続して稼ぐことを実現するためには
 
きちんと売って稼ぐ力を身に付けないとダメなんですよ。
 
 
商品を売って稼ぐ。これがビジネスの基本です。
 
 
集客して、商品提案して、売る
 
 
お客さんに商品提供の対価としてお金を支払っていただく。
 
 
シンプルですが、やっぱりこれが一番稼げます。
 
 
サイトが表示されなくなっても、
 
アドセンス報酬が激減しても関係ありません。
 
 
売るものとそれを欲しい人、または欲しくなる可能性のある人に
 
買ってもらえるスキルがあれば無敵です。
 
 
売る力があれば、一生お金に困りません。
 
 
冗談抜きで誰にも頼らず、自分ひとりの力で稼ぎ続けることができます。
 
 
あなたが商品を作る必要も無くなります。
 
 
商品を売りたい人のために
 
セールスレターを書くだけでお金を手にすることができます。
 
 
コピーライターというものですね。
 
 
確かにこの力は一朝一夕に身に付く代物ではありません。
 
 
飽くなき勉強と実践の繰返しです。
 
 
だから多くの人は取り組みたがりませんし、
 
取り組んでも挫折する人間が大半なのです。
 
 
むしろ多くの人はこの現実から目を背け、
 
勉強も実践も必要としない、楽して簡単に稼げるモデルを探しています。
 
 
まぁ、そんなものはどこにも無いのですが(爆)
 
 
飽くなき勉強と実践を乗り越え
 
泣き言も言わず弱音も吐かず、なおも壁にぶつかり、
 
それでも頑張って続けた人やっぱり稼げるようになっています。
 
 
もちろん、
 
正しい手法を実践していたという事実も重要ですが
 
 
 

【私は不思議でなりません】

 
述で売る力を身に付けるには勉強と実践が必要な旨を述べました。
 
 
この話を聞いて
 
ネットビジネスに取り組むのが億劫になってしまったかもしれません。
 
 
でもご安心ください。
 
 
別に難関資格試験のような
 
何千時間~何万時間という勉強を強いられるわけではありません。
 
 
知識量にして本2冊程度です。
 
 
増やそうと思えばもっと増やせますが、
 
普段繰り返し使う知識としては
 
本当にこれくらい(本当はもっと少ない)なんです。
 
 
だから、本気で取り組めば半年もしないうちに
 
全体の知識とノウハウは手にできるわけですよ
 
 
たったこれだけの期間を惜しんで、安易な方法に取り組む人が大勢いる・・・
 
 
不思議ですね。
 
 
例えば現在40歳で余命あと40年として、
 
そのうちの6ヶ月なんてたった1%くらいの期間です。
 
 
この1%を惜しんで
 
残り99%の人生を無駄にしている人があまりにも多すぎるのです。
 
 
 

【たった1%でいい。本気を出そう】

 
生における1%の期間に本気を出して学べば、
 
後の人生がどれだけ楽になるでしょうか?
 
 
アフィリエイトを始めとするネットビジネスで、
 
本当に安定かつ継続して稼ぐためには何度でも言いますが売る力の獲得が必須です。
 
 
この力を身に付けたのであれば、
 
もちろん「外部的要因に左右されてある日突然稼げなくなる・・・」
 
なんてバカバカしいことはなくなります。
 
 
株式市場がどうなろうが検索アルゴリズムが大激変しようがです。
 
 
あと運営会社が潰れてそのサービスが使えなくなろうがです。
 
 
そんな対岸の火事は本当に気にならなくなりますよ。
 
 
いや、こんなものまだまだです。
 
 
たとえ戦争中でも、ビジネスはいくらでもできるわけですよ。
 
 
無論、売る力が備わっていればの話ですが。
 
 
でも、身に付けた力がアクセスを集めるだけの力なら・・・
 
 
とりあえず、このことだけでも覚えておいてください。
 
 
 

【売る力の脅威をお教えしましょう】

 
はメールマーケティングを軸としたコンテンツ販売に取り組んでいます。
 
 
「取り組んでいる」といっても、
 
既に自動化が完了しているので今はたまにメンテナンスするくらいです。
 
 
つまり自動化した仕組みが24時間365日のエンドレスで
 
文句も言わず不眠不休で働いてくれているのです。
 
 
とんだブラックですね(笑)
 
 
日々あちこちから私の用意した仕組みに集客され、
 
商品なりサービスが売れていきます。
 
 
その中の主力システムがスッテプメールと呼ばれるものです。
 
 
ちょっと勉強した人はご存知かと思いますが、
 
予め用意したメールが自動配信され
 
見込み客と価値観の擦り合わせを行うメールのことですね。
 
 
そしてある程度価値観の共有が終わった段階で商品を提案し、成約させる。
 
 
これがこのスッテプメールマーケティングの神髄です。
 
 
スッテプメールを挟むことで、
 
サイト系アフィリのように出会い頭に商品提案するよりも
 
格段に成約しやすくなるのです。
 
 
スッテプメールを極めると、もうサイト系アフィリのような
 
正面衝突マーケティングなんてやる気が起きませんね・・・
 
 
でも、勘違いしないでいただきたいのですが、
 
これが売る力の脅威なわけではありません。
 
 
売る力の脅威とはこのスッテプメールが
 
終了する前に商品が成約するということです。
 
 
簡単に言えば、スッテプメールを7通用意していたとして、
 
その1通目、
 
つまり商品の「ひの字」も出ていない段階で商品が売れていくということです。
 
 
これが売る力の脅威です。
 
 
もちろんこの力は、正しいノウハウを学ぶことで身に付けられます。
 
 
それでは!
 
 
 
【追伸】