タグ別アーカイブ: アフィリエイト ブログ サイト

アフィリエイトで稼ぐために検索順位で1位を取る方法。

【1位欲しいですよね・・・】

ログやサイトを運営する場合、特にそれがビジネス目的である場合はやはり検索順位を無視できません。
どんなに気合の入れた記事を書いてもそのページの検索表示が5ページ以降なら
存在しなかったのと同じです
あまりにも哀しい話ですが、現実的な話をするとどうしてもこうなります。
・何とかして検索1ページ目に表示されたい
・あわよくば検索1ページ目のトップに躍り出たい
少しでもそう思うなら、今回の話を参考にしてください。

【まず検索キーワードを意識して記事を書こう】

ジネスとしてサイト運営をする場合、特定のジャンルでサイトを作るはずです。
だとすれば、それに関連するキーワードで記事を上限なしで書きまくることがまずは基本です。
よく、「ブログは何記事書けばいいですか?(=何記事書けば、もうそれ以上書かなくて済みますか?)」という質問がありますが、記事数に上限はありません。
30記事より100記事、100記事より300記事です。
ちなみにブログをある程度仕上げている人が持っている基準は、だいたい500記事(最低ライン)です。
で、何を書くかって話ですが、例えばダイエットのサイトを作るなら、食事法や運動方法、おススメのサプリメントなどいろいろありますよね。
英語関連なら単語の覚え方や勉強の仕方、長文読解のコツなどです。
最初の頃は文字数を気にせず、どんどん記事を投下していきましょう。
最初から「○○文字以上で記事を書こう!」と意気込んでも挫折するだけです。
とりあえずサイトジャンルと関係する話で記事を書いてサイト内のコンテンツ量を増やすことに専念してください。
むしろ、最初はこれくらいしか戦略がありません。
結局気合を入れて2000字くらいの記事を書いたところで全体の記事数が3記事にも満たなければ「最初だから頑張っちゃった人」という印象しかありません。

そう思われなかったとしても、「えっ、記事数少な・・・」って間違いなく思われますし、多分見下されます
たとえ文字数が少なかったとしても仕方がありあません。
とにかく意地でも30記事は作っていきましょう。

【記事数が増えてきた後の、記事ごとの文字数は?】

事数にボリュームが出てきたら(30記事~)、文字数を意識して書いてみてもいいですね。
ただしこれも注意が必要で、「普通のテンションで書ける限界よりも下の文字数」で書きましょう。
「普通のテンションで書ける限界」とはどういうことかというと、何も考えずにパソコンの前に座った状態でどこまで書けるかという話です。
要するにリアルな実力です。
どんな人でも、下準備をすれば1000~2000字は書けてしまいます。
でも何の準備もしていない場合は、慣れていないと700字でもきついと思います。
ちなみに、私が初めて書いた記事は確か140字前後だったと思います。
そんなもんですよ。最初は。
そこからどんどん記事を書くことで段々と書く流れが分かってきて慣れたテーマならすんなり書けるようになってきます。
私が踏んできたステップとしては、
140字~300字
300字~500字
500字~700字
700字~1000字
1000字~1200、1300字
1300字~1700字、2000字
といったイメージです。
本当に、書けば書くほど体力が付いていった感じですね。
ただし、必ずしも文字数が多ければ検索順位が上がるわけではありません
実際、動画しか載せていなかった記事でも1位だったことが何度もありました。

【動画だけの記事で1位だったのはなぜ?】

うに、記事数が3記事も無い状態で動画を貼っただけの記事を投下しても検索で上位に上がるのは難しいと思います。
私の予想ですがある程度記事数があり、かつ文字数もそこそもある記事が多くて、かつ更新頻度も高いサイトだと、簡単な記事でも上位になるのでないかと思います。
あくまで予想ですが。
ま、いずれにしても基本的なことはサイトジャンルに関係のある記事をたくさん書いていくことですね。
ここを外してしまったらどんなテクニックを駆使しても意味がありません(笑)

【サイトの役割】

イトの役割は無論、集客です。
ある特定のキーワードで検索を掛けた人を自分のサイトに呼び込み、そこで商品を買ってもらったりメルマガの読者になってもらうことが目的です。
普通の人なら、ここで話が止まります。
後は「どうすれば売れるサイトになるか」といった話になるのでしょう。
でもこれではネットの世界を生き残ることはできません。
結局サイトも検索エンジンという外部のプラットホームに乗っかった媒体です。
検索エンジンに嫌われて圏外に飛ばされたら、いくら売れるサイトを作っていたところでただのゴミです。
なので、私はあくまでサイトを「一集客媒体」という認識でしか捉えていません。
もちろん売るためのサイト構成を実践したりもしますが、それよりもいかにしてクローズドな媒体(メルマガなど)に呼ぶかが大事です。
メルマガ読者さえ集まればサイトが吹っ飛んでもビジネスはできるわけですから。
また、仮にサイトが吹っ飛んでも検索結果から消えただけで存在自体はあるわけなので、バックアップを取って新しいサイトに移行すれば何の問題もありません。
この時記事数が100以上あるなら直良しです。
いわゆる「強くてニューゲーム状態」です。
いろいろ語りましたが、とりあえずキーワードを意識した記事で空爆しましょう。

■筆者プロフィール


個人経営を仕組み化するための無料講座を受けるには今すぐこちらをクリック
 
 

アフィリエイトを成功させる信頼の創り方。

【信頼とか信用のはなし】

ういったネットの媒体に限りませんが、
ある程度人から信頼を得たい場合や信頼とまではいかなくても、
お客さんに話を聴いてもらうにはどうのように振る舞えば良いのでしょうか?

【一貫性】

ずはこれを遂行しましょう。

 自分が最初に表明したものと違うものを後から主張しだすと、
見ている人に不信感を与えてしまいます。
これを回避するためには、
自分の主張に一貫性や統一性を持たせるしかありません
言行一致させるということです。
例えばネットの媒体でいえば、自分が宣言した通りに行動しようということです。
「名言をつぶやく」と宣言したなら、それを実行しないでどうするというのですか?
名言なんて「そっちのけ」でアフィリリンクばかりを垂れ流していたとしましょう。
それでは当然、人からの信を失っても文句は言えませんよね?
コンテンツを紹介したいなら、初めからそう言えという話です。
主張の一貫性、これは押さえておいてください。

【あとはやっぱり継続】

して、続けることです。自分の意見を発信し続けましょう。
それだけでも立派な実績になります。調子の良いときだけ、なんてダメです。
それなら誰にだってできます。
重要なのは毎日、それが厳しければ週3回以上のペースで、
発信に取り組んでください。いいじゃんTwitterとかでも。
更新されない媒体に、人は集まりません。
しかし、ここがまた難しい。
できたての媒体には、そもそも人が集まりにくいものです。
それに耐えかねて挫折する人間のなんと多いことか。
でも媒体構築から間もない段階では人が集まらないのも仕方がありません。
それに挫けて更新を断てば、アクセスなど永遠の夢です。
だからこそ続けましょう。方法はいくらでもあります。
全てのコンテンツを自分で作る必要などありません。
ネタが思い浮かばなければ
よそから借りてくればいいのです。
・自分の媒体に合ったニュースや他のブログをシェアする
(それについて簡単な感想を添えるとなお良し)
・あえて日記などのカテゴリを設けて、雑感を述べる
(日常を載せることであなたという人物のリアリティを出す)
考えればまだあります。
続けたいなら、知恵を絞りましょう。
その肝心な知恵が無いというなら、
本を読んで知の種を手にすれば良いだけの話です。
つまり、知恵が無いとか知識が無いとか、
そういったことは言い訳にすらならないのです。

【おっと、アフィリエイトの話もしないとね】

うく一般論で終わるところでした(笑)

アフィリエイトをする際にはやはり信用が欠かせません。
当たり前ですね。
でもその信用をどう獲得すればいいのか?手段はいくつかあります。
・報酬実績を載せる
・あなたの詳しいプロフィールを載せる(←これ重要)
・コンテンツを沢山作り、「量の説得力」を使う
・サイトのサイドバーに広告をペタペタ貼らない
・ブログテーマをブレさせない
主だったものはこの辺りです。

報酬実績を載せる

沢山売った実績があれば、
それだけお客さんから支持された証拠にもなりますので
はじめてあなたのサイトを訪れた人も
安心してあなたのコンテンツに触れることができます。
しかし、これはある程度実績がでいないと不可能は手段なので、
初心者は別のもので信用を得る必要があります。

詳しいプロフィールを載せる

実はサイトで最も読まれる記事のひとつがプロフィールです。
・これまでどんな人生を歩んできたのか
・どんなことに興味があるのか
・どんなことが嫌いなのか
・好きな食べ物は?
・好きなマンガは?
・学生時代の部活は?
・なぜこの活動をしているのか
この他にもあなたにまつわることを詳しく書くことで
あなたという人間にリアリティを持たせかつお客さんとの距離を縮めます。
お客さんの側で何かしら共通点を見つけてくれれば、
それだけで心理的距離が一気に縮まります。
人間は自分と共通点が多いと思う人ほど無意識に信用する傾向にあるのです。
プロフィールはいつでも編集可能です。
折に触れては見直し、お客さんとの共通点の種をまいておきましょう。

「量の説得力」を利用する

めちゃめちゃ熱いことを書いてあるブログでも、
総記事数が3個程度であればちょっと心もとないです。
たとえそれぞれの記事がそれほど大したことを書いていなくても、
総記事数が400個もあればそれだけで人は圧倒されます。
数の力は相変わらず偉大なのです
もちろんひとつひとつの記事に一定の質も欲しいとことですが、
初めの頃はとりあえず300字程度でもいいので
あなたのブログテーマに関する記事をどんどん投稿して
まずは数を増やしていきましょう。

【サイドバーに広告をペタペタ貼らない】

一昔前のアフィリエイトブログなどがこれでした。
未だにこういったブログを展開している人もいますが
正直鬱陶しいだけです。
広告を貼り過ぎるとお客さんの側で選択肢が増えることになり
それが結局迷いに繋がり商品の成約率も下がります。
どうしても広告を貼りたいなら多くても3つまでにしましょう。
それ以上は本当に余計です。
あなたが本当に売りたい商品を3つ用意して、それを何度も情熱的に紹介し続けましょう。
なんならひとつでも良いです。
同じ商品を紹介し続けるというのも、アフィリエイトの王道的な手法です。
昔のあるコピーライターはたった一つの本を売り続けて
億を稼いだりしていました。
沢山の商品を紹介することだけが是ではないということです。

【ブログテーマをブレさせない】

たま―にいるんですよね。軸が見えないブログが。
よくある「ごちゃまぜブログ」というやつです。
・ある時はダイエット関連
・ある時は健康食品関連
・ある時は情報教材
・ある時は・・・
というように毎回違うテーマで記事を書いてしまうので
その人が結局何をしたいのかが一向に見えません。
これでは記事が何百とあっても無意味です。ゴミクズです。
ダイエットの情報発信をすると決めたなら、サイトを閉鎖するその時まで
ダイエットするための情報を発信し続けましょう。
稼ぐ系の情報発信をすると決めたなら、サイトを閉鎖するその時まで
稼ぐための情報を発信し続けましょう。
決めた情報を最後まで発信する。
これが情報発信です。
そしてその一貫性をきちんと示すことで、
結果的にアフィリエイトする際も成約しやすくなります。
発信がブレブレの人よりかは、
一貫して特定の情報を発信してる人の方が信用できますからね。
現実世界でも同じじゃないですか。
というわけで、ぜひ参考にしてください。