タグ別アーカイブ: アフィリエイト メルマガ 始め方

メルマガアフィリエイトの始め方。メルマガは何を書く?

【アフィリエイトで安定かつ継続して稼げるのはメルマガです】

フィリエイトや情報発信で稼ぐための真の王道手法はメルマガ。
そんな話をかれこれ何年かしています。
その主張は今でも変わらず(というよりビジネスの原理原則から考えても変えようがなく)、相変わらずメルマガ最強論の布教活動に努めております(笑)
その甲斐あってか、私からメルマガ(リストマーケティング)を学び始める人が増えビジネスの知識・スキルが全く0の状態から始めて、数か月後には月収数万円の仕組みを完成させる人も出始めました。
(0からの自動収入数万円ですから、まぁまぁ凄いのです)
「初心者にメルマガは難しい」なんてとんだ誤解だということが、私自身の経験、そして後進の様子をみていてますます確信する今日この頃です。
(^_^)むしろ、初心者こそメルマガ(リストマーケティング)から始めてビジネスの基礎や原理原則を徹底して体に仕込み、そこから実践に移るべきだと思います。

【メルマガって何のためにあるの?】

はネットビジネスの最強媒体としてメルマガを挙げていますが、そもそもメルマガって何を書けばいいのでしょうか?
もちろん、あくまでビジネスに利用するわけですからどこかのタイミングでセールスを仕掛けることになります。
でもだからといって送るメール全てがセールス的な内容だったら、言うまでも無く速攻で解除されるだけです。
(セールス期間中は除く。募集終了や各告知事項を送るため)
ではセールス期間以外のメルマガではどんな内容を発信すれば良いのか?
今日はそんな話をしましょう。
ブログ記事の内容やSNSの投稿、動画コンテンツ作成にも参考になりますのでぜひご覧ください(´・ω・`)

【メルマガでは自分という人間を曝(さら)け出す】

はこういう人間です」ということを発信しましょう。
どこかの誰かが書いたような内容ではなく、ウィキペディアのような辞書的な内容でもなく、難しい専門知識を披露する内容でもありません。
あなたはどんな人間なのか?
趣味嗜好、思想、これまでの人生経験、略歴などなど。
それを10通りの方法で10回ずつ繰返し読者に届けるのです。
例えば・・・
・あなたがビジネスを始めた理由
・自分のビジネスでお金を得て良かったこと
・老後はどんなふうに過ごすのか
・何をする時が幸せか
・何をする時がストレスか
・絶対に許せないことは
といった感じです。
プロフィールを1テーマずつ話すイメージですね。
このような内容を送ることで価値観の共有をし、読者との距離を縮めていきます。
あと大切なことは、本音で語ることです。ここで変にキャラを装ったら台無しです。
「これはちょっと引かれるんじゃないか・・・」そんな心配は無用です。
世の中どんなにとんでもない思想・趣味・嗜好であっても
一定(最低で数千万人規模)の賛同者がいるものです。
ならばあなたが好きなこと・嫌いなことにも必ず、「それ分かる!!」と言ってくれる人が現れますから安心してください。

【それを繰り返すと・・・】

なたのファンができます。
もちろん、ファンなんて持てなくても一定の型を守ったビジネスを展開できれば収益は上がります。
でももし、ファン化を経た読者を持つことができたなら、通常よりも倍の収益が手に入ると思ってください。
下手に長々と商品説明なんてしなくても、軽い説明に留めて「これおススメです」と言ってポンっとリンクを載せるだけで商品が売れるようになります。
ただし、こんな状態はよほどの上級者(多数のファンがいる人)でないと厳しいので当分は愚直に型通りのビジネスをすることになりますが・・・

【それでも先の内容は発信し続けるべし】

はり価値観の共有は絶対にしておきましょう。
価値観の共有に失敗すると、その後のセールスが台無しです。
どんなにコピーライティングを駆使したセールスレターを用意しても無駄になります。
お客さんはあなたの理念に共感して商品を購入します。
もちろん商品内容が良いと思ったから買うのでしょうが、それ以上にその紹介者・販売者が「どんな人間か」というのは大事です。
誰だって変な人・怪しい人から買いたくはないのです。
「この人が言うんだから間違いない」
そう思ってもらえることが、情報発信者の目指すべきゴールです。
あなただけのお客さんって、不思議なもので必ず現れます。
ぜひ誰にも遠慮せずに好き勝手情報発信してください。

【情報発信のスクールで最初に学ぶこと】

報発信のスクールで最初に学ぶことは何だと思いますか?
売れるセールスの型ですか?
残念ながら違います。
情報発信をする際の「理念」の重要性を学びます。
(コンセプトメイキングの枠で習うこともあります)
自分はどういった趣旨・軸で動いていくのかを先に決めておかないと、結局は発信内容もブレブレになって誰もついてこなくなるからです。
そしてそういった理念を決める際の材料になるのが、前述でいくつか挙げたあの価値観のリストだったのです。
あなたも情報発信で稼いでいきたいなら、ぜひあなたの理念を打ち立てて活動できるようにしてください。
さもないと、販売者や広告主が用意した広告文をコピペして読者に送りつけることしかできないザコ発信者になってしまいますので(^^;
そんなお話でした。
【追伸】
メルマガで稼ぐための無料講座

■筆者プロフィール


個人経営を仕組み化するための無料講座を受けるには今すぐこちらをクリック

メルマガアフィリエイトがオワコンとか言った奴、出てこいや!!!(´・ω・`)

【あれは5年前の2012年・・・】

かの動画で、「メルマガビジネスはこれから廃れる」「これからはLINE(最近でいえばLINE@)などが主流になる」といったことが言われていました。
確かに2017年3月現在、LINEはインフラとして完全に定着しイケイケ女子やモテモテの男子の必須アイテム・・・じゃなくてほぼすべての人にとって欠かせない連絡ツールになりました。
実際、LINEを使ったビジネスを指導する教材やスクールはちょくちょく出されていました。
最近はとうとうLINE@にスッテプメール機能が搭載されたツールも発表されたようで業界では話題になっていますね~(´Д`)
お客さんもLINE利用者が多いので瞬発的な告知にはもってこいなのも事実なんですよね。
しかしだからといって、これでメルマガが終わるかといえば何の関係もありません
「LINE@が最強だからメルマガアフィリエイトは終わり」とか、「これからのネットビジネスはメルマガじゃなくてLINEで!」とか「一体何を言っているのだ?」という話です。
(※そもそもLINE@上でのアフィリエイトは規約違反です)
LINEといえど、所詮は一般企業が運営する無料通話アプリです。
いつサービスが終了するか・・・なんてことは誰にも分からないことですよ。
これは無料媒体が等しく抱えるリスクでもあります。
Twitter も Facebook も YouTube も同じです。
キャッシュポイントの柱をこれらに据えるのは本当に危険なんですよ。
いざアカウントが消されたりサービスが終了すればそれまでですからね。
(なので賢い YouTuber は他にもキャッシュポイントを作っています)
(例えばあるリフレクソロジー講師は動画説明欄でちゃんとリスト取りの仕掛けを作っていました)
それにどうでしょう。
あなたがお使いのパソコンにメール機能は付いていませんか?
お使いのスマホにメール機能はありませんか?間違いなくありますよね。
来たメール、それが必要なものなら見ますよね。
「メルマガは開封率が悪い!」という意見を目にしますが、それはメルマガの開封率が悪いのではなくそもそも開封されないようなクソつまらないメルマガを送る配信者が悪いのです。
つまり原因はメルマガにあるわけではなくひたすら配信者側にあるのです。
自分が上手くいかない原因を自己にではなく他に求める人はまず稼げるようにはなりません。
こんなマインドの人がLINE@に踊らされてメルマガそっちのけで取り組んだとしても結果は同じです。
そのうち「LINE@は開封率が悪い!」と騒ぎ出すでしょう。
(実際、LINE@は以前に比べ開封率が下がってきたといわれています。これまでは「配信者<圧倒的な数の受信者」でしたが徐々にこの差が埋まってきたからです。そのうちメルマガのように乱立状態になるでしょう)
「この人のメルマガはチェックしたい!」という存在になれば、読者はこちらが頼まずとも専用のフォルダを作って読んでくれます。
つまりメールは終わらないということです。
無論、メールマーケティングも不滅です
ちゃんと取り組めばちゃんと生き残れますから安心してください。
それにメルマガで書くような文章をLINEで書いてみてください。
めっちゃ長くなって最高に読みずらいですよ(笑)
(そもそもLINEは短文文化です)
このことからも、ちょっとお知らせに使うならまだしも正面切って情報発信をするために使うのはお勧めしません。

【冒頭のネットビジネス講師も・・・】

頭で出てきた講師も、5年前は「メルマガは終わる!!あと2年(当時から数えて2014年まで)が最後の勝負だ!!」とか何とか言っていましたが、あれから5年経った2017年現在、その人は今日も元気に日刊メルマガを発行しています(笑)
無論ただ発行するだけでなく、ちゃんとメルマガで荒稼ぎをしています。

【媒体(メディア)は「隆盛→乱立→衰退」を繰り返す】

つてはアメブロやミクシィがそうであったように一時めちゃめちゃ騒がれてその後乱立し、やがて衰退(or沈静化)していく媒体は多いです。
「多いです」というより、無料媒体が辿る宿命なのかもしれません。
(LINE@は有料プランもありますが、無料でも一応できます)
で、今はLINE@がやっと騒がれ出したわけですね。
となるとこれから本格的な隆盛期を迎えていくわけですか。
既にメールマーケティングの仕組みを完成させている人は良いかもしれませんが、そうではない人がメルマガそっちのけでLINE@に走った場合・・・どうなるんですかね?

【やっぱりメールマーケティングって神だわ】

ぁ、LINEの勢いは否定しませんが、それでもメールマーケティングの有効性はいまだ健在です。
10年後LINEがどうなっているか検索アルゴリズがどうなっているかということは全く想像もつきませんがメールは必ず存在しています。
テキストベースの連絡手段で、これほどシンプルなものは無いからです。
だから安心してメールマーケティングに取り組みましょう。
え?まだ取り組んでいない?それはまずいですね。
今すぐにでもメールマーケティングを始めましょう。

メールマーケティング(アフィリエイト・コンテンツ販売等)で一番苦労することは?


 
 
メールマーケティングノウハウを無料で学ぶ→