タグ別アーカイブ: アフィリエイト 儲からない

アフィリエイトはオワコン?

【アフィリエイトってオワコンだったの!?】

こかの誰かが言っていた。アフィリエイトはオワコンだと。ネットビジネスは稼げないと。
そして今日もどこかで、「ネットビジネスはオワコン」「アフィリエイトはもう稼げなくなる」「アフィリエイトは稼げない副業」と、誰かが声高らかに発信しています。
2011年代も2013年代も、2015年代も、散々に言われてきたことです。

【広告の一手段】

フィリエイトには提携という意味があります。
辞書的な意味はこれですが、現実的なものとしては「商品紹介」で問題ありません。
商品を紹介してその報酬を得る。
モデルとしてはすごくシンプルで、個人から組織規模(企業)まで本当にいろんな人がアフィリエイトを利用しています。
つまり、販売者としてアフィリエイトを使い広告を出す人と紹介者(アフィリエイタ―)として報酬を得る人の2種類ということです。
販売者側からすれば、確かにアフィリエイターに報酬を払う必要こそあるものの、彼らを利用することで自分たちではリーチできない見込み客をも取り込めるので
集客のスピードが段違いになります。結果、収益が拡大するわけですね。
また、アフィリエイトは広告の1種でしかなく
毎月の広告費をきちんと計算した上で(どこまでなら採算がとれるか)行えば全く問題ありません。
で、これがオワコンなのかどうかなのですが、それは販売者次第です。
とその前に、誰にとってオワコンなのかを考える必要があります。
大抵ネット上で「アフィリエイトはオワコン」と言われる時は、「アフィリエイトではもう稼げない!」という意味で使われています。
参入者が増えてライバルが沢山いるからとか各アフィリエイターのレベルが上がっているから参入障壁が高くなったとか、理由は様々です。
まぁ理由はいくつかあるようですが、そもそも販売者ありきのアフィリエイトです。
ライバルがどれだけできようがそんなものは自分の実力を上げることでいくらでもカバーできます。
よって他者の存在は大して気にしたものではありません。
でもアフィリエイトする商品があるか無いかは非常に重要です。
その販売者がアフィリエイトを利用しなければもうその商品を紹介できませんので。
ただ、実を言うとこれもそこまで気にならないものです。
似たようなジャンルの商品なんで腐るほどあるわけで仮にその商品が販売停止になっても代替品を探して来ればいいだけの話です。
また、この世界は常に1位が変動します。次から次へと新商品が登場するわけですから、
「アフィリエイトできる商品が無い!」なんてことにはなりえないでのす。
アフィリエイトの市場規模についての参考記事
また、アフィリエイトの市場規模は2000億円ともいわれ、アフィリエイトを包摂するEC市場(ネット通販)の市場規模は将来的に60兆円まで拡大するといわれています。
ちなみに、情報教材のアフィリエイト市場は年間50億円です。
ネットにお金が流れている現代ですから、こうした傾向も自然な流れといえます。
こうしたことから、「アフィリエイトオワコン説」はちょっと的外れな意見だと分かるでしょう。

【ニーズの時代は終わった】

れからはニーズではなく、個々人の個別的な欲求であるウォンツを満たす時代です。
要するに悩みが細分化されていくということです。
どんどん細かくなっていくので、これまでのようなマスマーケティング(一斉にドカンと広告を出して云々)は段々と通用しなくなっていきます。
究極は完全なるオーダーメイド。
その人に合った商品・サービスを作れる人が最大の富を得ることになります。
例えばネットビジネスひとつとっても手法は様々にあるわけですが、その中でもどういったものを選択するかは個人の生活環境で変わります。
その時にベストな手法を提案できる人が、これからは支持を得るということです。
「ネットビジネスは絶対に不用品転売から始めましょう!」といった通り一辺倒な指導しかできないようではダメということです。
物販から始めなくてもネットビジネスで成功する方法を真剣に考えられる人にこれからは富が集中します。
また、話が前後しますが個別的な対応ができるとなお最強です。
その人のためだけに商品を作って販売できれば、あなたは絶大なる信頼を得ることができます。
「でも個別的な商品を作ってもその人だけにしか売れないのでは?」という心配は無用です。
確かに人はそれぞれ異なった悩みを抱えていますが、例えばネットビジネス初心者がぶつかる壁、中級者がぶつかる壁は大抵同じです。
つまりある特定人のために作ったものでも、ちょっと抽象度を上げてその周辺の人たちに売ることもできるのです。

【ってアフィリエイトの話でしたよね(;゚Д゚)】

フィリエイトにしても同じです。
アフィリエイトは他人のコンテンツを扱うことになりますが、必ずある悩みを抱えている人の問題解決をする商品が存在します。
あとはそれをリサーチして、その悩みを抱えている人たちを集め、商品提案をすればとりあえずビジネスは成り立ちます。
この世界に悩みを抱える人たちがいる限り、商品やサービスが消えることはありません。
そして昨今のEC市場(アフィリエイト市場含む)の動向から見てもアフィリエイトが下火になることはありません。
後はやるかやらないか、その選択だけですね。
それでは!
 

著者プロフィール



アフィリエイトなどのネットビジネスは詐欺?怪しい?

【こんな記事がありました】

ある起業志望の学生がいたらしく、それ(学生に対して)についてのコメントで・・・
netbusiness-sagi
というものがありました。
件の学生の現在の動静は不明ですが、私はそんなことよりもこのコメントがどうしても気になってしまったのです・・・
「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」みたいな詐欺まがいの商売・・・?
普通に無料レポートのネタとして使えそうです・・・ってそんな話ではなく、こういった情報教材が脊髄反射的に詐欺と断じられることが残念でなりません。

【稼ぐ系=詐欺みたいな思考停止、そろそろ辞めない?】

ぁ無理でしょうけどね。
日本人はとかくお金を汚いものと見る傾向があります。
「お金を稼ぐことは悪いこと」
「お金持ち=悪」
「清貧こそ美しい」
大体こんなことを平均的な日本人は考えています。そうやって考えた方がお金のない自分を肯定できるからです。単なる現実逃避なんですがね。
でもその割に、自身の給料が安いことを嘆く人がいたり宝くじ売り場に何時間も並ぶ人がいたり
書店にはお金にまつわる本が毎週新刊として出ていますが・・・その辺りは無視ですか(笑)
まぁ、本音で「お金欲しい!!」とは思っていても中々手に入らないものだから否定するしかないのです。
「すっぱいブドウ」の話と同じですよ。
高い木に実るブドウを採れなかったキツネが、「あのブドウはすっぱいに違いない」と自分に言い聞かせて手に入らない状況を肯定していたように。
多くのお金持ちになれない人は、本音でどう思っているかは別として表ではお金のことを否定します。
お金は汚いものなのです。お金をたくさん稼ごうとしてはいけないのです。
だからそこそ、「お金の稼ぎ方を教えるとは何事か!?」「きっと怪しい(詐欺)に違いない」という感情になるのでしょう。
転じて、情報教材(特に稼ぐ系)を否定する人の思考回路はこんなところですね。
でもこういう思考を辞めないと、ネットにしろ何にしろ自分の力で稼げるようにはなりません。

【まずさ、ビジネスに善も悪も無いんだよね】

金のシンプル過ぎる稼ぎ方を教えましょう。
集客して商品提案して成約すれば、あなたに売り上げが発生します。
その売り上げから諸経費を引いたものがあなたの利益になります。
商品によっては販売の際に特定の説明を必要とするものやパッケージにその記載が必須のもの、
ネット上なら各法律事項を記載したページ(特定商取引法上の表記)等々、個別で用意するものが出てきたりもしますが、そういった法律事項を守れば基本的に何でも売れます。
後は商品の価値をお客さんに納得してもらえるかが勝負です。
納得してもらえれば買ってもらえ、そうでなければ買ってもらえない。それだけのことです。
確かに、明らかに商品提案とは異なるもの(期待した効果がほとんど得られないなど)を売れば、すぐさま悪評が立ち2度とビジネスの世界で生きることはできないかもしれません。
しかし、10人中5~6人がおおむね満足するようなものであれば、どんどん売ればいいです。
世の中万人が満足する商品はありません。
売り手がこれしかないと思うようなものでも、必ずお客さんから不満点が出てくるものです。
それを基にどんどん改良を加えて、商品は進化します。
閑話休題。
ビジネスに善も悪もありません。
先のコメントにあった「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」みたいな詐欺まがいの商売も、
需要があればビジネスとして成立します。
そして、ちょっと待った

「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」みたいな詐欺まがいの商売

 
↑これ
このコメントを残した人はおそらく、ネットビジネス=詐欺という思考回路ができあがっているのですが、勘弁してもらいたいです。
コピペでOKとか、3クリックで稼げますとかそういったもの、またはそれ系とリンクさせた「副業で月20万稼ぐブログを作る方法」であれば話は別ですが、例えば純粋に「ブログアフィリエイト」や「トレンドアフィリエイト」を指導する教材であれば詐欺でも何でもありません。
アフィリエイトは個人でできる広告業として成立していますし、トレンドアフィリエイトで扱うネット広告もほとんどがグーグル広告です。
つまり(認知度は低いとしても)、まっとうなビジネスとして成立しているということです。
参考までに言っておくと、アフィリエイトの市場規模は約2000億円です。
アフィリエイトでは情報教材のみならず化粧品や食品、家電など、実物もきちんと扱うことができます。
そしてそれらの実物はネット通販(e-コーマス、EC)でやり取りされます。
要するにアフィリエイトはECとも密接にリンクしているモデルということです。
ちなみにこのEC市場は、東京五輪のある2020年には20兆円、そして将来的には60兆円の市場規模にまで成長するといわれています。
現在2000億円規模のアフィリエイトがその波にどれだけ乗れるかは謎ですが、多かれ少なかれプラスの恩恵を受けるのは間違い在りません。
というわけで、市場として成立しているわけですから、それで稼ぐ方法(ブログの作り方、記事の書き方等々)を教える教材があっても不思議ではありません。
むしろ、きちんと学んでおかないといざアフィリエイト実践に乗り出しても全く結果は出ないでしょう。
なぜなら売り方も知らないで商売を始めてしまったということですからね。
であれば、そういった教本で最低限の「イロハ」は学んで然るべきです。
なのに、なのに!
そういう教材=詐欺とか言っちゃう人は、頭が逝っちゃってますね。
そんなお話でした。
【追伸:ノウハウを教えるのが詐欺ってこと?】
でもそれを言い出したら、ゴルフ上達法とかダイエット方法の教材も軒並み詐欺ってことになりますけどね・・・
その教材に書かれていることが、10人中5~6人に効果があれば十分教材として成立します。
前述と被りますが、この世界に完全無欠の商品はありません。
【ああいうコメントをする人って・・・】
間違いなく稼げない人です。
まだまだ誤解されているネットビジネスですが、命を懸けて取り組んでいる人はごまんといます。
先のコメントを残すような無知で中途半端な人間は、そんな人たちの足元にも及びません。
今、真剣に真っ当な方法でネットビジネスに取り組んでいる人は3年以内に労働から解放されます。
今、ネット上で得意げになってネットビジネスを批判・否定する人って、3年後もネットでグチグチ講釈を垂れることしかできない人間のままです。
これを読むあなたがネットビジネスに取り組んでいるのか、またはこれから取り組もうとしているのかは分かりませんが、やるなら本気でやってください。
これ以上無いくらい頑張ってください。
それもしないでネットビジネスを批判するのだけはやめましょう。
本気でやって稼げるようなれば、今回紹介したようなコメントがいかに無知なものかが良く分かるようになります。
 
 

著者プロフィール



アフィリエイトで稼げなくなる人続出?

【アフィリエイトで稼げなくなるかも?】

フィリエイトの中でも私が推奨しているモデルといえば
メルマガを使ったマーケティングです。
いわゆる「メルマガアフィリエイト」や
「リストマーケティング」と呼ばれている手法ですね。
メルマガであれば好きなタイミングでお客さんにアプローチでき、
検索エンジンに頼らずとも半永久的に稼げるので非常に魅力的です。
・・・が。
ちょっと考えを変えないと
今後盛大に失敗する人が出てくるかもしれません・・・

【自分がすべきオファーを見めろ】

欺系ローンチでも、特に「大御所(笑)」といわれる人たちが動くタイミングでは、
それにぶら下がっている雑魚どもメルマガもそのオファーで一色になります。
たいていは主催のASPが用意しているコピペの広告文を使いまわしているので一発で分かるのですが。
どう考えても「稼げない高額塾」か「うまみのないMLM(ネットワークビジネス)のオファーが
背後に控えている無料オファーですが、私はそんなことはどうだっていいのです
問題はそれを平気で読者に流せてしまうメルマガ発行者のクソ神経の方です
こんな情弱釣りのオファー、ちょっと調べればどんなものかは初心者でも想像がつきます。
つまり、そのメルマガ発行者の信用が落ちるのも時間も問題ということです
にもかかわらず、私が確認しただけでも5人の発行者が
同様のオファーを同じような文言※でメールを送ってきました。
(※オファー提供者が用意した紹介サンプル文を
 そのままコピペして配信しているものと思われます)
もちろん、全て解除しましたが(´・ω・`)

【アフィリエイタ-初心者ほど信用をすぐに無くす】

分で知恵を絞ってお客さんとの関係を築けないアフィリエイターは、
のように連鎖的に解除されるのが一番怖いのではないでしょうか?
「こんなオファーを平気でするくらいだから、
 こいつもこいつもダメな奴に違いない」というように。
「たがが数千万人いる見込み客のうちの1人に嫌われただけ」
と高を括ってはダメですよ。
さっきも言いましたが、
問題なのはこういったいかにもアレなオファーを
平気でしてしまうその腐りきったメンタリティーにあるのですから。

【右向け!】

回のオファーは典型的なインチキノウハウ系でしたから
見極める力を鍛えなくても瞬時に判断がつきます。
でも厄介なのはそれ以外の本当に微妙な商品です。
ここでその情報販売者の真価が問われます。
多くの人が絶賛しているものほど注意してください
大多数が「これは素晴らしい商品です!」と讃えれば讃えるほど、
あなたは鋭い目でその商品を観察しなければなりません
あくまでも、その商品が本当に良いものかを決めるのはあなたです。
周りが絶賛しているから自分もその体で行こうというのはナシです。
それではあなたの存在意義が無いではないですか。

【猿真似アフィリエイターにはなるな】

とえそれが100人中99人に否定されてもいいんです。
その中の1人にでも刺されば、あなたの熱狂的なお客さんに変わります。
そしてその熱狂的なお客さんを1人見つけられたとしましょう。
おめでとうございます。
少なくともあと1000人(以上)、
あなたの熱狂的なお客さんになり得る人が存在しています。
私たちはこういうコアなお客さんを探すべきなのです。
間違っても「同じような発信をしてあわよくば稼げればいい」と考えているような
猿真似・コピペ至上主義のアフィリエイタ-になってはダメですよ。
どんなに怖くても自分の言葉を発信すること
これが圧倒的に稼ぐための第一歩となります。

【最終的には、無料オファーになんて頼るな】

極的に目指す境地はここですね。
正直最近の無料オファーはひどいものです。
たった1分の作業で月収100万円?
スキル不要?
知識不要?
経験不要?
性別不要?(←実際にあった文句ですがもはや意味不明です)
勉強不要?
ボタンをポチっと押すだけで月収100万円?
リスク0?
もうね、まるで成長していません
いわゆるプロダクトローンチ業界の人たちはアルツハイマーなのかと疑ってしまいます。
2011年前後からこういったオファーが目立ち始めましたが、
全然変わっていませんね。
多分2020年の東京オリンピック後もこんな感じじゃないですか。
要するに馬鹿でも楽して稼げる旨を謳うオファーが
あまりにも多すぎるということです。
「ネットビジネス=そういうもの」と思われている節もあります。
むしろ多くの人はそういう認識なんでしょう・・・
話が逸れましたが、
無料オファーのほとんどはこういったバカ向けオファーです。
それを得意げにメルマガで流している場合ではありません。
そんな痛い情報発信者になったらもう終わりです。
理想的なメルマガ運用スタイルは日々自分の理念・思想を読者と共有し
然るべきタイミングで有料オファーをしてキャッシュを発生させるというものです。
基本的なことですが、やっぱりこれが一番稼げる形ですね。
(アメリカで誕生してからゆうに100年以上続いている
 ダイレクトレスポンスマーケティングは伊達じゃありません)
無料だから成約しやすいという安易な理由で
小銭を稼いでも全く意味がないんですよ。
それでは自由には程遠いですね。
ネットビジネスで圧倒的な経済的自由を手にするためには、
商品やサービスを「売って稼ぐ」ことが必要です。
それでは!