タグ別アーカイブ: アフィリエイト 成功

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトを今から始めても大丈夫?

【逆になんで大丈夫じゃないの?】

フィリエイトはまだ稼げますか?」
「今から始めても間に合いますか?」
「ライバルが増えて稼げなくなることはありますか?」
という質問をよ~くいただきます。
アフィリエイトやネットビジネスに興味を持ったものの、こういった不安がチラつくのもまぁ分かります。
というわけで、今回はそれらの疑問に回答する形で参ろうかと。

【まだ稼げるどころか死んでも稼げる】

論はこれです。
もちろん、自分がアフィリしたい商品が販売を停止すれば、その商品を紹介できなくなるということはあり得ます。
でも、「そのジャンルの商品」は他にもあるはずです。
例えばあなたが、「○○ダイエット」的な商品をアフィリしていたとして、ある日それが販売停止になってしまったとします。
この場合、類似の商品を探して再度アフィリすればその後も変わらずにビジネスを展開できます。
あまりにマニアックなものでない限り、同ジャンルの商品は必ずありますので万が一の時も焦らずに代替商品へシフトしましょう。
また、必ずしも類似商品をアフィリしなければならないわけではありません。
その分野の「周辺」にあるものに変えてもいいのです。
例えば私は、あるメールマーケティング教材をアフィリしています。おかげさまでよく売れています(笑)
もしこの教材が販売停止しても、私は別の商品をアフィリできますしメールマーケティングに関連する「セールス」を学ぶ教材や
「集客」を学ぶ教材をアフィリすることもできるのです。これが、「周辺」の商品をアフィリするということですね。

【人が「購買」を辞めない限り稼げる】

017年11月現在、人が購買を辞める兆しは見えません。
ということは、「売る・買う」の関係は相変わらず存続しているということです
つまり今から始めても余裕で稼げるチャンスはあります。もちろんそのためには勉強も準備も必要です。
これ無くして稼げるはずもなく、逆にこれ無しで稼げると豪語する輩はもれなく詐欺師なのでご安心ください。
いずれにしてもあなたが「売るための型」をきちんと学んで、それを実践し続ければ全く稼げない、大きな金額を稼げないということはまずありません。
結局多くの人が挫折する原因は成功するまで続けないからです。
アフィリエイトにしろメールマーケティングにしろ、モデルとしての完成度、手法としての完成度はこれまで多くの成功者が証明しているわけですから、後続組はそれを追えば良いだけの話です。
スポーツで言えば、プロのフォームを真似て自分でもできるようにしていく感じです。
もちろん1日や2日でできるものではありません。飽くなき検証と実践の繰返しが伴うでしょう。
でもアフィリエイトなどのネットビジネスはスポーツとは違い、正しい努力を続ければ1年を待たずに結果が出てくれます。
だから続けない方が勿体ないんですよね~。

【ライバルは存在しないって知ってる?】

まず、隣がいない

ラーメン屋の隣にラーメン屋
サロンの隣にサロン
コンビニの隣にコンビニ
こんな出店の仕方をすれば出店すればそりゃ熾烈な戦いか待っているでしょう。
しかしネットは違います。そもそも物理空間とは違い「隣」という概念がありません。
あるとすれば、あなた対お客さんの関係(二者)くらいです。
つまり、お客さんを呼び込み然るべきサービスをすればお客さんはあなたから商品を買うわけですよ。
つまり必要なことはお客さんを呼ぶ努力、集客ですね。

増えるどころか足りねぇ(笑)

アフィリエイター人口は400万人と言われています。
この数字は全人口の3%ほどです。
そう考えればかなり少ない数字だと分かりますが、実際はもっと少ないです。
つまり、「まともにできている人」という条件で絞ればもっと減るということです。
アフィリエイトは誰でも無料で参入できます。恐ろしく参入障壁が低いのです。
でも簡単に参加できるからといって簡単に稼げるわけではありません。
だからこそ、アフィリエイタ―の95%は月に5000円も稼げないといわれているのです。
つまり400万人のうち380万人は月に5000円すら稼げていないということです。
「でも稼げている人は20万人もいるじゃないか!」とあなたは思われたかもしれません。
そう、確かに「今」は稼げている人たちは一定数います。
でもそのほとんどの方の収入減は「ブログ」なのです。
何が言いたいかというと、ブログというのはその収入が「検索」に左右されます。
つまり、検索アルゴリズムの変化によってサイトの検索順位が下がったり検索除外になったりすれば、それまでの収入が途端に0になるということです。
「ブログは資産~♪」とドヤっている人が多いですが、私は失笑を禁じ得ません。もう大爆笑です。
確かにアクセスが安定してそこからの成約率も安定すれば資産にはなるでしょう。
しかし、先に挙げたリスクがある以上、ブログを稼ぎの中心に据えることは危険過ぎるのです。
にもかかわらず、現状多くの人が「ブログ」に取り組んでいます↓
 
ane
今はまだ稼げているのかもしれませんが、いつか「その時」が訪れた時は目も当てられないでしょう。

【数字は気にするな。何に取り組むかを気にしろ】

りあえず、実践者が400万人いようが1000万人いようが知ったこっちゃありません。
それに、アフィリエイトのジャンルにしても
・資格講座
・クレジットカード
・恋愛
・各種スポーツ上達講座
・占い
・家具
・ダイエット
・化粧品
・器具
・サプリ
などなど、もう例を挙げるのが面倒なくらいたくさんのジャンルがあります。
つまり、400万人が全員同じものに取り組むわけではないので、被るという現象も実はそれほど起きないのです。
あとは自分で提供できる価値を見つけてアフィリエイトに取り組めば、稼げないなんてことはまずないのでご安心くださいな。
ここで重要なのは、繰返しになりますがどのモデルに取り組むかです
相変わらず多くの人はブログアフィリが好き見たいですが、もしあなたが「本当の資産型収入」を築き上げたいならブログではなくメールマーケティングに取り組んでください。
これにはビジネスの原則から来るちゃんとした理由があります
その辺の詳しい話や具体的なメールマーケティングノウハウは、以下の無料講座で限定公開しています↓

アフィリエイトやネットビジネスで稼ぎたければ、「オファー地獄」に注意。

 

【自己投資はどこまですべきか?】

ットビジネスに限らず、自分の力で稼げるようになりたければ自己投資は避けられません。
ビジネスのスキルを磨くための教材やスクール、有利な環境下で戦うための設備投資などなど。
例を挙げ出したらキリがないでしょう。
「本気で稼ぎたければ身銭を切る」
これを否定する気はありませんが、「学び」の部分に関してはちょっと注意しておこうかと。

【スクール系は1個で十分】

なたが初心者だとして、これから本格的にビジネスを学ぶためにスクール(数十万円規模)の利用を考えているとします。
それはもちろん構わないのですが、1度ピンときたスクールに申し込んだなら当分は他の教材やスクールを買うのはナシにしましょう。
理由は単純で、他のことに目を奪われているとせっかく申し込んだスクールのカリキュラムが疎かになり
結局中途半端なまま終わってしまうからです。
これでは高いお金を支払った意味がありません。
ですので、たとえ良さげなオファーが他所から舞い込んでもそこはグッと堪えて目の前のカリキュラムに集中してください。

【オファー地獄は定期的にやって来ると思え】

くネットビジネス系のスクールでは、「ライバル研究のために他人のメルマガに登録してみましょう」といったワークを課すことがあります。
これ自体は勉強になることも多くぜひやってみて欲しいのですが、間違っても研究のために登録したメルマガで何かを買うことのないようにしましょう。
でも、もし買いそうになったならその瞬間が「何によって起きたか」というポイントは記録しておいた方がいいですね。
・メルマガ発行者のオファーメールが魅力的だったのか(文章が上手かったのか)?
・動画セールスが秀逸だったのか?
・セールスレターがシンプルで読みやすく、そのためにグイグイ引き込まれてしまったのか?
こういった買い手の視点を観つつ売り手の作戦を見極めることで、今度はあなたがお客さんに仕掛ける際の参考になります。
とういうわけで、研究のためにいくつかメルマガを購読している場合、定期的にオファー地獄がやって来ますのでその際は「よし、研究材料が手に入るぞ!」というテンションで待ち構えていましょう!
間違っても、「うひょーこれに申し込めば稼げるようになるぞ!!」なんてことにはならないように。

【いくつかメルマガをとっていると気づくこと】

のメルマガ発行者たちが稼いでいる人間で、積極的に動いている場合、ある法則性に気が付くと思います。
それは、リアルタイムセールスのタイミングが似ているというものです
リアルタイムセールスとは、あらかじめ全ての流れが設定されているスッテプメールで行われるものとは異なる、正真正銘「今現在」行われるセールスのことをいいます。
大抵は7月下旬~8月、あと年末付近に大きな波が来ます。つまり、まさに8月の今がその波のただ中にあるということです。
ですので、あなたが研究のために購読しているメルマガの発行者が先に挙げたパターンの人たちだった場合はそろそろか、もうその旨を伝えてきているかのどちらかですので注意してください。
それでは!

アフィリエイト失敗法則:小さな嘘をつけば信頼は光の速さで失墜する。

 
 
 

【アフィリやコンテンツ販売の成約率を上げる特典】

 
報教材には、特典が付くことが多いです。
 
 
特典を付けることで、
 
それが無い場合よりも成約率がかなり上がるからです。
 
 
販売者が用意したもの。
 
 
アフィリエイターが用意したもの。
 
 
どちらも良質なものが多いので購入者は助かります。
 
 
どのアフィリエイターから買うかで迷うこともあるでしょう。
 
 
それだけ特典というものは重要です。
 
 
そんな特典に”やられた話”を話します
 
 
 

【極秘ツールの正体】

 
る教材の特典が、「極秘ツールの提供」というものでした。
 
 
「秘匿性の高い2つのツールをプレゼントします!」
 
とのことだったので、私は興奮しました。
 
 
「極秘ツールを2つも!?」
 
 
「これはずごいぞ!!」
 
 
そう思って、私はその人から買いました。
 
(本当はもう一人と迷っていたのですが)
 
 
そして教材を購入し、
 
本編を見終わった後いよいよツールの確認です。
 
 
そのツールの正体とは、なんと!!
 
 
「ネイバーまとめ」と「ブログランキング」でした
 
 
え?嘘ではありませんよ。
 
 
本当にこの2つでした。
 
 
「いやいやいや(笑)」、と言いたいのは私の方です。
 
 
流石に笑いました。
 
 
ツールといえば、
 
PC にセットするなりサーバーにアップするなり
 
何か操作をして起動させるものですよね。
 
 
これとか、これとか。
 
 
それがまさかの無料サービス媒体・・・
 
 
 
 
こういうアフィリエイターや
 
コンテンツ販売者にだけはなりたくないですね。
 
 
もう一人から買えばよかったです。
 
 
本当に。
 
 
 
 

【平気で嘘をつくなら間も無く稼げなくなる】

 
ってもらわなければビジネスが成り立たない以上、
 
お客さんの興味を引くために
 
多少はインパクトのある言葉を使うことはもちろんあるでしょう。
 
 
しかしだからと言って嘘をついていいはずがありません。
 
 
お客さんを勘違いさせて買わせたなら、
 
たとえ法律的に問題が無かったのだとしても倫理上アウトです。
 
 
確かに先の「ネイバーまとめ」や「ブログランキング」も
 
捉えようによってはツールなのかもしれません。
 
 
でもネットビジネスに取り組む人が「ツール」という言葉で想像するものは
 
起動して何らかの作業を自動処理してくれるものです。
 
 
一般に出回っている無料媒体などは夢にも思わないでしょう。
 
 
(しかも「一般的」になっている時点で極秘でもなんでもないですよね)
 
 
こういうことを平気でするようになると本当に稼げなくなります。
 
 
 

【最強の特典戦略】

 
なたが商品を売るために特典を付けようとしているなら、
 
その作成・選定はよくよく気を付けた方がいいです。
 
 
一歩間違えるとお客さんを騙すことになり、
 
ネット上に悪評が広まります。
 
 
特典戦略で一番成約率が高まるものは、
 
あなたが売ろうとする商品の弱点を補うものです
 
 
例えばネットビジネスの情報教材をアフィリエイトしようと思った時に、
 
その教材に「初心者向け」のコンテンツが足りないと感じたなら
 
それをあなたが PDF や動画作って特典にしましょう。
 
 
 
例えばあなたが
 
ネットビジネスを学ぶための独自商品を販売しようと思った時に、
 
ライティング面のノウハウが足りないと感じたなら、
 
それを特典として作成しましょう。
 
 
 
こうすると下手にツール系の特典
 
(業界で結構出回っている再配布可の6ツール)をベタベタ付けたり、
 
再配布可の教材を100個も200個も付けるよりも成約率が段違いになります。
 
 
 
売れる特典戦略のポイントは
 
その教材を手にしたお客さんの学習効果を最大化する特典にするということです。
 
 
 
 

【その特典、単体で売れるか?】

 
の特典を特典としてメインの商品に付けても
 
良いものなのかを決定付ける究極の質問がこれです。
 
 
その特典をあなたの独自コンテンツとして販売できるか否か、
 
これが特典を送りだす際の条件になります。
 
 
もちろん、完璧な商品などこの世にありませんから
 
完全無欠のものを作る必要はありません。
 
 
 
しかし、あなたが示した内容をきちんとお客さんが手にできること、
 
これはぜひ死守してください(まぁ当たり前ですけどね)。
 
 
その特典を単体で売れる自信が無いのなら、
 
厳しいようですがそれを付けても本丸の商品が売れる可能性は低くなります。
 
 
 

【特典を販売すると特典戦争から1抜けができる】

 
アフィリの世界では特典戦争が勃発しています。
 
それこそ100個も200個も大量の特典を付ける人も未だにいます。
 
 
確かに量をドカンと見せられれば「おぉ!!」となりそうですが、
 
これって売る側は思考停止なんですよね。
 
 
「とりあえずオマケを付けておけば売れるだろう」という
 
一昔前の考え方でネットビジネスを展開しているのです。
 
 
でも先述の通り、本当の特典戦略は
 
きちんと商品を補うものでそれ自体販売できるものであることです。
 
 
そして、実際に販売してしまいましょう。
 
 
こうすると何が起きるか分かりますか?
 
 
仮にあなたがアフィリしてる商品を、
 
そのお客さんが既に他人から買っていた場合でも
 
特典が魅力的ならそれだけでも買いたいという人は必ずいます。
 
 
例えば先日もこんなやり取りがありました↓
 
 
tanyousuke-mma
 
 
 
MMA とは私が唯一推奨してるネットビジネスの教材ですが、
 
これを販売者の丹洋介氏から買うか、私から特典付きで買うかで迷われた方が
 
問い合わせをしてくださったのです。
 
 
 
もしこの時、私が特典を単体販売していなければ
 
私からの購入を強く促したことでしょう。
 
 
 
しかし私は特典の単体販売をしていたので
 
それとなくその旨をお知らせした結果、上記のような返事をいただきました。
 
 
 
決して
 
「特典を単体販売しています!!ぜひ特典だけでも買ってください!!」
 
なんて暑苦しい営業はかましていません。
 
 
 
このように特典を単体販売しておくことで
 
ビジネスのチャンスを最大化できるということです。
 
 
 
あなたが特典戦略でライバルを一網打尽にしたければ、
 
ぜひ今回のことを参考にしてください。
 
 
 
それでは!

アフィリエイトを成功させる信頼の創り方。

【信頼とか信用のはなし】

ういったネットの媒体に限りませんが、
ある程度人から信頼を得たい場合や信頼とまではいかなくても、
お客さんに話を聴いてもらうにはどうのように振る舞えば良いのでしょうか?

【一貫性】

ずはこれを遂行しましょう。

 自分が最初に表明したものと違うものを後から主張しだすと、
見ている人に不信感を与えてしまいます。
これを回避するためには、
自分の主張に一貫性や統一性を持たせるしかありません
言行一致させるということです。
例えばネットの媒体でいえば、自分が宣言した通りに行動しようということです。
「名言をつぶやく」と宣言したなら、それを実行しないでどうするというのですか?
名言なんて「そっちのけ」でアフィリリンクばかりを垂れ流していたとしましょう。
それでは当然、人からの信を失っても文句は言えませんよね?
コンテンツを紹介したいなら、初めからそう言えという話です。
主張の一貫性、これは押さえておいてください。

【あとはやっぱり継続】

して、続けることです。自分の意見を発信し続けましょう。
それだけでも立派な実績になります。調子の良いときだけ、なんてダメです。
それなら誰にだってできます。
重要なのは毎日、それが厳しければ週3回以上のペースで、
発信に取り組んでください。いいじゃんTwitterとかでも。
更新されない媒体に、人は集まりません。
しかし、ここがまた難しい。
できたての媒体には、そもそも人が集まりにくいものです。
それに耐えかねて挫折する人間のなんと多いことか。
でも媒体構築から間もない段階では人が集まらないのも仕方がありません。
それに挫けて更新を断てば、アクセスなど永遠の夢です。
だからこそ続けましょう。方法はいくらでもあります。
全てのコンテンツを自分で作る必要などありません。
ネタが思い浮かばなければ
よそから借りてくればいいのです。
・自分の媒体に合ったニュースや他のブログをシェアする
(それについて簡単な感想を添えるとなお良し)
・あえて日記などのカテゴリを設けて、雑感を述べる
(日常を載せることであなたという人物のリアリティを出す)
考えればまだあります。
続けたいなら、知恵を絞りましょう。
その肝心な知恵が無いというなら、
本を読んで知の種を手にすれば良いだけの話です。
つまり、知恵が無いとか知識が無いとか、
そういったことは言い訳にすらならないのです。

【おっと、アフィリエイトの話もしないとね】

うく一般論で終わるところでした(笑)

アフィリエイトをする際にはやはり信用が欠かせません。
当たり前ですね。
でもその信用をどう獲得すればいいのか?手段はいくつかあります。
・報酬実績を載せる
・あなたの詳しいプロフィールを載せる(←これ重要)
・コンテンツを沢山作り、「量の説得力」を使う
・サイトのサイドバーに広告をペタペタ貼らない
・ブログテーマをブレさせない
主だったものはこの辺りです。

報酬実績を載せる

沢山売った実績があれば、
それだけお客さんから支持された証拠にもなりますので
はじめてあなたのサイトを訪れた人も
安心してあなたのコンテンツに触れることができます。
しかし、これはある程度実績がでいないと不可能は手段なので、
初心者は別のもので信用を得る必要があります。

詳しいプロフィールを載せる

実はサイトで最も読まれる記事のひとつがプロフィールです。
・これまでどんな人生を歩んできたのか
・どんなことに興味があるのか
・どんなことが嫌いなのか
・好きな食べ物は?
・好きなマンガは?
・学生時代の部活は?
・なぜこの活動をしているのか
この他にもあなたにまつわることを詳しく書くことで
あなたという人間にリアリティを持たせかつお客さんとの距離を縮めます。
お客さんの側で何かしら共通点を見つけてくれれば、
それだけで心理的距離が一気に縮まります。
人間は自分と共通点が多いと思う人ほど無意識に信用する傾向にあるのです。
プロフィールはいつでも編集可能です。
折に触れては見直し、お客さんとの共通点の種をまいておきましょう。

「量の説得力」を利用する

めちゃめちゃ熱いことを書いてあるブログでも、
総記事数が3個程度であればちょっと心もとないです。
たとえそれぞれの記事がそれほど大したことを書いていなくても、
総記事数が400個もあればそれだけで人は圧倒されます。
数の力は相変わらず偉大なのです
もちろんひとつひとつの記事に一定の質も欲しいとことですが、
初めの頃はとりあえず300字程度でもいいので
あなたのブログテーマに関する記事をどんどん投稿して
まずは数を増やしていきましょう。

【サイドバーに広告をペタペタ貼らない】

一昔前のアフィリエイトブログなどがこれでした。
未だにこういったブログを展開している人もいますが
正直鬱陶しいだけです。
広告を貼り過ぎるとお客さんの側で選択肢が増えることになり
それが結局迷いに繋がり商品の成約率も下がります。
どうしても広告を貼りたいなら多くても3つまでにしましょう。
それ以上は本当に余計です。
あなたが本当に売りたい商品を3つ用意して、それを何度も情熱的に紹介し続けましょう。
なんならひとつでも良いです。
同じ商品を紹介し続けるというのも、アフィリエイトの王道的な手法です。
昔のあるコピーライターはたった一つの本を売り続けて
億を稼いだりしていました。
沢山の商品を紹介することだけが是ではないということです。

【ブログテーマをブレさせない】

たま―にいるんですよね。軸が見えないブログが。
よくある「ごちゃまぜブログ」というやつです。
・ある時はダイエット関連
・ある時は健康食品関連
・ある時は情報教材
・ある時は・・・
というように毎回違うテーマで記事を書いてしまうので
その人が結局何をしたいのかが一向に見えません。
これでは記事が何百とあっても無意味です。ゴミクズです。
ダイエットの情報発信をすると決めたなら、サイトを閉鎖するその時まで
ダイエットするための情報を発信し続けましょう。
稼ぐ系の情報発信をすると決めたなら、サイトを閉鎖するその時まで
稼ぐための情報を発信し続けましょう。
決めた情報を最後まで発信する。
これが情報発信です。
そしてその一貫性をきちんと示すことで、
結果的にアフィリエイトする際も成約しやすくなります。
発信がブレブレの人よりかは、
一貫して特定の情報を発信してる人の方が信用できますからね。
現実世界でも同じじゃないですか。
というわけで、ぜひ参考にしてください。
 
 

アフィリエイトで稼ぐにはアクセス数が大事?

【大事は大事】
すがに「アクセス0でOKです!」とはいえませんが、それでも1日何十万~何百万ものアクセスは別に要らないというのが私の感想です。
もちろん、あればあっただけ集客になるのであるに越したことはないのですがたとえ少ないアクセスでも収益に繋げることは可能ということです

【来たアクセスを活かす努力をする】

んなにアクセスを集めることができても、それが何にも活かされないようなら意味がありません。
訪問者を自分の意図に沿わせて行動させることができないなら無意味ということです
自分の意図とは例えば、
・サイト訪問者が最終的に問い合わせをする
・無料講座に申し込む
・メルマガ登録をする
などそういったことです。
もちろん、アフィリエイトをその場で決めるというのも意図になりえます。
いずれにしてもどんな行動を訪問者にとってもらうのか、これを意識してサイトを作りましょう。

【そうすれば1日100アクセス未満でも稼げる】

日1万アクセスも来るけど取得リストがいつも0のサイトと、1日100アクセスしか来ないけど安定して10リスト取れるサイトとではもちろん後者の圧勝です
(リスト=メルマガ読者)
1度でもメルマガ登録してもらえば、その人にはいつでもアプローチ可能だからです
これが1リストも取れなければ、その人が再度訪問してくれない限りこちらからアプローチするのは不可能です。
また人は大抵よほどのファンにでもならない限り自分から特定のブログやサイトをチェックすることはしません。
そして、今仮に月に数十万~数百万のアクセスを持つパワーサイトを持っていたのだとしてもそのアクセス数は検索アルゴリズムの変化で簡単に変動します
また何らかのペナルティを受けてしまって検索順位が下がるor検索除外に遭うということもあり得ます。
ちなみにこれ、「自分は真面目に運営しているから大丈夫♪」という話でもないのです。
アルゴリズムの変化は絶対です。
だからサイトを運営する以上、このリスクと付き合っていく覚悟を持ってください。
さて、リストが取れるサイトだろうとそうでなかろうと、
ほとんどは「一見さん」を相手にすることになります。
ブログを運営するということは、基本的に皆等しく「通りすがりの人」を相手にすると思った方がいいです
だからこそ、一撃で仕留める気持ちが重要です。
仕留めるなんて言うと表現があれですが、でもやっぱり心を鷲掴みにするテンションは持っておきたいですね。

【インパクト、その後は流れのままに】

にかく目を引くことです。
文字だけのサイトタイトルだけだとちょっと寂しいです
できればキャッチコピーを書いたヘッダー画像を作ってドンっと一番上に張り付けておきましょう。
これでまずは目を引きます。
すると次に目線が下に行きます。
この時ヘッダー画像の直後にメルマガ案内や問い合わせ欄を載せましょう。
これも文字リンクのみではなく、画像リンク(バナー)で用意しましょう
その後は新着記事やら何ならが続くといった一般的なブログ構成で構いません・・・が、サイトの最後で再度メルマガや問い合わせ案内を残します
最初と最後に一番とって欲しい行動のきっかけを残すということです。

【アクセスも大事だけど、まずは1人の読者を】

いうわけで、最終的には1日数百~数千アクセスが来る媒体に育てるのもアリですが、
実践当初はとりあえず来たアクセスを逃さないことを意識して日々のサイト運営にあたってください。
それでは!
 

著者プロフィール